This HTML5 document contains 46 embedded RDF statements represented using HTML+Microdata notation.

The embedded RDF content will be recognized by any processor of HTML5 Microdata.

PrefixNamespace IRI
dctermshttp://purl.org/dc/terms/
n16http://sh.dbpedia.org/resource/
template-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Template:
n12http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:Phi-bond-MO-solid-3D-balls.
n15http://ja.wikipedia.org/wiki/Φ結合?oldid=
dbpedia-owlhttp://dbpedia.org/ontology/
foafhttp://xmlns.com/foaf/0.1/
n26http://hu.dbpedia.org/resource/
dbpedia-kohttp://ko.dbpedia.org/resource/
n30http://ca.dbpedia.org/resource/
n4http://wikidata.dbpedia.org/resource/
dbpedia-eshttp://es.dbpedia.org/resource/
n21http://commons.wikimedia.org/wiki/Special:FilePath/Phi_bond.png?width=
rdfshttp://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
n10http://sr.dbpedia.org/resource/
dbpedia-plhttp://pl.dbpedia.org/resource/
n13http://ja.dbpedia.org/resource/ファイル:Phi_bond.
rdfhttp://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
category-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/Category:
n32http://ar.dbpedia.org/resource/
owlhttp://www.w3.org/2002/07/owl#
n25http://commons.wikimedia.org/wiki/Special:FilePath/Phi_bond.
dbpedia-ithttp://it.dbpedia.org/resource/
wiki-jahttp://ja.wikipedia.org/wiki/
n28http://zh.dbpedia.org/resource/
dbpedia-frhttp://fr.dbpedia.org/resource/
provhttp://www.w3.org/ns/prov#
xsdhhttp://www.w3.org/2001/XMLSchema#
n27http://www.wikidata.org/entity/
dbpediahttp://dbpedia.org/resource/
dbpedia-nlhttp://nl.dbpedia.org/resource/
dbpedia-jahttp://ja.dbpedia.org/resource/
prop-jahttp://ja.dbpedia.org/property/
Subject Item
dbpedia-ja:Δ結合
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:Φ結合
Subject Item
dbpedia-ja:Φ結合
rdfs:label
Φ結合
rdfs:comment
φ結合(ファイけつごう、英: phi bond)は共有結合の一種で、ある電子の軌道のローブの6つが別の電子の軌道のローブの6つと重なっているものである。この重なりによって3つの節平面を有する結合性分子軌道が形成され、これらの節平面は核間軸を含み、両原子を通過する。理論化学者はf原子軌道の重なりに対応するφ結合といった高次結合が可能であると推測してきた。φの文字はf軌道に由来する。結合軸方向から見た軌道対称性が通常の(6つ葉型)f軌道と同じであることからの命名である。
owl:sameAs
n4:Q10863671 dbpedia-it:Legame_φ n10:Fi_veza dbpedia-es:Enlace_φ n16:Fi_veza dbpedia-fr:Liaison_φ dbpedia-pl:Wiązanie_phi dbpedia-nl:Phi-binding n26:Fi-kötés n27:Q10863671 n28:Φ键 dbpedia-ko:피_결합 n30:Enllaç_phi dbpedia:Phi_bond n32:رابطة_فاي
foaf:isPrimaryTopicOf
wiki-ja:Φ結合
prov:wasDerivedFrom
n15:57515366
dbpedia-owl:abstract
φ結合(ファイけつごう、英: phi bond)は共有結合の一種で、ある電子の軌道のローブの6つが別の電子の軌道のローブの6つと重なっているものである。この重なりによって3つの節平面を有する結合性分子軌道が形成され、これらの節平面は核間軸を含み、両原子を通過する。理論化学者はf原子軌道の重なりに対応するφ結合といった高次結合が可能であると推測してきた。φの文字はf軌道に由来する。結合軸方向から見た軌道対称性が通常の(6つ葉型)f軌道と同じであることからの命名である。
dbpedia-owl:thumbnail
n21:300
dbpedia-owl:wikiPageID
3218128
dbpedia-owl:wikiPageLength
899
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
11
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
57515366
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-ja:電子配置 dbpedia-ja:共有結合 dbpedia-ja:F軌道 dbpedia-ja:原子軌道 n12:png n13:png dbpedia-ja:電子 category-ja:化学結合 dbpedia-ja:分子軌道 dbpedia-ja:結合性軌道 category-ja:電子軌道
dcterms:subject
category-ja:電子軌道 category-ja:化学結合
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
template-ja:Lang-en-short template-ja:Chem template-ja:Reflist template-ja:小文字 template-ja:化学結合
foaf:depiction
n25:png
Subject Item
wiki-ja:Φ結合
foaf:primaryTopic
dbpedia-ja:Φ結合