Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ZPU-4(ロシア語: ЗПУ-4)は、第二次世界大戦直後にソビエト連邦が設計した4連装の牽引式対空機関砲である。本稿では派生形である単装のZPU-1と、2連装のZPU-2についても解説する。ZPUシリーズは、歩兵用に開発された口径14.5mmのKPV 重機関銃を対空用の銃架に搭載させる形で開発された。口径が20mm未満のため、機関砲では無く機関銃であるともされる。形式名のЗПУは、ロシア語で対空機関銃架を意味するзенитная пулемётная установкаの頭文字をとっており、その英字転写がZPUとなる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1750525 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6049 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58083503 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caliber
  • 14.500000 (xsd:double)
prop-ja:caption
  • サンクトペテルブルク砲兵博物館に展示されているZPU-4
prop-ja:cartridge
  • BS.41焼夷徹甲弾(API)
  • BZT曳光焼夷徹甲弾(API-T)
  • ZP曳光焼夷弾(I-T)
prop-ja:designDate
  • 1945 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ZPU-4
prop-ja:service
  • 1949 (xsd:integer)
prop-ja:type
prop-ja:usedBy
  • [[#採用国]]を参照。
prop-ja:variants
  • [[#派生型]]を参照
prop-ja:wars
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ZPU-4(ロシア語: ЗПУ-4)は、第二次世界大戦直後にソビエト連邦が設計した4連装の牽引式対空機関砲である。本稿では派生形である単装のZPU-1と、2連装のZPU-2についても解説する。ZPUシリーズは、歩兵用に開発された口径14.5mmのKPV 重機関銃を対空用の銃架に搭載させる形で開発された。口径が20mm未満のため、機関砲では無く機関銃であるともされる。形式名のЗПУは、ロシア語で対空機関銃架を意味するзенитная пулемётная установкаの頭文字をとっており、その英字転写がZPUとなる。
rdfs:label
  • ZPU-4
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of