Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Xperia(エクスペリア)は、ソニーモバイルコミュニケーションズ(旧ソニー・エリクソン)のスマートフォン・タブレット端末、およびソニーのタブレット端末のブランド名である。現在の日本国内におけるキャッチコピーは「感覚を揺さぶるもの」や「この感覚が、Xperia」があり(2012年2月中旬頃からテレビCM (15秒は除く) などを中心に使われてる。ただし、ごく一部のテレビCMには表示されなかったものがあった。)、2015年6月中旬頃からは「だから私は、Xperia。」も並行して使われている。ブランド名は、Experience(体験)とラテン語で場所を意味する接尾辞“ia”を組み合わせた造語であり、「さまざまな体験を生み出す場所」という意味が込められている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1992977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 49970 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 197 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58743763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • Xperia Z1
prop-ja:logo
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:manufacturer
prop-ja:os
prop-ja:releasedate
  • 以降
prop-ja:type
prop-ja:unitssold
  • 3700 (xsd:integer)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Xperia(エクスペリア)は、ソニーモバイルコミュニケーションズ(旧ソニー・エリクソン)のスマートフォン・タブレット端末、およびソニーのタブレット端末のブランド名である。現在の日本国内におけるキャッチコピーは「感覚を揺さぶるもの」や「この感覚が、Xperia」があり(2012年2月中旬頃からテレビCM (15秒は除く) などを中心に使われてる。ただし、ごく一部のテレビCMには表示されなかったものがあった。)、2015年6月中旬頃からは「だから私は、Xperia。」も並行して使われている。ブランド名は、Experience(体験)とラテン語で場所を意味する接尾辞“ia”を組み合わせた造語であり、「さまざまな体験を生み出す場所」という意味が込められている。
rdfs:label
  • Xperia
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:対応機種 of
is foaf:primaryTopic of