Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3386164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59033085 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alttitle
  • Home
  • Max
  • Elegy
  • Demons
  • El Mundo Gira
  • Gethsemane
  • Kaddish
  • Leonard Betts
  • Memento Mori
  • Musings of a Cigarette Smoking Man
  • Never Again
  • Paper Hearts
  • Sanguinarium
  • Small Potatoes
  • Synchrony
  • Teliko
  • Tempus Fugit
  • Terma
  • The Field Where I Died
  • Tunguska
  • Unrequited
  • Unruhe
  • Zero Sum
prop-ja:aux
  • 16.560000 (xsd:double)
  • 16.590000 (xsd:double)
  • 17.090000 (xsd:double)
  • 17.100000 (xsd:double)
  • 17.340000 (xsd:double)
  • 18.010000 (xsd:double)
  • 18.090000 (xsd:double)
  • 18.340000 (xsd:double)
  • 18.600000 (xsd:double)
  • 18.850000 (xsd:double)
  • 19.100000 (xsd:double)
  • 19.850000 (xsd:double)
  • 20.860000 (xsd:double)
  • 21.360000 (xsd:double)
  • 22.370000 (xsd:double)
  • 29.150000 (xsd:double)
prop-ja:bgcolour
  • #000000
prop-ja:directedby
prop-ja:episodeList
prop-ja:episodenumber
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
  • 13 (xsd:integer)
  • 14 (xsd:integer)
  • 15 (xsd:integer)
  • 16 (xsd:integer)
  • 17 (xsd:integer)
  • 18 (xsd:integer)
  • 19 (xsd:integer)
  • 20 (xsd:integer)
  • 21 (xsd:integer)
  • 22 (xsd:integer)
  • 23 (xsd:integer)
  • 24 (xsd:integer)
  • 75 (xsd:integer)
  • 76 (xsd:integer)
  • 77 (xsd:integer)
  • 78 (xsd:integer)
  • 79 (xsd:integer)
  • 80 (xsd:integer)
  • 81 (xsd:integer)
  • 82 (xsd:integer)
  • 83 (xsd:integer)
  • 84 (xsd:integer)
  • 85 (xsd:integer)
  • 86 (xsd:integer)
  • 87 (xsd:integer)
  • 88 (xsd:integer)
  • 89 (xsd:integer)
  • 90 (xsd:integer)
  • 91 (xsd:integer)
  • 92 (xsd:integer)
  • 93 (xsd:integer)
  • 94 (xsd:integer)
  • 95 (xsd:integer)
  • 96 (xsd:integer)
  • 97 (xsd:integer)
prop-ja:fgcolour
  • #ffffff
prop-ja:firstAired
  • 1996-10-04 (xsd:date)
prop-ja:linecolor
  • 801818 (xsd:integer)
prop-ja:network
prop-ja:nextSeason
prop-ja:numEpisodes
  • 24 (xsd:integer)
prop-ja:originalairdate
  • 1996-10-11 (xsd:date)
  • 1996-10-18 (xsd:date)
  • 1996-10-27 (xsd:date)
  • 1996-11-03 (xsd:date)
  • 1996-11-10 (xsd:date)
  • 1996-11-17 (xsd:date)
  • 1996-11-24 (xsd:date)
  • 1996-12-01 (xsd:date)
  • 1996-12-15 (xsd:date)
  • 1997-01-12 (xsd:date)
  • 1997-01-26 (xsd:date)
  • 1997-02-02 (xsd:date)
  • 1997-02-09 (xsd:date)
  • 1997-02-16 (xsd:date)
  • 1997-02-23 (xsd:date)
  • 1997-03-16 (xsd:date)
  • 1997-03-23 (xsd:date)
  • 1997-04-13 (xsd:date)
  • 1997-04-20 (xsd:date)
  • 1997-04-27 (xsd:date)
  • 1997-05-04 (xsd:date)
  • 1997-05-11 (xsd:date)
  • 1997-05-18 (xsd:date)
prop-ja:prevSeason
prop-ja:prodcode
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:seasonName
  • Xファイル シーズン4
prop-ja:shortsummary
  • dbpedia-ja:カリフォルニア州
  • dbpedia-ja:ペンシルベニア州
  • dbpedia-ja:チュパカブラ
  • dbpedia-ja:変死体
  • dbpedia-ja:近親婚
  • dbpedia-ja:季節労働者
  • マサチューセッツ工科大学に通うジェイソンは、自分の名を呼び、友人がバスに引かれるのを止めろという見ず知らずの老人に出会う。老人は警備員に連れて行かれるが、友人は言葉通りバスに引かれてしまう。翌日警備員は凍結した状態で発見される。不思議なことに、警備員の車の中でジェイソンの指紋が検出された。
  • ウォーレン役でマイケル・マッシーが出演している。
  • CSマンの過去がわずかながら明らかになる。若き日のスモーキングマンをジェフリー・スペンダー(スモーキングマンの息子)役のクリス・オーウェンが演じている。
  • 大病院の整形外科で、医師たちの暴走で次々と患者が死亡していく。医師たちは同じ薬を服用しており、それは黒魔術の儀式に使われる薬だった。
  • オープニングのスローガンは「E pur si muove」。これはイタリア語で、ガリレオが言ったとされる有名な台詞「それでもそれ(地球)は動く」。
  • 全身が癌細胞でできた男が他者の癌細胞を取り込んでいく。そしてその魔手はスカリーにもおよぶ。ポール・マクレーンがレナード・ベッツを演じる。
  • 「堕ちた天使」で登場した青年マックスが再登場。機密を持って飛行機に乗り込んだ彼のもとにUFOが出現し、彼は飛行機事故に巻き込まれてしまう。モルダーたちは事故の真相を追う。
  • スカリーに好意を寄せるペンドレル捜査官が凶弾に倒れる。モルダーはマックスと同じようにUFOの動力パーツと思われる物を手にし、飛行機に搭乗する。しかし殺し屋も同じ便に乗り込み・・・
  • オープニングのスローガンは「Deceive Inveigle Obfuscate(欺瞞・歪曲・陰謀)」。黒人男性が色素を奪われ殺された。ブルキナファソの大使はアフリカの化け物「テリコ」の仕業だとモルダーに伝える。
  • ボウリング場の店主がある女性を目撃するが、それは目撃したのと同じ時間に別の場所で殺された女性だった。やがて店主は持病の心臓発作で亡くなってしまう。モルダーは死に近い人が、幽霊を見るのではないかと推測する。スカリーも、別の殺された女性の姿を目撃していた。
  • P.O.WはPrisoner of war=捕虜の意味。ベトナム戦争で捕虜になったティーガーは他人の視覚に盲点のように映りにくいという能力を持つ。捕虜になった自分たちがいることを知りながら見殺しにした軍の将校たちを襲っていく。
  • オープニングのスローガンは「Believe the Lie(偽りを信じよ)」。セント・エライアス山で氷漬けになった異星人が発見された。モルダーらは多大な犠牲を払いながらも異星人の遺体を手に入れる。だが、国防総省スタッフのグリッチュガウはそれは偽物で、これまでモルダーが手に入れた異星人の情報も全て嘘だと告げる。ゲッセマネとは、キリストが十字架に磔にされる前、神に最後の祈りをささげた場所である。
  • 強盗殺人犯の少年たちが次々と殺害されていく。犯人は彼らの殺した男の姿をしており、その正体はユダヤ教に伝わる秘術で作られた土人形=ゴーレムだった。
  • バージニア州の公園で、白骨化した少女の死体が発見された。衣服の左胸の部分がハート型に切り抜かれていることから、現在服役中のジョン・リー・ローチがその犯人としてあげられた。13人の少女を次々に誘拐して殺害、戦利品として被害者の衣服をハート型に切り取って集めていた殺人鬼である。数日後、彼が犯行当時に使用していた車の屋根の内側から16枚のハートの布きれを発見され、追求したところ、そのうち1枚は モルダー捜査官の妹、サマンサのものであるという返事があった。ローシュ役でトム・ヌーナンが出演している。
  • モルダーはある朝起きるとロードアイランド州のモーテルのベッドで血だらけのシャツを着ていた。スカリーを呼び出し、自分の身に何が起こったのかを調べていく。モルダーの頭の中には過去のサマンサやスモーキングマンのイメージがフラッシュバックし、彼はこの記憶を取り戻そうとするが。
  • アンダーソンが別のテレビドラマ収録の為、スカリーは登場しない。スカリーを癌から救うべく、CSマンと取引をしたスキナーは、彼の命令により、変死事件の証拠隠滅を図る。そこで撲滅したはずの天然痘ウィルスを運ぶ蜂を発見する。同シーズン「支配者」の後日談であり、それと同時に映画版をつなぐようなエピソードにもなっている。
  • 「Memento Mori」とはラテン語で「汝は死を覚悟せよ」の意。スカリーが癌に侵された。かつて出会ったUFOサークルのメンバーも癌に侵されていたことを思い出したスカリーは、再びメンバーと接触する。
  • 男の腕に彫られた女性の顔のタトゥー、そのタトゥーが男を殺人鬼に変える。タトゥーの声は本作のファンでもあるジョディ・フォスターが担当。エドワード・ジャーズ役はロドニー・ローランドである。
  • ウェストバージニア州のある町で、『スター・ウォーズ』ファンの女性が尻尾のある赤ん坊を産んだ。それは尾肢と呼ばれるものだったが、その町では他に4人も尻尾をもつ赤ん坊が生まれていた。
  • 女性たちの頭の中に「叫び魔」がいると思い込む男が、誘拐・監禁して脳をいじり廃人にしていく。
  • テログループの一員として働いていたクライチェックを逮捕したモルダーとスカリー。彼の情報でロシアから持ち込まれた鉱物を手に入れるが、その鉱物を巡って殺人事件がおきる。スカリーは研究所に鉱物の分析を依頼するが、分析を担当した科学者が鉱物の中から出てきたブラックオイルに感染し意識不明になる。モルダーは鉱物の正体を知るためにロシアのツングースカへ飛ぶが、秘密実験場で捕まり、ワクチン開発実験の実験体としてブラックオイルに感染させられてしまう。
prop-ja:starring
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writtenby
dcterms:subject
rdfs:label
  • Xファイル シーズン4
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:nextSeason of
is prop-ja:番組名 of
is foaf:primaryTopic of