Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『Xファイル』(The X-Files)は、1993年9月10日から2002年5月19日までフォックスより放送されたアメリカ合衆国のSFテレビドラマである。シリーズは全202話におよび、FBI特別捜査官のフォックス・モルダー(デイヴィッド・ドゥカヴニー)とダナ・スカリー(ジリアン・アンダーソン)が「Xファイル」と呼ばれる超常的な事件に挑む姿が描かれる。第8シーズン以降はドゥカヴニーとフォックス側が出演料を巡って争ったために彼の出番は減少した。番組はクリス・カーターが企画し、R・W・グッドウィン、フランク・スポトニッツ、ハワード・ゴードン、ヴィンス・ギリガン、ジョン・シャイバン、キム・マナーズ、グレン・モーガン、ジェームズ・ウォンらと共に製作総指揮を務めた。第1シーズンから第5シーズンまではブリティッシュコロンビア州バンクーバー、第6シーズン以降はカリフォルニア州ロサンゼルスで主に撮影された。第4シーズンまでは毎週金曜午後9時(EST)、第5シーズン以降は日曜午後9時(EST)に放送された。各エピソードはコマーシャルを除いて約45分、標準画質で放送された。1998年に第5シーズンと第6シーズンの間を描いた映画『Xファイル ザ・ムービー』。2008年にはシリーズ完結後を描いた映画『Xファイル: 真実を求めて』がそれぞれ公開された。2000年以降、20世紀フォックス・ホーム・エンターテインメントより全エピソードがDVD化された。他にiTunes Store、Amazon Instant Video、Hulu、ネットフリックスでダウンロード販売も行われた。番組はゴールデングローブ賞、サテライト賞などを受賞している。出演者のうち、特にドゥカヴニーとアンダーソンの演技が高く評価された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1365721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 136490 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 523 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59041754 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alttitle
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 731 (xsd:integer)
  • Alpha
  • Lord of the Flies
  • Providence
  • Home
  • Our Town
  • Deep Throat
  • Triangle
  • Arcadia
  • Beyond the Sea
  • Existence
  • Scary Monsters
  • Fire
  • Max
  • Blood
  • Dreamland
  • Elegy
  • Emily
  • Lazarus
  • Brand X
  • The Gift
  • Fight Club
  • Millennium
  • Requiem
  • Terms of Endearment
  • The Host
  • The End
  • Ascension
  • Patience
  • Squeeze
  • William
  • Ice
  • Agua Mala
  • All Souls
  • Alone
  • Anasazi
  • Apocrypha
  • Aubrey
  • Audrey Pauley
  • Avatar
  • Bad Blood
  • Badlaa
  • Biogenesis
  • Born Again
  • Chimera
  • Chinga
  • Christmas Carol
  • Closure
  • Clyde Bruckman's Final Repose
  • Colony
  • Conduit
  • D.P.O.
  • Damonicus
  • Darkness Falls
  • Deadalive
  • Demons
  • Detour
  • Die Hand Die Verletzt
  • Dod Kalm
  • Dreamland II
  • Drive
  • Duane Barry
  • E.B.E.
  • El Mundo Gira
  • Empedocles
  • En Ami
  • End Game
  • Essence
  • Eve
  • Excelsis Dei
  • F. Emasculata
  • Fallen Angel
  • Fearful Symmetry
  • Field Trip
  • Firewalker
  • First Person Shooter
  • Folie a Deux
  • Fresh Bones
  • Gender Bender
  • Gethsemane
  • Ghost in the Machine
  • Grotesque
  • Hell Money
  • Hellbound
  • Hollywood A.D.
  • How the Ghosts Stole Christmas
  • Humbug
  • Hungry
  • Improbable
  • Invocation
  • Irresistible
  • Je Souhaite
  • John Doe
  • Jose Chung's From Outer Space
  • Jump the Shark
  • Kaddish
  • Kill Switch
  • Kitsunegari
  • Leonard Betts
  • Medusa
  • Memento Mori
  • Milagro
  • Mind’s Eye
  • Miracle Man
  • Monday
  • Musings of a Cigarette Smoking Man
  • Never Again
  • Nisei
  • Nothing Important Happened Today II
  • One Breath
  • One Son
  • Orison
  • Oubliette
  • Paper Clip
  • Paper Hearts
  • Patient X
  • Per Manum
  • Piper Maru
  • Provenance
  • Pusher
  • Quagmire
  • Red Museum
  • Redrum
  • Redux II
  • Release
  • Revelations
  • Roadrunners
  • Roland
  • Rush
  • S.R. 819
  • Salvage
  • Sanguinarium
  • Schizogeny
  • Sein und Zeit
  • Shadows
  • Shapes
  • Signs and Wonders
  • Sleepless
  • Small Potatoes
  • Soft Light
  • Space
  • Sunshine Days
  • Surekill
  • Synchrony
  • Syzygy
  • Talitha Cumi
  • Teliko
  • Tempus Fugit
  • Terma
  • Teso Dos Bichos
  • The Amazing Maleeni
  • The Calusari
  • The Erlenmeyer Flask
  • The Field Where I Died
  • The Goldberg Variation
  • The Jersey Devil
  • The List
  • The Pine Bluff Variant
  • The Post-Modern Prometheus
  • The Rain King
  • The Red and the Black
  • The Sixth Extinction II: Amor Fati
  • The Truth
  • The Truth II
  • The Unnatural
  • The Walk
  • Theef
  • This Is Not Happening
  • Three Words
  • Three of a Kind
  • Tithonus
  • Tooms
  • Travelers
  • Trevor
  • Trust No 1
  • Tunguska
  • Two Fathers
  • Underneath
  • Unrequited
  • Unruhe
  • Unusual Suspects
  • Via Negativa
  • Vienen
  • War of the Coprophages
  • Wetwired
  • Without
  • X-Cops
  • Young at Heart
  • Zero Sum
  • all things
prop-ja:aux
  • 5.100000 (xsd:double)
  • 5.600000 (xsd:double)
  • 5.800000 (xsd:double)
  • 5.900000 (xsd:double)
  • 6.100000 (xsd:double)
  • 6.200000 (xsd:double)
  • 6.400000 (xsd:double)
  • 6.800000 (xsd:double)
  • 6.900000 (xsd:double)
  • 7.100000 (xsd:double)
  • 7.200000 (xsd:double)
  • 7.300000 (xsd:double)
  • 7.400000 (xsd:double)
  • 7.500000 (xsd:double)
  • 7.700000 (xsd:double)
  • 7.800000 (xsd:double)
  • 7.900000 (xsd:double)
  • 8.100000 (xsd:double)
  • 8.200000 (xsd:double)
  • 8.300000 (xsd:double)
  • 8.500000 (xsd:double)
  • 8.600000 (xsd:double)
  • 8.700000 (xsd:double)
  • 8.800000 (xsd:double)
  • 8.900000 (xsd:double)
  • 9 (xsd:integer)
  • 9.100000 (xsd:double)
  • 9.200000 (xsd:double)
  • 9.300000 (xsd:double)
  • 9.400000 (xsd:double)
  • 9.600000 (xsd:double)
  • 9.700000 (xsd:double)
  • 9.800000 (xsd:double)
  • 9.900000 (xsd:double)
  • 10.200000 (xsd:double)
  • 10.400000 (xsd:double)
  • 10.700000 (xsd:double)
  • 10.800000 (xsd:double)
  • 10.810000 (xsd:double)
  • 11.700000 (xsd:double)
  • 11.910000 (xsd:double)
  • 11.990000 (xsd:double)
  • 12.180000 (xsd:double)
  • 12.460000 (xsd:double)
  • 12.710000 (xsd:double)
  • 12.790000 (xsd:double)
  • 12.880000 (xsd:double)
  • 12.890000 (xsd:double)
  • 12.940000 (xsd:double)
  • 13 (xsd:integer)
  • 13.440000 (xsd:double)
  • 13.860000 (xsd:double)
  • 13.950000 (xsd:double)
  • 14 (xsd:integer)
  • 14.480000 (xsd:double)
  • 14.490000 (xsd:double)
  • 14.620000 (xsd:double)
  • 14.830000 (xsd:double)
  • 14.860000 (xsd:double)
  • 15.060000 (xsd:double)
  • 15.090000 (xsd:double)
  • 15.200000 (xsd:double)
  • 15.250000 (xsd:double)
  • 15.260000 (xsd:double)
  • 15.310000 (xsd:double)
  • 15.350000 (xsd:double)
  • 15.380000 (xsd:double)
  • 15.570000 (xsd:double)
  • 15.630000 (xsd:double)
  • 15.650000 (xsd:double)
  • 15.830000 (xsd:double)
  • 15.860000 (xsd:double)
  • 15.900000 (xsd:double)
  • 15.910000 (xsd:double)
  • 16 (xsd:integer)
  • 16.040000 (xsd:double)
  • 16.080000 (xsd:double)
  • 16.150000 (xsd:double)
  • 16.170000 (xsd:double)
  • 16.180000 (xsd:double)
  • 16.200000 (xsd:double)
  • 16.320000 (xsd:double)
  • 16.360000 (xsd:double)
  • 16.440000 (xsd:double)
  • 16.530000 (xsd:double)
  • 16.560000 (xsd:double)
  • 16.570000 (xsd:double)
  • 16.590000 (xsd:double)
  • 16.710000 (xsd:double)
  • 16.720000 (xsd:double)
  • 16.740000 (xsd:double)
  • 16.880000 (xsd:double)
  • 16.900000 (xsd:double)
  • 16.910000 (xsd:double)
  • 17.010000 (xsd:double)
  • 17.090000 (xsd:double)
  • 17.100000 (xsd:double)
  • 17.200000 (xsd:double)
  • 17.310000 (xsd:double)
  • 17.340000 (xsd:double)
  • 17.380000 (xsd:double)
  • 17.480000 (xsd:double)
  • 17.630000 (xsd:double)
  • 17.650000 (xsd:double)
  • 17.670000 (xsd:double)
  • 17.680000 (xsd:double)
  • 17.860000 (xsd:double)
  • 17.910000 (xsd:double)
  • 18.010000 (xsd:double)
  • 18.040000 (xsd:double)
  • 18.090000 (xsd:double)
  • 18.200000 (xsd:double)
  • 18.240000 (xsd:double)
  • 18.320000 (xsd:double)
  • 18.340000 (xsd:double)
  • 18.500000 (xsd:double)
  • 18.600000 (xsd:double)
  • 18.680000 (xsd:double)
  • 18.690000 (xsd:double)
  • 18.760000 (xsd:double)
  • 18.810000 (xsd:double)
  • 18.850000 (xsd:double)
  • 19.100000 (xsd:double)
  • 19.250000 (xsd:double)
  • 19.750000 (xsd:double)
  • 19.850000 (xsd:double)
  • 19.980000 (xsd:double)
  • 20.210000 (xsd:double)
  • 20.860000 (xsd:double)
  • 20.910000 (xsd:double)
  • 20.940000 (xsd:double)
  • 21.240000 (xsd:double)
  • 21.330000 (xsd:double)
  • 21.360000 (xsd:double)
  • 21.370000 (xsd:double)
  • 21.720000 (xsd:double)
  • 22.370000 (xsd:double)
  • 22.880000 (xsd:double)
  • 24.840000 (xsd:double)
  • 29.150000 (xsd:double)
  • (N/A)
prop-ja:directedby
prop-ja:episodenumber
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
  • 13 (xsd:integer)
  • 14 (xsd:integer)
  • 15 (xsd:integer)
  • 16 (xsd:integer)
  • 17 (xsd:integer)
  • 18 (xsd:integer)
  • 19 (xsd:integer)
  • 20 (xsd:integer)
  • 21 (xsd:integer)
  • 22 (xsd:integer)
  • 23 (xsd:integer)
  • 24 (xsd:integer)
  • 25 (xsd:integer)
  • 26 (xsd:integer)
  • 27 (xsd:integer)
  • 28 (xsd:integer)
  • 29 (xsd:integer)
  • 30 (xsd:integer)
  • 31 (xsd:integer)
  • 32 (xsd:integer)
  • 33 (xsd:integer)
  • 34 (xsd:integer)
  • 35 (xsd:integer)
  • 36 (xsd:integer)
  • 37 (xsd:integer)
  • 38 (xsd:integer)
  • 39 (xsd:integer)
  • 40 (xsd:integer)
  • 41 (xsd:integer)
  • 42 (xsd:integer)
  • 43 (xsd:integer)
  • 44 (xsd:integer)
  • 45 (xsd:integer)
  • 46 (xsd:integer)
  • 47 (xsd:integer)
  • 48 (xsd:integer)
  • 49 (xsd:integer)
  • 51 (xsd:integer)
  • 52 (xsd:integer)
  • 53 (xsd:integer)
  • 54 (xsd:integer)
  • 55 (xsd:integer)
  • 56 (xsd:integer)
  • 57 (xsd:integer)
  • 58 (xsd:integer)
  • 59 (xsd:integer)
  • 60 (xsd:integer)
  • 61 (xsd:integer)
  • 62 (xsd:integer)
  • 63 (xsd:integer)
  • 64 (xsd:integer)
  • 65 (xsd:integer)
  • 66 (xsd:integer)
  • 67 (xsd:integer)
  • 68 (xsd:integer)
  • 69 (xsd:integer)
  • 70 (xsd:integer)
  • 71 (xsd:integer)
  • 72 (xsd:integer)
  • 73 (xsd:integer)
  • 75 (xsd:integer)
  • 76 (xsd:integer)
  • 77 (xsd:integer)
  • 78 (xsd:integer)
  • 79 (xsd:integer)
  • 80 (xsd:integer)
  • 81 (xsd:integer)
  • 82 (xsd:integer)
  • 83 (xsd:integer)
  • 84 (xsd:integer)
  • 85 (xsd:integer)
  • 86 (xsd:integer)
  • 87 (xsd:integer)
  • 88 (xsd:integer)
  • 89 (xsd:integer)
  • 90 (xsd:integer)
  • 91 (xsd:integer)
  • 92 (xsd:integer)
  • 93 (xsd:integer)
  • 94 (xsd:integer)
  • 95 (xsd:integer)
  • 96 (xsd:integer)
  • 97 (xsd:integer)
  • 99 (xsd:integer)
  • 100 (xsd:integer)
  • 101 (xsd:integer)
  • 102 (xsd:integer)
  • 103 (xsd:integer)
  • 104 (xsd:integer)
  • 105 (xsd:integer)
  • 106 (xsd:integer)
  • 107 (xsd:integer)
  • 108 (xsd:integer)
  • 109 (xsd:integer)
  • 110 (xsd:integer)
  • 111 (xsd:integer)
  • 112 (xsd:integer)
  • 113 (xsd:integer)
  • 114 (xsd:integer)
  • 115 (xsd:integer)
  • 116 (xsd:integer)
  • 117 (xsd:integer)
  • 119 (xsd:integer)
  • 120 (xsd:integer)
  • 121 (xsd:integer)
  • 122 (xsd:integer)
  • 123 (xsd:integer)
  • 124 (xsd:integer)
  • 125 (xsd:integer)
  • 126 (xsd:integer)
  • 127 (xsd:integer)
  • 128 (xsd:integer)
  • 129 (xsd:integer)
  • 130 (xsd:integer)
  • 131 (xsd:integer)
  • 132 (xsd:integer)
  • 133 (xsd:integer)
  • 134 (xsd:integer)
  • 135 (xsd:integer)
  • 136 (xsd:integer)
  • 137 (xsd:integer)
  • 138 (xsd:integer)
  • 139 (xsd:integer)
  • 141 (xsd:integer)
  • 142 (xsd:integer)
  • 143 (xsd:integer)
  • 144 (xsd:integer)
  • 145 (xsd:integer)
  • 146 (xsd:integer)
  • 147 (xsd:integer)
  • 148 (xsd:integer)
  • 149 (xsd:integer)
  • 150 (xsd:integer)
  • 151 (xsd:integer)
  • 152 (xsd:integer)
  • 153 (xsd:integer)
  • 154 (xsd:integer)
  • 155 (xsd:integer)
  • 156 (xsd:integer)
  • 157 (xsd:integer)
  • 158 (xsd:integer)
  • 159 (xsd:integer)
  • 160 (xsd:integer)
  • 161 (xsd:integer)
  • 163 (xsd:integer)
  • 164 (xsd:integer)
  • 165 (xsd:integer)
  • 166 (xsd:integer)
  • 167 (xsd:integer)
  • 168 (xsd:integer)
  • 169 (xsd:integer)
  • 170 (xsd:integer)
  • 171 (xsd:integer)
  • 172 (xsd:integer)
  • 173 (xsd:integer)
  • 174 (xsd:integer)
  • 175 (xsd:integer)
  • 176 (xsd:integer)
  • 177 (xsd:integer)
  • 178 (xsd:integer)
  • 179 (xsd:integer)
  • 180 (xsd:integer)
  • 181 (xsd:integer)
  • 182 (xsd:integer)
  • 184 (xsd:integer)
  • 185 (xsd:integer)
  • 186 (xsd:integer)
  • 187 (xsd:integer)
  • 188 (xsd:integer)
  • 189 (xsd:integer)
  • 190 (xsd:integer)
  • 191 (xsd:integer)
  • 192 (xsd:integer)
  • 193 (xsd:integer)
  • 194 (xsd:integer)
  • 195 (xsd:integer)
  • 196 (xsd:integer)
  • 197 (xsd:integer)
  • 198 (xsd:integer)
  • 199 (xsd:integer)
  • 200 (xsd:integer)
  • 201 (xsd:integer)
  • 202 (xsd:integer)
prop-ja:linecolor
  • 4 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 6699 (xsd:integer)
  • 333333 (xsd:integer)
  • 336666 (xsd:integer)
  • 801818 (xsd:integer)
  • FFBF00
  • FFA000
  • E9967A
prop-ja:originalairdate
  • 1993-09-17 (xsd:date)
  • 1993-09-24 (xsd:date)
  • 1993-10-01 (xsd:date)
  • 1993-10-08 (xsd:date)
  • 1993-10-22 (xsd:date)
  • 1993-10-29 (xsd:date)
  • 1993-11-05 (xsd:date)
  • 1993-11-12 (xsd:date)
  • 1993-11-19 (xsd:date)
  • 1993-12-10 (xsd:date)
  • 1993-12-17 (xsd:date)
  • 1994-01-07 (xsd:date)
  • 1994-01-21 (xsd:date)
  • 1994-02-04 (xsd:date)
  • 1994-02-11 (xsd:date)
  • 1994-02-18 (xsd:date)
  • 1994-03-18 (xsd:date)
  • 1994-04-01 (xsd:date)
  • 1994-04-15 (xsd:date)
  • 1994-04-22 (xsd:date)
  • 1994-04-29 (xsd:date)
  • 1994-05-06 (xsd:date)
  • 1994-05-13 (xsd:date)
  • 1994-09-23 (xsd:date)
  • 1994-09-30 (xsd:date)
  • 1994-10-07 (xsd:date)
  • 1994-10-14 (xsd:date)
  • 1994-10-21 (xsd:date)
  • 1994-11-04 (xsd:date)
  • 1994-11-11 (xsd:date)
  • 1994-11-18 (xsd:date)
  • 1994-12-09 (xsd:date)
  • 1994-12-16 (xsd:date)
  • 1995-01-06 (xsd:date)
  • 1995-01-13 (xsd:date)
  • 1995-01-27 (xsd:date)
  • 1995-02-03 (xsd:date)
  • 1995-02-10 (xsd:date)
  • 1995-02-17 (xsd:date)
  • 1995-02-24 (xsd:date)
  • 1995-03-10 (xsd:date)
  • 1995-03-31 (xsd:date)
  • 1995-04-14 (xsd:date)
  • 1995-04-28 (xsd:date)
  • 1995-05-05 (xsd:date)
  • 1995-05-12 (xsd:date)
  • 1995-05-19 (xsd:date)
  • 1995-09-29 (xsd:date)
  • 1995-10-06 (xsd:date)
  • 1995-10-13 (xsd:date)
  • 1995-10-20 (xsd:date)
  • 1995-11-03 (xsd:date)
  • 1995-11-10 (xsd:date)
  • 1995-11-17 (xsd:date)
  • 1995-11-24 (xsd:date)
  • 1995-12-01 (xsd:date)
  • 1995-12-15 (xsd:date)
  • 1996-01-05 (xsd:date)
  • 1996-01-26 (xsd:date)
  • 1996-02-02 (xsd:date)
  • 1996-02-09 (xsd:date)
  • 1996-02-16 (xsd:date)
  • 1996-02-23 (xsd:date)
  • 1996-03-08 (xsd:date)
  • 1996-03-29 (xsd:date)
  • 1996-04-12 (xsd:date)
  • 1996-04-26 (xsd:date)
  • 1996-05-03 (xsd:date)
  • 1996-05-10 (xsd:date)
  • 1996-05-17 (xsd:date)
  • 1996-10-11 (xsd:date)
  • 1996-10-18 (xsd:date)
  • 1996-10-27 (xsd:date)
  • 1996-11-03 (xsd:date)
  • 1996-11-10 (xsd:date)
  • 1996-11-17 (xsd:date)
  • 1996-11-24 (xsd:date)
  • 1996-12-01 (xsd:date)
  • 1996-12-15 (xsd:date)
  • 1997-01-12 (xsd:date)
  • 1997-01-26 (xsd:date)
  • 1997-02-02 (xsd:date)
  • 1997-02-09 (xsd:date)
  • 1997-02-16 (xsd:date)
  • 1997-02-23 (xsd:date)
  • 1997-03-16 (xsd:date)
  • 1997-03-23 (xsd:date)
  • 1997-04-13 (xsd:date)
  • 1997-04-20 (xsd:date)
  • 1997-04-27 (xsd:date)
  • 1997-05-04 (xsd:date)
  • 1997-05-11 (xsd:date)
  • 1997-05-18 (xsd:date)
  • 1997-11-09 (xsd:date)
  • 1997-11-16 (xsd:date)
  • 1997-11-23 (xsd:date)
  • 1997-11-30 (xsd:date)
  • 1997-12-07 (xsd:date)
  • 1997-12-14 (xsd:date)
  • 1998-01-04 (xsd:date)
  • 1998-01-11 (xsd:date)
  • 1998-02-08 (xsd:date)
  • 1998-02-15 (xsd:date)
  • 1998-02-22 (xsd:date)
  • 1998-03-01 (xsd:date)
  • 1998-03-08 (xsd:date)
  • 1998-03-29 (xsd:date)
  • 1998-04-19 (xsd:date)
  • 1998-04-26 (xsd:date)
  • 1998-05-03 (xsd:date)
  • 1998-05-10 (xsd:date)
  • 1998-05-17 (xsd:date)
  • 1998-11-15 (xsd:date)
  • 1998-11-22 (xsd:date)
  • 1998-11-29 (xsd:date)
  • 1998-12-06 (xsd:date)
  • 1998-12-13 (xsd:date)
  • 1999-01-03 (xsd:date)
  • 1999-01-10 (xsd:date)
  • 1999-01-17 (xsd:date)
  • 1999-01-24 (xsd:date)
  • 1999-02-07 (xsd:date)
  • 1999-02-14 (xsd:date)
  • 1999-02-21 (xsd:date)
  • 1999-02-28 (xsd:date)
  • 1999-03-07 (xsd:date)
  • 1999-03-28 (xsd:date)
  • 1999-04-11 (xsd:date)
  • 1999-04-18 (xsd:date)
  • 1999-04-25 (xsd:date)
  • 1999-05-02 (xsd:date)
  • 1999-05-09 (xsd:date)
  • 1999-05-16 (xsd:date)
  • 1999-11-14 (xsd:date)
  • 1999-11-21 (xsd:date)
  • 1999-11-28 (xsd:date)
  • 1999-12-05 (xsd:date)
  • 1999-12-12 (xsd:date)
  • 2000-01-09 (xsd:date)
  • 2000-01-16 (xsd:date)
  • 2000-01-23 (xsd:date)
  • 2000-02-06 (xsd:date)
  • 2000-02-13 (xsd:date)
  • 2000-02-20 (xsd:date)
  • 2000-02-27 (xsd:date)
  • 2000-03-12 (xsd:date)
  • 2000-03-19 (xsd:date)
  • 2000-04-02 (xsd:date)
  • 2000-04-09 (xsd:date)
  • 2000-04-16 (xsd:date)
  • 2000-04-30 (xsd:date)
  • 2000-05-07 (xsd:date)
  • 2000-05-14 (xsd:date)
  • 2000-05-21 (xsd:date)
  • 2000-11-12 (xsd:date)
  • 2000-11-19 (xsd:date)
  • 2000-11-26 (xsd:date)
  • 2000-12-03 (xsd:date)
  • 2000-12-10 (xsd:date)
  • 2000-12-17 (xsd:date)
  • 2001-01-07 (xsd:date)
  • 2001-01-14 (xsd:date)
  • 2001-01-21 (xsd:date)
  • 2001-02-04 (xsd:date)
  • 2001-02-11 (xsd:date)
  • 2001-02-18 (xsd:date)
  • 2001-02-25 (xsd:date)
  • 2001-04-01 (xsd:date)
  • 2001-04-08 (xsd:date)
  • 2001-04-22 (xsd:date)
  • 2001-04-29 (xsd:date)
  • 2001-05-06 (xsd:date)
  • 2001-05-13 (xsd:date)
  • 2001-05-20 (xsd:date)
  • 2001-11-18 (xsd:date)
  • 2001-12-02 (xsd:date)
  • 2001-12-09 (xsd:date)
  • 2001-12-16 (xsd:date)
  • 2002-01-06 (xsd:date)
  • 2002-01-13 (xsd:date)
  • 2002-01-27 (xsd:date)
  • 2002-03-03 (xsd:date)
  • 2002-03-10 (xsd:date)
  • 2002-03-17 (xsd:date)
  • 2002-03-31 (xsd:date)
  • 2002-04-07 (xsd:date)
  • 2002-04-14 (xsd:date)
  • 2002-04-21 (xsd:date)
  • 2002-04-28 (xsd:date)
  • 2002-05-05 (xsd:date)
  • 2002-05-12 (xsd:date)
  • 2002-05-19 (xsd:date)
prop-ja:prodcode
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:shortsummary
  • 1 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
  • 30 (xsd:integer)
  • 3000 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:テロリスト
  • dbpedia-ja:難民キャンプ
  • dbpedia-ja:行者
  • dbpedia-ja:頭蓋骨
  • dbpedia-ja:劇中劇
  • dbpedia-ja:地下鉄
  • dbpedia-ja:交通事故
  • dbpedia-ja:全米警察24時_コップス
  • dbpedia-ja:脳死
  • dbpedia-ja:エクアドル
  • dbpedia-ja:カニバリズム
  • dbpedia-ja:カリフォルニア州
  • dbpedia-ja:キャラクター
  • dbpedia-ja:クロイツフェルト・ヤコブ病
  • dbpedia-ja:コンピュータゲーム
  • dbpedia-ja:ジョージア州
  • dbpedia-ja:ハエ
  • dbpedia-ja:フグ
  • dbpedia-ja:ペンシルベニア州
  • dbpedia-ja:ボーイスカウト
  • dbpedia-ja:マサチューセッツ州
  • dbpedia-ja:メキシコ
  • dbpedia-ja:ロサンゼルス
  • dbpedia-ja:ワシントンD.C.
  • dbpedia-ja:囚人
  • dbpedia-ja:心霊スポット
  • dbpedia-ja:昆虫
  • dbpedia-ja:牛海綿状脳症
  • dbpedia-ja:生物兵器
  • dbpedia-ja:竜巻
  • dbpedia-ja:脳
  • dbpedia-ja:電磁波
  • dbpedia-ja:麻薬
  • dbpedia-ja:アーカンソー州
  • dbpedia-ja:チュパカブラ
  • dbpedia-ja:テトロドトキシン
  • dbpedia-ja:ドキュメンタリー
  • dbpedia-ja:ニューイングランド
  • dbpedia-ja:ネバダ州
  • dbpedia-ja:ハイチ
  • dbpedia-ja:フェロモン
  • dbpedia-ja:ボストン
  • dbpedia-ja:ミシシッピ州
  • dbpedia-ja:変死体
  • dbpedia-ja:検死
  • dbpedia-ja:検視
  • dbpedia-ja:仮想世界
  • dbpedia-ja:感染症
  • dbpedia-ja:スタント
  • dbpedia-ja:ブードゥー教
  • dbpedia-ja:満月
  • dbpedia-ja:近親婚
  • dbpedia-ja:シャーマン
  • dbpedia-ja:武士道
  • dbpedia-ja:脳動脈瘤
  • dbpedia-ja:ゴキブリ
  • dbpedia-ja:ティア・レオーニ
  • dbpedia-ja:ディープ・ロイ
  • dbpedia-ja:ギャリー・シャンドリング
  • dbpedia-ja:ボンベイ
  • dbpedia-ja:アナフィラキシーショック
  • dbpedia-ja:アルツハイマー病
  • dbpedia-ja:クリスマス・イブ
  • dbpedia-ja:季節労働者
  • dbpedia-ja:独房
  • dbpedia-ja:盲目
  • dbpedia-ja:記憶喪失
  • dbpedia-ja:警官
  • dbpedia-ja:電脳空間
  • dbpedia-ja:犬
  • 「デッドアライブ」のカルト教団のリーダーであるアブサロムに銃を突きつけられ、ドゲットはヴァージニア州の連邦統計センターに連れてこられる。アブサロムはその中にあるものを見せ、命を狙われている自分の代わりにそれを世界に伝えて欲しいというのだが。
  • 全編モノクロ処理された、人造人間をめぐるエピソード。元ネタは『フランケンシュタイン』。ムタト役は、スペンダー捜査官役のクリス・オーウェンズである。作中クローズアップされるシェールの唄う曲は「Walking In Memphis」(アルバム「IT'S A MAN'S WORLD」に収録)である。ラスト付近に登場するのはソックリさん。
  • オープニングのスローガンは「Dio ti ama」。これはイタリア語で「God loves you(神はあなたを愛している)」の意味。カジノで女性が殺された。モニカはそれが数字に支配された男の犯行だと考え、調査により近年起こった殺人事件もその男の犯行だと証明される。モニカは次の犠牲者の手がかりを得るために数秘術を行う占い師のもとを訪ねる。
  • 掌から血を流す「聖痕」のイカサマを使って説教を行っていた神父が惨殺された。聖痕を持つという人間を狙った連続殺人事件が3年前から続いており、今回が11件目。さらなる凶行を防ぐため捜査に入ったモルダーたちに、両掌に突然丸い傷が現れた少年ケビンの情報が入る。虐待が疑われるため児童施設に保護されたケビンだが、自宅の庭師であるオーエンに誘拐されてしまう。オーエンは「ケビンに危険が迫っている。彼を守れと神に命じられた」と主張。モルダーたちを振り切って逃亡するが、ケビンを襲った謎の男に絞殺されてしまう。オーエンの遺体は死後14時間経っても死後硬直を起こさず、体温も失われないままだった。
  • ある砂漠で発見された撲殺死体の検視協力のため一人で現場を訪れていたスカリーは、地図にも載っていない謎の村で給油をした直後に車が動かなくなりそこでの下宿を余儀なくされる。電波が通じない為連絡も取れない中、村の住人達にある病人を診察をして欲しいと相談されるスカリー。その病人の背中には見た事も無い謎の寄生物が寄生していた。
  • 雨乞い師の行くところ必ず雨が降る。という力を利用して詐欺をやっている、通称レイン・キングと呼ばれる男がいるので、そいつを捕まえてほしいという依頼を受けたモルダーとスカリー。疑いながらも、彼らの目の前でなんと本当に雨乞い師のところ一帯に雨が降る、という状況に出くわす。ところがそれは雨乞い師の力ではなかった。
  • マサチューセッツ工科大学に通うジェイソンは、自分の名を呼び、友人がバスに引かれるのを止めろという見ず知らずの老人に出会う。老人は警備員に連れて行かれるが、友人は言葉通りバスに引かれてしまう。翌日警備員は凍結した状態で発見される。不思議なことに、警備員の車の中でジェイソンの指紋が検出された。
  • ローン・ガンメン最後の戦い。スピンオフ作品『ローン・ガンメン』に登場していたキャラクターも登場し、第6シーズンの「ドリームランド」で登場したモリス・プレッチャーも再登場。『ローン・ガンメン』とも繋がっており、本編はその『ローン・ガンメン』最終回以降の話となっており、実質最終エピソードになっている。
  • バーガーショップで発砲事件が発生。重傷者が出るが、その場に居合わせたスミスという男が手をかざすと傷は癒えてしまった。翌日、出勤したスミスはCSマンによって投獄されてしまうが、脱獄しスカリーに保護を求める。一方、モルダーの母はCSマンと口論した後、くも膜下出血で倒れてしまう。 原題の"Talitha Cumi"とは、イエス・キリストが少女を死から蘇らせる際に使った古代アラム語。「少女よ、さあ起きなさい」の意。
  • 崖から転落し再び行方をくらませたモルダー、しかし彼はモルダーに変身したバウンティーハンターだった。ハンターは執拗にギブソンを狙う。スカリーとドゲットは反目しながらもギブソンを守りバウンティーハンターを撃退する。事件が一段楽した後ドゲットはモルダー捜索の失敗によりXファイル担当にまわされる。「日曜洋画劇場」枠で放送されたテレビ朝日の吹き替え版シリーズでは最終回。モルダーは消息不明のまま放送終了となった。
  • FBIの厳重な警護の中、保護されていた男性が悲惨な死を遂げる。彼は世界的なタバコメーカー、モーリー社の研究員で、同社に不利な証言をする予定だった。FBIは他殺を疑うが、現場には一切の証拠が無く捜査が行き詰まる。そんな中、モルダーは現場で一匹のタバコ虫を見つける。実はモーリー社はタバコの品種改良に遺伝子操作を用いており、その影響はタバコ虫をも凶悪に変貌させていたのだった。ヘビースモーカーの老人役でトビン・ベルが出演。
  • 妻が異星人の子を出産させられて主治医に殺されたという男がXファイル課を訪れる。スカリーとドゲットがそれぞれ主治医を調べる中、スカリーのアパートに妊婦が訪れ、「私の赤ちゃんが、そしてあなたの赤ちゃんも狙われている」と告げる。
  • 「海底」からの連続エピソード。クライチェックは香港で「ブラックオイル」に侵入され操られていた。モルダーと一緒に移動中のところを謎の男たちが襲撃するが、ブラックオイルは襲撃を退け、負傷したモルダーを置いて逃亡。MJファイルのデータテープと引き換えに、CSマンからUFOのありかを聞き出す。一方、馴染みのカフェで突然撃たれて重傷を負ったスキナーは、犯人の男に見覚えがあるとスカリーに語った。スカリーは地道な捜査で銃撃犯を追い、スカリーの姉・メリッサを射殺した犯人と同一人物であることを突き止める。 「アポクリファ」とは、新約聖書外典のこと。ギリシャ語で「隠されたもの」を意味し、初期キリスト教の正統教会に認められず、新約聖書(正典)に収録されなかった外典群を指す。
  • 狙撃により確保されたベリーは、負傷したまま病院から脱走。突如としてスカリーの自宅に現れ、自分の身代わりとして異星人に差し出すために彼女を誘拐した。モルダーはベリーを追跡し、景勝地スカイランド・マウンテンへと向かう。だがCSマンの指示を受けたクライチェックの妨害のために、スカリーは異星人に連れ去られてしまった。ベリーも証拠隠滅のためクライチェックに殺害されてしまう。スキナーにクライチェックの犯行を訴えるモルダーだが、彼は忽然と姿を消した後だった。 オープニングのスローガンは「DENY EVERYTHING(すべてを否定せよ)」。本エピソードのラストで、閉鎖されていたXファイル課が再始動する。
  • オクラホマ州のゲームセンターの駐車場で、男が雷に撃たれて死んだ。この町では最近、落雷事故が連続しており、今回が5件目。しかしその最初の一人、ダレン・ピーター・オズワルドだけは生きていた。事件現場のゲームセンターのバーチャファイター2には、ハイスコアネームとして「D.P.O.」、オズワルドのイニシャルが残されていた。モルダーたちは彼の職場である自動車整備工場へ赴くが、事情を訊いている最中に突然、モルダーの胸元で携帯電話が高熱を持ち破損してしまう。 オズワルド役でジョヴァンニ・リビシ、その友人役でジャック・ブラックが出演している。
  • ウォーレン役でマイケル・マッシーが出演している。
  • 黒魔術信仰の噂が飛び交うニューハンプシャー州の田舎町。森の外れで男子高校生が目と心臓を抉り出されて死んだ。彼が通っていた高校には秘密の悪魔崇拝を続けてきた教師と父兄の一団がいたが、今回の事件には誰も心当たりがなく、グループ内でも疑心暗鬼が拡がる。事件後に学校へ赴任してきた代理教師パドックが担当する生物の授業中、グループのひとりの娘が解剖用メスで手首を切って死亡。悪魔崇拝を続けてきたことを後悔する父親は、グループの内実をモルダーに告白する。しかし、その彼もあずかり知らぬところでうごめく者がいた。
  • CSマンの過去がわずかながら明らかになる。若き日のスモーキングマンをジェフリー・スペンダー(スモーキングマンの息子)役のクリス・オーウェンが演じている。
  • 髭女、小人症患者、結合双生児、ゲテモノ食い……いわゆる「見世物小屋」と呼ばれるようなサーカスに出演する芸人の集まる土地で、奇怪な殺人事件が起こった。事件が起きた町にはサーカスを引退した元団員たちが数多く住んでおり、被害者もまたその一人の魚鱗癬患者だった。現場の状況から、体の関節を外す「脱出芸」の達人が容疑者となるが、動機の点で可能性は低かった。猿の死骸と魚の胴体をくっつけた「フィージー人魚」という見世物の記憶が残るこの町で、また同じ手口による殺人事件が起こる。はたして犯人は「フィージー人魚」なのか?
  • 警官殺害の容疑をかけられた高校生。彼の身辺を調査しても手がかりはなし。重要な証拠も保管室から消えてしまう。保管室の防犯カメラの映像をチェックしていたモルダーは、目にとまらない速さで動く何かが保管室に入り込んだのを見つけた。
  • 婦女連続殺人犯として終身刑を言い渡されたファスターが脱走した。脱獄状況に不審を抱いたモルダーは、刑務所に戒告に来ていたオリソン牧師に疑いをかける。
  • 大病院の整形外科で、医師たちの暴走で次々と患者が死亡していく。医師たちは同じ薬を服用しており、それは黒魔術の儀式に使われる薬だった。
  • ピッツバーグのカルト教団で、信者20人とその教団を張り込んでいた捜査官2人が斧で額を割られて死亡した。教団のリーダーに容疑の目が集まるが、動機や殺害方法を特定することができず捜査は行き詰まってしまう。そんな中、ドゲットが奇妙な悪夢に悩まされ始め、ついには自らの手でスカリーを殺害するという幻想まで見るようになってしまう。
  • 有名な医師が自宅で首を吊って死んだ。モルダーは現場の状況から黒魔術が行われたのではないかと推測する。
  • スペースシャトル打ち上げが土壇場で中止された2週間後、NASAの女性職員がモルダーに接触してきた。今回の中止には不審な点があり、次回の打ち上げにも不安がつきまとっているという。モルダーとスカリーはヒューストンの宇宙センターに行き、打ち上げの指揮を執るベルト中佐に会う。彼はこの女性職員が言うような不安材料は全くないと言い切るが、スカリーは中佐が何かを知っているような予感を抱く。この中佐は、かつてジェミニ8号で宇宙遊泳した際に、”何か”に遭遇した経験を持っていた。以来彼は、その遭遇の記憶を消し去ることができずに苦しんでいたのである。
  • 人里離れた農家で老夫婦の死体が発見された。妻の腹には蛇が縫い込められ、夫の遺体と向かい合わせに座らされた状態は、なんらかの儀式を思わせた。さらにテーブルの上にはラテン語で「悪魔」を意味する文字が残されていた。モニカは邪悪な超自然的な存在が人間を操っていると主張。現実的なドゲットは精神病患者の犯行と主張する。
  • ホテルの宿泊客が失踪し、現場には人間の燃えカスと同じ成分の灰が残されていた。最近1ヶ月の間に同様の事件が2件発生しており、全く手がかりがつかめなかったことから、FBIアカデミーでスカリーの生徒だった新人刑事がスカリーに応援を依頼。やがて捜査上に、暗黒物質の実験中に自分の影が一種のブラックホールと化してしまった一人の物理学者の存在が浮かび上がる。ストーリーの鍵となる博士はトニー・シャルーブが扮し、苦悩と恐怖におびえる人物像を演じている。影がストーリーの核となるため、撮影監督出身者が演出を担当している。
  • 失踪直前のモルダーが不審な行動をとっていたことを発見したドゲットは、スカリーには告げずに単身でその行動を追う。
  • ペンシルベニア州の平和な街フランクリンで、7件の殺人事件が続発した。唯一の共通点は現場付近の電子機器が破壊されていること。捜査の過程で市街地で採取したハエの死骸から、非認可の農薬・LSDMが検出された。害虫に恐怖反応を引き起こし作物に近づくのを防ぐという、その農薬がこの地域で秘密裡に散布されていたのだ。そして、その農薬を散布された地域の住民が凶暴化するトリガーは、何者かが身近な電子機器に送信する「KILL'EM ALL」「DO IT NOW」などのサブリミナルメッセージだった。 ミスターXの初登場エピソード(ただし電話越しにモルダーと短い会話をするのみ)である。
  • オープニングのスローガンは「E pur si muove」。これはイタリア語で、ガリレオが言ったとされる有名な台詞「それでもそれ(地球)は動く」。
  • オープニングのスローガンは「In the Big Inning」(ビッグ・イニング)。1974年、エックスリーという伝説的な選手が黒人野球チームに属していた。人種差別主義者から彼を守るため、警察官デールスが護衛を担当する。チームに同行したデールスはエックスリーの正体を見てしまう。
  • ミズーリ州オーブリー。50年前、プロファイリングという概念がない時代から同様の捜査手法を独自に実施していた伝説的なFBI捜査官サム・チェイニーの白骨死体が、何もない野原から発見された。発見したのは、不倫の末に妊娠したばかりの女性刑事。突然脳裏にひらめいたイメージに従ってその場所を掘り返したのだ。オーブリーでは数日前、かつてサムが担当していた猟奇事件と同じ手口の殺人事件が発生していた。モルダーとスカリーは50年前の事件の実行犯コクリーを尋ねるが、70歳代で重度の呼吸器疾患を持つ現在の彼に殺人を実行する能力はない。犯人の見当がつかないまま、また新たな犠牲者が出てしまう。
  • 全身が癌細胞でできた男が他者の癌細胞を取り込んでいく。そしてその魔手はスカリーにもおよぶ。ポール・マクレーンがレナード・ベッツを演じる。
  • 相変わらず身元調査の仕事をさせられるモルダーとスカリー。淡々と仕事をこなすスカリーに対して、机に足を投げ出して電話するなどやる気のないモルダー。モルダーは「上手くいけばトイレ掃除の仕事を回してもらえる」などと冗談を飛ばしているとスカリーがカーシュから呼び出される。FBIニューヨーク支局の捜査官は犯罪現場写真家の老人フェリッグが、人の絶命の瞬間をカメラに収め続けていて、彼が殺人を犯しているのではないかと疑い、スカリーに捜査への協力を依頼する。スカリーはニューヨークへ向かい調査を始めるが、モルダーはX-FILEがらみと疑い事件を勝手に嗅ぎ回る(カーシュに届いたメールを入手するなど)。その後の調査により、フェリッグが名を変えてアメリカ各地を転々としていた事、そして百年以上も前から指名手配になっていた事が判明する。
  • モルダーに異星人の解剖ビデオを売った男が殺された。モルダーは現場で日本の外交官を逮捕する。その男の持っていた書類から、スカリーは異星人に誘拐された経験がある女性たちと知り合う。一方、モルダーは同様に衛星写真に写っていた船の調査をするが捜査に行き詰る。マディソン上院議員からの情報を得て、モルダーは日本人医師タケオ・イシマルが「実験体」を連れ込んだ列車に潜入する。スカリーはイシマルの顔に確かな見覚えがあった。以前どこかで彼に会ったことがある、と。 アメリカでの初放映時、ある男性が恋人にプロポーズをするため、本エピソードの中に「結婚をしてくれ」という旨のテロップを流した。このカップルはお互いに『Xファイル』のファンであり、男性は何か突飛なプロポーズがないものかと考え、このテロップでのプロポーズを番組製作側に依頼したところ、製作側は承諾した。テロップが流れてすぐ男性の恋人はOKの返事を出し、男性がそれを製作側に伝えたところ、劇中最後の
  • 同じ容貌と同じ性格をもった二人の女性。彼女たちがめぐり合うと嵐のような騒動が巻き起こる。
  • スキナー副長官が主役となる初めてのエピソード。離婚の承諾書にサインする決断がどうしてもできず、独りバーで酒をあおるスキナー。そこで出会った美女と、その場の勢いで関係を持ってしまう。だが、ベッドの上から自分を見下ろす謎めいた老女の夢を見て飛び起きた彼の横で、女性は首を素手でねじり折られて死んでいた。殺人事件の最重要参考人となってしまったスキナーの窮地を救うため、モルダーとスカリーは手がかりを求めて奔走する。遺体の唇には緑色の蛍光を放つ物質が付着していた。モルダーは「スクブス」と呼ばれる超自然の存在に注目する。
  • オープニングのスローガンは「They're Watching(彼らは監視している)」
  • ドゲットの前にかつて海兵隊時代に共にいた女性、シャノンが姿を現す。彼女は自らをノエルと同じバイオ兵士の試作第1号であるといい、高い潜水能力を有していた。彼女は水道水に含まれる消毒剤クロラミンを加工し世の女性に無敵兵士を生み出させようという政府の実験を明らかにするため、計画を進める者たちを水に引き込み溺死させていた。一方ローン・ガンメンは死んだ環境保護庁職員のもとに死後電話がかかってきていることを突き止める。電話の主はある実験をしている戦艦の艦長で、実験の内容をFBIに公表してほしいという。戦艦に向かったドゲットたちの前に立ちふさがったのは、無敵兵士のノエル・ローラーだった。
  • モルダーはスコットランドヤードからやってきた女性刑事から、不可解な放火事件の捜査への協力を依頼された。彼女はオックスフォード時代のモルダーの恋人で、ふたりの親しげな様子にスカリーは興ざめ状態。同じ頃、事件の放火犯から犯行予告を受け取っていた貴族が、英国からボストン郊外に引っ越してきた。しかも、その放火犯は管理人としてこの貴族の家に住み込むことに成功していた。彼は、自分の体から炎を自然発火させることができる不思議な能力を持っていた。ある日、ホテルで行われたパーティーにこの貴族が出席した際に、放火犯は子どもたちがいる部屋に火を放った。
  • 行方不明だったスカリーが、ワシントンDCの医療センターに深い昏睡状態で運び込まれる。ローン・ガンメンが盗み出した彼女のカルテから、彼女の血液中には未知のアミノ酸連鎖構造を持つタンパク質が存在することが判明。未知のバイオテクノロジーの産物であるこの物質が毒素として作用し、スカリーの免疫系統を破壊してしまったのだ。生前遺書により延命処置の中止、すなわち尊厳死を望んでいたスカリー。母と妹はその意志を尊重しようとし、なんとしても昏睡の原因を究明してスカリーの命を助けたいと願うモルダーとは意見がすれ違う。一方、モルダーはスカリーの病室から血液サンプルを盗み出した男を追跡するが、己の保身を図るミスターXがモルダーの前に立ちはだかる。生死の境を彷徨うスカリーは、亡き父の声を聴く――。
  • 「祈り」からの連続エピソード。父がなぜ殺されたのか、妹の身に何が起こったのかを探るモルダー。とある写真に若き日の父と一緒に映っていたのは、ユダヤ人虐殺と人体実験に関わったナチスの戦犯科学者、クレンパー博士。彼は、第二次大戦後にアメリカが行った「ペーパークリップ作戦」によって亡命してきた人間だった。彼から助言を得て、二人は廃墟となった坑道から大量の医療カルテを発見する。同時にスカリーは異星人らしき人影を、モルダーは浮上していくUFOを目撃した。そしてスキナーは「MJファイル」のテープと引き換えに、モルダーとスカリーの身の安全をCSマンに要求する。
  • 中国からカリフォルニア州に運ばれてきた絶滅したはずの犬。それは人間以上の知能を持ち、自らを捕らえた人間たちに復讐を開始する。「I WANT TO BELIEVE」のポスターが復活。
  • 元に戻る方法を模索するスカリー。陰謀に携わる者の悲哀を知るモルダー。一方のモリスはモルダーとして新たな人生を楽しく生きようとしていた。
  • タイトルのはアメリカの風刺画家の名前。ルーブ・ゴールドバーグ・マシンが劇中に登場し、それをモルダーが因果に例えている。一人の男がマフィアとポーカーで勝負。大勝ちした男に逆切れしたマフィアは男をビルの屋上から投げ落とすが、男は世にも奇妙な偶然が重なって助かってしまう。実はこの男、かつて飛行機の『13番席』に座って墜落事故にあってから、一切の不幸を受け付けなくなってしまったのだ。しかし、この男が幸福になればなるほど、同じアパートに住む少年の病は重くなっていく。ついに覚悟を決めた男は、マフィアやモルダーたちの追跡を逃れながら少年を救う事を決意し行動を開始した。
  • 「堕ちた天使」で登場した青年マックスが再登場。機密を持って飛行機に乗り込んだ彼のもとにUFOが出現し、彼は飛行機事故に巻き込まれてしまう。モルダーたちは事故の真相を追う。
  • 平凡な営業マンが社員を人質に会社に立てこもった。彼は社長が化け物で社員をゾンビに変えていると言う。彼は突入した特殊部隊に射殺され、事件も精神異常者の幻覚ということで落着すると思われたが、実はモルダーにも彼の言う化け物が見えていたのだった。
  • スカリーに好意を寄せるペンドレル捜査官が凶弾に倒れる。モルダーはマックスと同じようにUFOの動力パーツと思われる物を手にし、飛行機に搭乗する。しかし殺し屋も同じ便に乗り込み・・・
  • オープニングのスローガンは「erehT tuO si hturT ehT」。これは通常のスローガンを逆に書いたもの。モニカが喉を切られ、ドゲットも銃撃される。しかし、モニカは丁度その時刻、自宅でドゲットと会っていた。ドゲットが参加していたはずの張り込み捜査も行なわれていなかった。それは快楽殺人者の特殊な能力による犯行を示唆していた。
  • オープニングのスローガンは「Resist or Serve(抵抗か服従か)」。赤は劇中に登場する便箋、黒はブラック・オイルをそれぞれ意味する。
  • オープニングのスローガンは「Believe to Understand」(信は理解なり)。アンバーリン誘拐事件の捜査の過程で幼児殺害犯が逮捕される。ところがアンバーリンの死体もサマンサの死体も発見されない。モルダーは霊能者とともにサマンサの足跡を追い妹の死を確信する。
  • NA鑑定の結果はエミリーはスカリーの子供だと判明した。スカリーはエミリーの養父母の不信な死亡事件をはじめ、何者かにエミリーが狙われている事、不治の病に侵されていることを知り、彼女の出生には重大な機密が隠されていると確信する。
  • 占い師の連続猟奇殺人事件が発生した。現場には目玉と内臓の一部だけが残されており、犯人の手がかりは一切つかめていない。そんな中、「アパートのゴミ箱に目玉をくりぬかれた女性の死体がある」と通報が入った。第一発見者である保険外交員の男性ブラックマンは、人の死ぬ未来のビジョンが見えると告白した。「未来は決まっている、私が協力しても人が死ぬのは変わらない」と言って一旦は捜査への協力を拒んだブラックマンだが、モルダーたちの説得に応じ、共に犯人の手がかりを探ることになる。だがブラックマンには、モルダーが不意を突かれてナイフで喉を切り裂かれるビジョンが見えていた……。 ブラックマン役で出演したピーター・ボイルは、これにより1996年のエミー賞を受賞している。
  • モンタナ州のインディアンに伝わる伝説の獣「マニトゥ」が甦る。モンタナの牧場で家畜の殺害事件が多発していた。ある夜、見回りしていた牧場主が襲いかかる獣を射殺。ところが死体はインディアンの青年のものだった。捜査を開始したモルダーは、現場で奇妙な足跡と抜け殻のようなものを発見。スカリーも遺体の青年の犬歯が異常に発達しているのを発見した。モルダーは今回の事件が、1946年、当時のフーバーFBI長官によって作成された、X-ファイル第1号事件に酷似していることに気づいた。この地域では度々野獣が出てきては人間を襲っているらしい。そして、次の犠牲者が出てしまった。現場にはまたも野獣の爪が落ちていた。劇中、初代FBI長官エドガー・フーバーが関わった「Xファイル」第1号について言及される。
  • 自らの余命が長くないことを知ったCSマンは全ての病の治療法をスカリーに託すため共に旅に出る。
  • 人間の脳を食うミュータントの葛藤を描く。ハンバーガー屋で、人間の脳が抉り出される世にも恐ろしい殺人事件が発生。一方、その犯人であるミュータントは自分の衝動と戦い続ける。
  • メリーランド州で、善良な人間が突如として周囲の人間を殺す事件が続発する。犯人に精神病の既往歴はないが、例えば妻と隣人4人を殺して収監された男性の供述は「同じ人間を5回殺した」など、いずれも全く要領を得ないものだった。犯人たちの共通点は、ケーブルテレビをよく見ており多数の録画テープを持っていたこと。モルダーは2ヶ所の現場で全く同じ人物が電柱の分波器に工事をしていたのを目撃し、分波器から謎の装置を発見する。一方スカリーは、真夜中の車内でモルダーがCSマンと談笑し、重要な証拠となるはずのビデオテープを渡してしまう場面を目撃。スカリーの心中には、モルダーが敵と内通しているのではないかという強い疑念が広がっていく。
  • 中国人男性が生きたまま葬儀場の火葬炉に閉じ込められ焼き殺される事件が起こる。現場には漢字の「鬼」の文字が残されていた。モルダーとスカリーはサンフランシスコの中華街を舞台に捜査を進める。事件の裏には、臓器を掛け金とした犯罪組織の暗躍があった。 グレン・チャオ刑事役でB・D・ウォンが出演した。
  • ジムで倒れ、病院で目覚めたスキナーに一本の電話が入る。それは、「お前にはあと24時間の命しかない」と機械音声で伝える死の宣告であった。スカリーはスキナーの症状から毒を盛られたと推測、彼の血液から未知の物質の増殖を発見する、その正体は新技術で開発されたナノマシン。スキナーはクライチェックによってナノマシンを体内に注入されていた。この話の冒頭ではモルダーが天井に向かって鉛筆投げ刺している。
  • オープニングのスローガンは「Deceive Inveigle Obfuscate(欺瞞・歪曲・陰謀)」。黒人男性が色素を奪われ殺された。ブルキナファソの大使はアフリカの化け物「テリコ」の仕業だとモルダーに伝える。
  • 太平洋上、北緯42度東経171度。フランスのサルベージ船「パイパー・マル」の乗員多数が外部からの高度放射線被曝を受ける事件が起こった。しかし船自体に残留放射能はなく、また乗員の中でひとりの潜水士だけが全くの無傷だった。モルダーはこの船員の自宅を訪ねるが、船員は全身黒い油にまみれて倒れており、彼の妻が行方不明となっていた。この船員は、潜水作業で引き上げようとした米軍の潜水艦に残っていた、軽油を媒体として人間に乗り移り行動する地球外生命体「ブラックオイル」に侵入されていたのだ。彼の妻に乗り移ったブラックオイルは香港へ向かう。一方、この事件の捜査を行っていたモルダーもいくつかの情報を得て香港へ向かい、そこで因縁の相手・クライチェックと遭遇する。 「パイパー・マル」という船名は、スカリー役のジリアン・アンダーソンがシーズン2の途中で出産した娘の名前、パイパー・マルから取られた。
  • ボウリング場の店主がある女性を目撃するが、それは目撃したのと同じ時間に別の場所で殺された女性だった。やがて店主は持病の心臓発作で亡くなってしまう。モルダーは死に近い人が、幽霊を見るのではないかと推測する。スカリーも、別の殺された女性の姿を目撃していた。
  • ミシガン州の果樹園で農夫が地中に引きずり込まれるという不審な死を遂げた。警察は農夫の息子ボビーに疑いの目を向けるが、モルダーは違うと推理する。がしかしボビーは学校のクラスメイトに「お前も殺すぞ」と脅してしまう。
  • これまでの陰謀を巡る戦いにひとつの決着をつける話。このパート1は、C.S.マンのある人物への一連の流れの回想を聞かせるという形で描かれる。「ペイシェントX」でUFOに連れていかれたカサンドラが発見される。しかしながら彼女はすでに宇宙人と人間のハイブリッドの第1号として生まれ変わってしまっていた。
  • P.O.WはPrisoner of war=捕虜の意味。ベトナム戦争で捕虜になったティーガーは他人の視覚に盲点のように映りにくいという能力を持つ。捕虜になった自分たちがいることを知りながら見殺しにした軍の将校たちを襲っていく。
  • オープニングのスローガンは「Believe the Lie(偽りを信じよ)」。セント・エライアス山で氷漬けになった異星人が発見された。モルダーらは多大な犠牲を払いながらも異星人の遺体を手に入れる。だが、国防総省スタッフのグリッチュガウはそれは偽物で、これまでモルダーが手に入れた異星人の情報も全て嘘だと告げる。ゲッセマネとは、キリストが十字架に磔にされる前、神に最後の祈りをささげた場所である。
  • 人や牛が全身の血を抜かれて死亡する事件が発生。モルダーは吸血鬼の仕業と睨み捜査を行うが、最終的に捜査ミスを問われることとなる。モルダーとスカリーは各々の視点で事件を振り返る。
  • 銀行強盗逮捕のため、密告情報を得たスカリーはかつての同僚ウィリス捜査官とともに張り込んだ。撃ち合いの結果、強盗のデュプリは死亡、ウィリスは瀕死の重傷を負って病院へと運ばれる。まもなく息を引き取ったウィリスに、スカリーは電気ショックによる蘇生措置を施した。奇跡的に息を吹き返したウィリスだったが、となりのベッドにいたデュプリの霊魂が憑依してしまう。やがて捜査の現場に戻ってきたウィリスは、スカリーを伴い、デュプリの妻であり強盗の共犯者であるルーラを逮捕しに向かう。そこでウィリスが銃を向けたのは、ルーラではなく、スカリーだった。
  • 「ランプの魔神」の眷属である女性が、主人の三つの願いを聞きいれ叶えるものだが、その願いの解釈を捻じ曲げてかなえるため、結果的に不幸になるという喪黒福造的な展開になる話。モルダーが所有者になった時、恣意的な解釈をしないよう細かい条件を考えるところへ、スカリーが「問題を自分で解決してこそ意味があるのじゃない」と諭され、女性自身の幸せを願うものに変える。ラスト付近の「無人の街」は実際に町をワンブロック借り切って早朝に撮影した。
  • ハリウッドヒルズの高級住宅街で血液を抜かれた死体が発見された。他の2州で3人ずつが殺された事件との共通項――キリスト教における父と子と聖霊の「三位一体」をなぞった犠牲者の選び方――を見出したモルダーが捜査に乗り出す。捕まった容疑者は明かりを病的に恐れ、拘置所で日光を浴びた途端に急速な全身火傷を負って死亡した。吸血鬼の存在を確信したモルダーは、容疑者の足取りを辿って訪れたクラブで、謎めいた美女クリステン・キラーと出会う。 クリステン役のペリー・リーブスは当時、モルダー役のデビッド・ドゥカブニーの恋人であった。
  • スカリーに奇妙な電話がかかってきた。亡き姉の声で「彼女はあなたを必要としている」と告げる。発信元のシム家には幼い頃の姉そっくりな養女エミリーがいた。姉の子ではないかと疑うスカリーはその子のDNA鑑定を行う。
  • ワシントン州シアトル。ファストフード店員のルーシーが、仕事中に突然多量の鼻血を出して倒れた。意識を取り戻すまでの間、彼女は「誰にも邪魔させない……」といううわごとを呟き続けていた。全く同時刻、30kmも離れた街の反対側でエイミーという少女が自宅から誘拐され行方不明になる。ルーシーの衣服に付着した血液を分析した結果、ルーシー自身のものとエイミーのものとが混じっていることが判明。スカリーはそれを、ルーシーがエイミーの誘拐に関与している証拠ではないかと疑う。一方モルダーは、かつてルーシーも誘拐され5年もの間地下室に監禁されていた過去を持つことから、ある別の可能性を推測する。
  • コートジボワールでナバホ語が書かれた遺物が発見されるが、それをアメリカに持ち込んだ大学教授が殺害される。モルダーはその捜査で遺物の写真を手にすると、激しい頭痛に襲われ、他人の心が読めるようになるのだった。
  • オープニングのスローガンは「Amor Fati」。ラテン語で「Love of fate(運命の恋)」の意味。
  • 高級住宅地で何一つ不自由なく暮らす主婦が行方不明になった。カラスが現れ、鏡が割れたという証言を聞いたモルダーは魔術によって邪悪な存在が呼び出されたのではないかと推測する。
  • ワシントン州オリンピック国立公園の山中で、森林伐採の作業員30名が忽然と姿を消した。FBIは、森林伐採に強硬に反対する環境テロリストの仕業とみて、捜査を開始する。捜査を担当したモルダーは早速、スカリーと森林警備隊を連れ現地に向かう。そこでモルダー達は、繭に包まれ干からびた男の死体を発見する。それは作業員の死体であり、樹齢数百年の古木が伐採されたことにより出現した古代虫の仕業だった。
  • 大西洋、ニュージャージー沖を航行中のロシア貨物船内で、乗組員が何者かによって下水槽に引きずり込まれる事件が起きる。しばらく後、ニュージャージー州ニューアーク市の下水道でこの乗組員の遺体が発見された。スキナー副長官は「これはXファイルの事件だ」と直感し、モルダーを捜査に派遣。一方、遺体の解剖を行ったスカリーは、その体内から這い出してくる謎の寄生虫を発見する。その正体は、貨物船が積んでいた放射性廃棄物からの放射線により突然変異し、脊椎動物の特徴を併せ持つようになったプラナリア(通称フルークマン)であった。 このフルークマンに扮しているのは、本作の脚本も担当したことがあるダリン・モーガン。このフルークマンは第3シーズンの「プッシャー」にゴシップ記事として再び登場する。
  • エリア51の職員から匿名の情報提供があり現地へ向かうモルダーとスカリー。入り口で職員のモリスから尋問を受けていると頭上をUFOらしき物体が通り過ぎた。次の瞬間、モルダーとモリスの魂が入れ替わってしまった。
  • 睡眠研究の権威、グリッソム博士がニューヨークの自宅マンションで変死した。ミスターXから「博士が死亡直前に火事の通報をしていた」という情報提供を受けたモルダーは、同じ事件の捜査を先に申請したクライチェック捜査官と嫌々ながらも組んで捜査を始める。博士の遺体の皮膚には傷一つないのに、解剖結果からは火事による焼死としか考えられない。数日後、ブルックリンで別の変死体が発見される。外傷がないのに体内は銃撃で蜂の巣にされたように激しく損傷していた。その変死体とグリッソム博士との接点は、ベトナム戦争中のとある秘密実験にあった。 クライチェックの初登場エピソードである。
  • オープニングのスローガンは「Die Wahrheit ist irgendwo da drausen」。これは通常のスローガン「The Truth is Out There」(真実はそこにある)をドイツ語にしたもの。バミューダ・トライアングルで漂流していたモルダーは、ある船に救助された。その船は60年前に同海域で突然消息を絶った豪華客船クイーン・アン号だった。彼はタイムトラベルしていたのであった。その頃、現在の時間の中でモルダーが行方不明になった事を知ったスカリーはローン・ガンマンと共にFBI内を駆け回って糸口を探そうとする。最初スキナーに助けを求めるが断られ、カーシュのオフィスに行くとCSマンと会っている所に出くわしてしまう。さらにX-FILE課に行きスペンダーにも助けを求めるがカーシュとCSマンに密告され裏切られる。スペンダーが居なくなった後、ダイアナにかかってきた電話をスカリーが出て応対するが、その内容はスカリーの行動を告げるもので、ダイアナがシンジケートの一員であることを示唆するような内容だった。最終的にスキナーが協力し、スカリーが嬉しさのあまりスキナーにキスする。このエピソードでは監督であるクリス・カーターが一つのフィルム約10分程度のものを連続撮影して4つ繋げて1つの話にするという試みがなされた。そのため、映像の中ではシーンが途切れることなく連続して放送されているカメラ・ワークを見ることができる。
  • 傷痕を一切残さず心臓だけが摘出される、という世にも恐ろしい連続殺人事件が発生。フードを深く被った容疑者に襲われ、男の子が心臓をえぐり取られ殺害されたのだ。そんな中、何者かがモルダーのオフィスに封筒を滑り込ませていった。差出人不明の封筒には、炎に包まれた心臓を手に持ったレリーフの小さなペンダントが入っていた。やがて、捜査線上にモルダーの家の隣室に引っ越してきた若い作家、フィリップ・パジェットが浮上する。
  • 出産を間近に控えたある妊婦が、夜中に悪魔のような謎の化け物に襲われて無理やり子供を奪われてしまう。夢かと思われたが実際カーペットには大量の血が付着し、現実に起こった事件であると判明する。新婦の兄がXファイル課に提出した捜査依頼書を入手したモルダーは本来の業務をスカリーに押しつけて勝手に現地に行って捜査を開始する。この捜査依頼書はスペンダーが受け取ったそばからシュレッダーにかけたものをモルダーがゴミ箱を漁って紙に貼り付けて復元した。
  • 偶然目にしたカルテにスカリーはかつての不倫相手の名前を見つけ、心臓病で入院している彼を見舞う。自分への強い想いをどう受け止めていいか分からないスカリーの前に謎の女性が現れ仏堂へと導く。そこの仏堂でスカリーは不思議な幻影を目撃する。
  • フロリダ州の刑務所で、カリスマ的魅力を持った一人の黒人死刑囚が処刑された。その数日後、その男の独房で看守が変死。わずか一夜で大量のウジが発生し、腐乱死体となった。死刑囚が生き返ったという噂が流れる中、彼が死刑の間際に「必ず蘇って5人の命を奪う」という言葉を残していた事が判明。復讐される残りの3人の名前を知っていると言う囚人が現れ、減刑を条件に名簿の引き渡しを申し出た。
  • 老夫婦が惨殺されるという殺人事件が発生。地元警察が動物の犯行と主張する中、ドゲットと共に現場を訪れたスカリーは、現場に残されていた謎の爪痕を発見する。さらに殺人事件が増える中で、ドゲットは過去のXファイルから今回の事件と同じケースを発見する。そこには、コウモリの姿をした謎の半人半獣の化け物を射殺した被害者の写真が載せられていた。
  • 強盗殺人犯の少年たちが次々と殺害されていく。犯人は彼らの殺した男の姿をしており、その正体はユダヤ教に伝わる秘術で作られた土人形=ゴーレムだった。
  • バージニア州の公園で、白骨化した少女の死体が発見された。衣服の左胸の部分がハート型に切り抜かれていることから、現在服役中のジョン・リー・ローチがその犯人としてあげられた。13人の少女を次々に誘拐して殺害、戦利品として被害者の衣服をハート型に切り取って集めていた殺人鬼である。数日後、彼が犯行当時に使用していた車の屋根の内側から16枚のハートの布きれを発見され、追求したところ、そのうち1枚は モルダー捜査官の妹、サマンサのものであるという返事があった。ローシュ役でトム・ヌーナンが出演している。
  • シンジゲートが誕生するきっかけとなった、ロズウェル事件以来彼らが裏で行ってきた「異星人入植計画」の全貌が明かされる。ハイブリッドであるカサンドラが誕生してしまったことで、事態は急変し入植計画を急ぐシンジケート。そしてその先には思いもよらない結末が待っていた。
  • 高名なインターネットプログラマーが銃撃戦に巻き込まれ死亡した。それは彼らが組んだプログラムの反乱だった。
  • UFO飛来で有名な、アイオワのオカポジー湖で少女が行方不明になった。そして過去のX-ファイルには、少女の母親の名前がこの湖でのUFO目撃者として記録されていた。彼女の家を訪ねたモルダーとスカリーは、少女の弟がテレビのノイズ画面を見ながら、紙に0と1の数字を黙々と書き取る姿を発見した。彼は、テレビから姉のメッセージを受け取っているのだという。捜査の途中、少女の遊び仲間が現れ、失踪の夜少女はボーイフレンドに逢う予定だったと告げる。そして、その男も行方不明になっていた。不審に思ったふたりはふたたび湖へと向かい、この男の死体を発見する。
  • 廃棄物処理場に勤務していた男、レイが死亡した。葬儀の後、生前彼と関わりのあった人間が立て続けに不審な死を遂げる。奇妙なことに、すべての事件現場にはレイの指紋が残っていた。その頃レイの体は謎の金属製の物質に侵されていた。
  • オープニングのスローガンは「éí 'aaníígÓÓ 'áhoot'é」。これはナバホ語で「真実はそこにある」という意味。ニューメキシコ州でナバホ族の少年エリックが異星人の死体を発見。ワシントンでは体調不良のモルダーがロズウェル事件の真相を記したMJ-12のデータ、通称「MJファイル」を入手していた。モルダーは当初それを偽物と考えていたが、ナバホ語で書かれた暗号文書だと判明。モルダーを陥れるための陰謀が進行し、モルダーに忠告を与えた父ビルはクライチェックに殺され、モルダーに罪が擦り付けられる。スカリーの機転により、モルダーは怪我を負いつつも策謀を逃れ、ナバホ族居留地で採石場に埋められていた貨車から大量の異星人の死体を発見する。
  • ハイキングに行ったカップルが、数日後、白骨死体となって発見された。モルダーは、発見現場が不思議な光が発見されているブラウン山であることから異星人に関わる事件だと睨む。現場へ向かうと、洞窟の中で死んだはずのカップルを発見。二人は強い光に誘導され、異性人に拉致されていたという。その後、再び強い光が洞窟の中に差し込み、モルダーはその中へ突き進む。
  • 新興住宅地アルカディア・フォールスで奇怪な失踪事件が起こる。モルダーとスカリーは潜入捜査の為、主を失い現在は空き家となった家に夫婦として入居する。アルカディアの住人たちは好意的であるものの、そこの規則は異常なほどに細かく厳しいものであった。その規律の中心には「住民組合会長」なる者が居る。
  • 警察署で尋問中の容疑者が射殺される。男を撃った銃弾は、建物の天井から正確に男の頭部めがけて撃ち込まれていた。その後、男と金銭トラブルのあった町のねずみ駆除業者が浮かび上がるが、どうしても殺害方法が特定できなかった。
  • 全く同じ顔と背格好をした妊娠中絶の専門医が勤務する病院が放火され、医師が行方不明となる事件が3件続けて発生した。捜査を開始するモルダーにCIA局員が接触し、彼らはロシアのクローン人間だと告げる。捜査を続けるモルダーだが、父ビルに「緊急の用件」と呼び出され実家に戻ることに。そこには幼少の頃誘拐された妹サマンサの姿があった。一方、スカリーは殺された医師たちと同じ顔をした4人の男を保護する。しかしバウンティーハンターは、変身能力を巧みに利用して、留置場に保護されていた医師たちをも暗殺。彼の魔手はついにスカリーにまで伸びようとしていた。
  • バージニア州の刑務所で終身刑の受刑者2名が脱獄する事件が発生し、モルダーとスカリーが捜査に向かう。ところが刑務所内で二人が見たのは、全身を防護服で固めた複数の人間が、独房棟の囚人を防疫カプセルに入れて運ぶ光景。刑務所は既に軍の管理下に置かれており、CDCの医師と名乗る男性も、刑務所は完全に隔離されたと告げる。スカリーは刑務所に残って事態の解明を図り、モルダーは地元の保安官と協力して脱獄犯を追跡する。やがて、刑務所では感染から36時間以内に100%死亡する深刻な伝染病が発生していたことが判明し、大きな陰謀が浮かび上がってくる。
  • ウィスコンシン州で、深夜、山中に巨大な火の玉が出現。駆けつけた森林警備隊員が何者かに襲われ死亡した。同時刻、空軍の宇宙監視センターのレーダーが未確認飛行物体をとらえた。物体は山中に落下した模様。軍は事件を隠蔽するが、現場で回収作業をする兵士たちが謎の存在に襲われていく。調査に向かうモルダーは軍により拘束されそこでUFOによる誘拐経験者のマックスと知り合う。マックスは再び異星人に誘拐されると逃亡するが異星人を捕らえるため軍にも追われる。モルダーはマックスを助けようとするがその眼前でマックスは異星人に誘拐される。
  • オープニングのスローガンは「The End」。スナイパー役をマーティーン・フェレロが演じている。
  • かつてスカリーが異星人に誘拐されたスカイランド・マウンテンで大量の焼死体が発見された。ロシアでも同様の事件が起こっており、シンジケートも対応に苦慮していた。異星人に否定的になっていたモルダーはUFOによる誘拐経験者カサンドラに引き合わされる。しかしある夜、カサンドラやスカリーら誘拐経験者は引き寄せられるようにダムに集う。
  • テキサス州のアランザス港に全身の9割に火傷を負った死体が流れ着く。検死の結果、メキシコ湾に浮かぶ採油基地の従業員であると判明。さらにその死体からはブラックオイルが発見される。連絡を取ろうとするスカリーだが、無線が通じず、現場に向かったモルダー、そしてカーシュ長官代理から特命を受けたドゲットはすでに現場に向かってしまっていた。
  • モルダーはある朝起きるとロードアイランド州のモーテルのベッドで血だらけのシャツを着ていた。スカリーを呼び出し、自分の身に何が起こったのかを調べていく。モルダーの頭の中には過去のサマンサやスモーキングマンのイメージがフラッシュバックし、彼はこの記憶を取り戻そうとするが。
  • 埠頭に放置されていた車から女性の変死体が発見された。全身はゼリー状の物質で覆われており皮膚は完全に溶解していた。スカリーが検死を行うことになるが、保管庫の中で遺体の溶解はさらに進み、筋肉も内臓もほとんど液化、骨まで浸食され脆くなっていた。検死の結果、体脂肪が極度に消失して体重が生前に比べ20kgも減少していると判明。ゼリー状の物質からは胃液の2倍という高濃度の塩酸とペプシンなどの消化酵素が検出された。被害者が出会い系チャットフォーラムを利用していたことを手がかりに、モルダーたちは捜査を展開する。
  • 第5シーズンに登場したXファイルの創始者である、アーサー・デールズの依頼を受けて、フロリダ州に向かったモルダーとスカリー。そこはハリケーンに襲われている真っ只中であった。デールズによれば、このハリケーンの最中に知り合いの海洋学者が得体の知れないものに襲われて消息を絶った、というものであった。捜査を進めながら、二人はとあるコンドミニアムに避難するが、そこにはまだ何人か住人たちが残っていた。そんな状況下で彼らは深海生物と思われる何ものかに襲われる。
  • 産休に入ったスカリーと交代で配属されたのは経理担当の女性捜査官。ニューヨーク州での殺人事件の捜査中、不気味な粘液を手がかりに犯人を追うドゲットは彼女と事件のあった森林地帯の中にあった巨大な洋館にたどり着くものの、そこで消息を絶ってしまう。粘液の検査をスカリーに任せ、モルダーはFBIとは別に個人で調査を開始する。
  • ニュージャージー州のアトランティック・シティで、人間の歯形がついたホームレスの死体が発見された。モルダーは過去のX-ファイルをひもとき、1947年にもこの地域で同様の事件が起きていたことを知る。200年以上も前からニュージャージー州に伝わる伝説の野人、ジャージー・デビルの仕業なのか?聞き込み捜査を開始したモルダーは、他にもこの野人を目撃したという証言を複数得る。観光都市のイメージダウンを嫌う地元警察による妨害に遭いながら、モルダーはホームレス居住区で張り込みを敢行、ついに、裸同然で素早く走る野人の姿を確認する。しかも、その野人は女だった。
  • CSマンはモルダーをシンジゲートに引き込むためにスカリーの治療法を教え、サマンサに引き合わせる。CSマンの行動に不信感をつのらせるシンジケートメンバーは部下にCSマンの暗殺を命じた。
  • ミネソタ州ミネアポリス付近で、埋葬されたばかりの若い女性の遺体が次々に冒涜されるという事件が発生した。犯人は葬儀屋の従業員をクビになった死体フェティシストの男性、ファスター。遺体の頭髪や爪を収集する彼の病的な欲望はエスカレートし、遺体を調達するための殺人を繰り返すようになり、ついにスカリーに狙いを定めて接近し始める。モルダーに輪をかけたようなオカルトマニアの地元刑事が登場し、その推理に呆れたモルダーが現実的な推理を展開する珍しいパターンの話。
  • スカリーがバウンティーハンターに誘拐された。彼はスカリーと引き換えにサマンサの身柄を要求する。FBIは二人を助けるために奮闘するが、サマンサの命は失われ、バウンティーハンターの確保にも失敗。冷たい川から引き上げられたサマンサの遺体は、スカリーの目の前で急激に腐食し、緑色の液体となって溶け落ちていった。サマンサの置き手紙からある研究施設を訪れたモルダーは、サマンサのクローンと名乗る女性たちに出会うが、その施設もバウンティーハンターに襲撃・破壊されてしまう。一縷の望みをかけてミスターXに接触したモルダーは、秘密を暴くために氷に閉ざされた北極海へと独り赴く――。
  • かつてモルダーが検挙し、4年前に獄死したはずの連続殺人犯バーネットから、復讐を誓う挑戦状が届いた。筆跡鑑定の結果、間違いなく本人の字であり、しかも48時間以内に書かれたものであった。バーネットの消息を追ううちに、モルダーは刑務所で遺伝子操作の実験をしていた医師の存在を突き止める。この医師は、早老症の治療を研究するうちに、人間を若返らせることに成功したのだという。そして、その実験台にバーネットが使われたのであった。復讐に燃えるバーネットは、モルダーの元の同僚を殺害し、今度はスカリーを標的に選んでいた。モルダーは一計を案じる。
  • ジェットエンジンの風洞実験が行われている研究室で、実験中に科学者が死亡した。現場にいたのは、IQ70にも満たない知的障害者の清掃員ローランドのみ。翌日、今度は違う科学者が殺され、数年前に死亡した天才科学者アーサー・グレーブル博士のコンピューター・ファイルが開かれていた。実はアーサーとローランドは双子の兄弟だったのである。アーサーの脳は来るべき脳移植の時代に備え、冷凍保存されていた。アーサーの脳は生きていて、ローランドの体を操り、エンジンの研究と邪魔者の殺人を行っていたのだ。双子は遺伝子の組み合わせが等しいため、霊的な絆が強いと言う。日本の地上波では未放映。
  • 未来を嘱望された男子高校生のブームが、首吊り死体となって発見される。その葬儀の真っ最中、モルダーとスカリーも見ている前で棺が突然炎上した。遺体を発見した同じ高校のチアリーダー、テリーとマージは「悪魔教の信者に襲われた」と証言。2人の言葉は一字一句に至るまで不自然なほど一致していた。さらに高校内でバスケット部の高校生が可動式観客席に巻き込まれて事故死。街全体が流言パニックによって不穏な空気に包まれ、モルダーとスカリーもなぜか普段の冷静さを失って喧嘩別れしてしまう。ブームの遺体に山羊の頭のように見える傷がついているのを見つけたモルダーは、街の占星術師を尋ね、84年に一度の悪い星回りがこの土地に影響を与えていることと、1979年の同日に生まれたテリーとマージが最も強い影響を受けていることを知る。 原題の「syzygy」とは、占星術用語で「地球と太陽と月が直列になる状態」を意味する。
  • ある会社員がリストラを宣告され、その後偶然交通事故に遭遇する。現場に立ちすくしていると、その炎上した車から炎に包まれた人影が現れ自分の体に乗り移るという幻を見る。その直後、リストラを宣告した上司と秘書が焼死体で発見される。その死体を見たモニカ・レイエスは、ドゲットの息子が殺害された時にみたものと同じ幻をイメージする。
  • 第66話でモルダーに逮捕された殺人鬼プッシャーが脱獄した。彼の裁判にかかわった判事が殺され日本語で「狐狩り」とメッセージが残されていた。モルダーは再びプッシャーを追う(狐とは、モルダーのファーストネーム・フォックスを指している。つまり、モルダーを殺すという予告を意味する)。
  • オープニングのスローガンは「TRUST NO ONE(誰も信じるな)」。これは作中のディープ・スロートの遺言。警察と激しいカーチェイスの末、海に飛び込んだ男の傷口からは、緑色の体液が流れていた。男が乗っていた車の持ち主は、ベルービ博士という遺伝子研究の専門家であった。モルダーらは博士を訪ねるが、博士は事実関係を否定した直後に死亡してしまう。スカリーは博士の研究室から押収したフラスコの中身を分析するが、それは地球上には存在しない細菌だった。一方、ベルービ博士の背後関係を洗うモルダーは、とある倉庫にたどり着き、水槽の中で生息する奇妙な人間を発見する。しかし、翌日にはすべての証拠は隠滅されており、ディープ・スロートが政府筋の仕業であることをほのめかす。
  • ローン・ガンメン結成と彼らがモルダーと最初に出会うエピソード。
  • アンダーソンが別のテレビドラマ収録の為、スカリーは登場しない。スカリーを癌から救うべく、CSマンと取引をしたスキナーは、彼の命令により、変死事件の証拠隠滅を図る。そこで撲滅したはずの天然痘ウィルスを運ぶ蜂を発見する。同シーズン「支配者」の後日談であり、それと同時に映画版をつなぐようなエピソードにもなっている。
  • 精神病院から医師を人質に取って脱走した男、デュエイン・ベリー。彼は常日頃から「自分は宇宙人に誘拐され、操られている」と主張していた。拳銃を持って旅行代理店に立てこもったベリーに対し、交渉要員としてモルダーが現場に派遣される。一方、元FBI捜査官であるベリーの経歴を調べたスカリーは、彼がかつて銃撃による前頭葉損傷を受けたことを突き止めた。宇宙人に関する一連の発言は妄想によるものと考え、彼の言葉を信じないようモルダーに警告を発する。
  • メリーランド州ボルチモアのオフィスビルの密室で殺人事件が発生する。被害者は肝臓を素手で抉り取られていた。程なく青年ユジーン・トゥームズが容疑者として逮捕される。1903年から30年おきに全く同種の事件が発生していることを調べたモルダーは、ユジーンが冬眠を繰り返しながら100年以上生きているミュータントで、再び冬眠に入るために人間の肝臓を狙っていると推測する。最初の事件の発生の地であり、ユジーンの生家である廃屋のマンションを探索したモルダーは、古紙で造られた「巣」を発見し確信を深める。しかしユジーンの脅威はスカリーにも迫っていた。
  • 「Memento Mori」とはラテン語で「汝は死を覚悟せよ」の意。スカリーが癌に侵された。かつて出会ったUFOサークルのメンバーも癌に侵されていたことを思い出したスカリーは、再びメンバーと接触する。
  • UFOカルト教団に潜入捜査していたFBI捜査官がウィリアムを殺そうとする。その男の所持品の中にUFOの破片があった。スカリーは息子を守るためウィリアムをローン・ガンメンに託す。
  • 男の腕に彫られた女性の顔のタトゥー、そのタトゥーが男を殺人鬼に変える。タトゥーの声は本作のファンでもあるジョディ・フォスターが担当。エドワード・ジャーズ役はロドニー・ローランドである。
  • ウェストバージニア州のある町で、『スター・ウォーズ』ファンの女性が尻尾のある赤ん坊を産んだ。それは尾肢と呼ばれるものだったが、その町では他に4人も尻尾をもつ赤ん坊が生まれていた。
  • 体中に火傷を負った男がXファイル課に侵入し拘束された。モルダーと同じDNAを持つその男は異星人の陰謀を暴く鍵を求めてXファイル課に侵入したのだった。ドゲットは彼こそがモルダーその人ではないかと疑うが、その正体はジェフリー・スペンダーだった。スペンダーは異星人の血を引くスカリーの息子にマグネタイトを注射し、なんの変哲もないただの「人間」にする。それは自分を異星人の実験台に提供した父、CSマンへの復讐でもあった。
  • ローン・ガンメン初登場エピソード。E.B.Eとは地球外生命体(Extraterrestrial Biological Entity)のこと。軍がUFOを撃墜する。現場近くに出くわしたトラック運転手が何か知っているとにらんだモルダーは行動を開始した。宇宙人にまつわる陰謀の核心に触れたエピソード。イラク上空に出現したUFOをイラク空軍が撃墜。NATOが回収した残骸と異星人を、米軍がトラックで移送しているらしい。情報を得たモルダーとスカリーは、トラックの運転手に接触するが、何の情報も得られない。積み荷の行方を追うモルダーに、ディープ・スロートが新たなUFO飛来の情報と写真をもたらした。しかし、スカリーの冷静な分析で、その写真は偽物であることが判明モルダーはディープ・スロートに偽の情報を流した意図を説明しろと迫る。異星人の存在を裏付ける物的証拠に遭遇する千載一遇のチャンスに巡り会ったモルダーは、とうとう、積み荷の最終目的地へたどり着く。
  • 原題の「Redrum」は殺人(murder)の回文である。まったく身に覚えのない妻の殺害容疑で逮捕された検察官の男。護送の途中、男は撃たれて死んだ…はずだったが、目覚めると前日の朝になっていた。自分の時間だけが逆行していることに気付いた男は、真犯人を押さえ、妻殺害を防ごうと決心し旧友のドゲットに協力を依頼する。検察官を演じるのはジョー・モートンである。
  • 女性たちの頭の中に「叫び魔」がいると思い込む男が、誘拐・監禁して脳をいじり廃人にしていく。
  • スカリーの出産が迫り、彼女の主治医だったレブとパレンティが代替人間となったビリー・マイルズに殺された。ビリーに狙われるスカリーを救ったのは、かつて彼女の子を殺そうとしたクライチェックだった。
  • ウィリアムがUFOカルト教団に誘拐された。FBIを信じず独自に捜査を続けたスカリーが見たものはUFOの発進によって壊滅したカルト教団だった。
  • Xファイル課創設前の1990年、モルダーは元捜査官のデールズに話を聞きに行く。モルダーの名を叫び死んだ男のことと、彼のそばにあった内蔵を抜かれた死体に興味を持ったからだ。デールズは赤狩りの時代に行われていた政府の異種移植実験と、国務省時代のモルダーの父について話す。モルダーがXファイルの存在を知るエピソード。
  • 遊園地で2歳の男の子がミニ機関車にひかれて死亡した。事故の直前に撮られた写真には、彼が無邪気に風船を追いかける様子が映っていたが、空高く舞い上がるはずのそのヘリウム風船は、まるで彼を線路上へおびき寄せるように水平に移動していた。男の子はずっと体調不良で何度も医者にかかっていたことから、スカリーは男の子の母親が代理ミュンヒハウゼン症候群を患って男の子を虐待していたのではないかと疑う。しかし長男の目の前で、父親とルーマニア人の祖母が相次いで死亡。ルーマニアの伝統的信仰を受け継ぐ祈祷師「カルサリ」が、長男にとりついた悪魔と戦う。
  • モルダーはユジーンを逮捕することに成功した。だがユジーンは数ヵ月後の再審理で保護観察付きの釈放を言い渡される。自由の身となったユジーンは、冬眠に必要な残りの肝臓を狙い、再び動き出す。そしてモルダーとスカリーは二手に分かれ捜査を続行し、ユジーンを追い詰める。スキナー副長官の初登場エピソード。
  • フロリダ州北部の広大な森林地帯で、二人の測量士が作業中に何者かに襲われ行方不明になる。そして後日、狩猟で森に来ていた父子が同様に襲われ、父親が行方不明に。FBIの研修へ向かう道中、偶然現場の近くを通りかかったモルダーは事の顛末を聞き興味を憶える。独断でスカリーを連れて地元警察と捜査を始める中、深夜、子供が再び何者かに襲われるという事件が発生する。探索の為森に入るものの、次々にメンバーが何者かに襲われていく。
  • モルダーのデジャ・ヴ。一人の女性が繰り返される月曜日から抜け出そうと試む。
  • テログループの一員として働いていたクライチェックを逮捕したモルダーとスカリー。彼の情報でロシアから持ち込まれた鉱物を手に入れるが、その鉱物を巡って殺人事件がおきる。スカリーは研究所に鉱物の分析を依頼するが、分析を担当した科学者が鉱物の中から出てきたブラックオイルに感染し意識不明になる。モルダーは鉱物の正体を知るためにロシアのツングースカへ飛ぶが、秘密実験場で捕まり、ワクチン開発実験の実験体としてブラックオイルに感染させられてしまう。
  • 同じクリス・カーター製作総指揮のテレビドラマ『ミレニアム』のクロスオーバーエピソード。FBIに協力する組織として『ミレニアム』から派遣された人物フランク・ブラック(同テレビドラマの主人公)が出演する。
  • スカリーの父親が急死した。悲しみをこらえ、仕事に取り組むスカリーが新たに直面した事件は、連続誘拐事件。犯人のこれまでの手口から、早く救出しないと被害者が殺害されるのは明白だった。そこへ、死刑執行を1週間後に控えたボックスという死刑囚から、自分の持つ豊能力によって誘拐犯の居場所を教えるとの連絡が入る。彼は、それと引き替えに死刑の中止を要求してきたのだ。ふたりは半信半疑でボックスと面会する。モルダーはこの死刑囚の言葉を真っ向から否定するが、スカリーは、ボックスが両親の結婚式に流れた父の好きな歌を口ずさんだため、この男を無視することができなくなった。
  • 不治の病を治すといわれ、救世主としてあがめられる少年サミュエルが、最近治療を施した少女が死亡してしまった。この出来事にショックを受けたサミュエルが姿を消す一方で、かねてからサミュエル一派に反感を抱いていた保安官が、彼らを殺人罪で告訴しようと、モルダーらに捜査を依頼する。やがてサミュエルは逮捕されるが、モルダーは彼が自分の妹サマンサのことを言い当てたことに驚き、サミュエルの力は本物だと確信する。法廷では無罪になったサミュエルだが、彼の治療を受けに来た車椅子の少女に手をかざしたとたん、またもや少女が死亡してしまい、再び留置されてしまった。
  • 自分が何者かに狙われていると信じてしまい、自殺未遂を繰り返すスタンズ中佐。彼の妻子は自宅の火災で死亡していた。「奴が妻と子供たちを殺した、奴が死なせてくれない、生きて苦しみを味わわせる気だ」という中佐に、スカリーは典型的な戦争後遺症という見立てをする。彼が入院した陸軍基地内の病院では、戦傷により後遺症を負った元兵士たちのリハビリプログラムが行われていたが、リハビリをかたくなに拒否し歪んだ嘲笑をぶつける四肢欠損の元兵士がいた。やがて基地の最高責任者である将軍の部下が、次いで幼い息子が不審な死を遂げる。
  • カリフォルニアでアンバーリンという少女が、寝室から忽然と姿を消した。行方不明事件がサマンサと何らかの関わりがあるものと信じるモルダーは捜査に乗り出す。捜査を進めるモルダーのもとに母ティナが自殺したとの知らせが届く。
  • モルダーの葬儀から3ヵ月後、UFOに誘拐されたビリーが水死体で発見され、検死解剖直前に息を吹き返す。モルダーにも同じことが起こっていると考えたスキナーは墓を掘り起こしモルダーを入院させる。クライチェックはモルダーが宇宙由来のウィルスに感染しているとスキナーに伝え、スカリーの出産を阻止することを条件にワクチンの提供を申し出る。クライチェックからのワクチン奪取は失敗するが、モルダーの体温が急激に低下したことでウィルスは死滅する。
  • 作家のホセ・チャンが登場、後に『ミレニアム』第31話「最期の審判」(Jose Chung's Doomsday Defense)に登場する。カップルがUFOにさらわれた事件を担当していたモルダー捜査官の元に、新境地を模索していた作家のホセがインタビューを申し込む。事件ではメン・イン・ブラックまで出てくる大騒ぎとなったが、後の調査で異星人が元軍人による変装だったことが判明する。実は米軍は、「恐怖の対象に攻撃を仕掛けない」という本能を利用して、宇宙人説を隠れ蓑に軍事演習をしていたという。モルダーがインタビューを断ったため、その代わりにスカリーが出向いた…という設定で進む回想形式のエピソード。 様々な有名作品のパロディやオマージュを詰め込んだ、コメディタッチのエピソードである。元ネタは「スター・ウォーズ」、「未知との遭遇」、「ツイン・ピークス」など。
  • モルダーと同時期に誘拐されたテレサが瀕死の重傷でモンタナで発見された。モルダー捜索の手がかりになると考えたドゲットとスカリーは現場へ向かう。ところがテレサはカルト教団に連れ去られ、そこで異星人スミスの癒しの力により治癒していた。そして教団から程近い場所でモルダーの遺体が発見される。
  • ノルウェー沖で米軍の駆逐艦が遭難。42時間後、付近を漂流していた救命ボートが発見されたが、乗っていたのは瀕死の老人18名だった。指紋照合により、そのうちの1名が28歳の海兵隊員と判明するが、外見は90歳の老人のように全身皺で覆われていた。現地へ飛んだモルダーとスカリーは駆逐艦に乗り込み調査を開始するが、艦は何十年も放置されていたかのように錆び果てていた。戻る手段を失い艦に取り残されてしまった二人にも急速な老化の兆候が現れる。「フィラデルフィア計画の再来か?」等と推理が錯綜し、老化現象により体力も低下していく中、スカリーは医師としての知識と分析能力を総動員して原因の解明を試みる。
  • アラスカの研究所で科学者たちが互いに殺し合い、全員が死亡するという事件が起きた。モルダーとスカリーは真相を解明するために、他の科学者たちと現地へ急行。そこには、死んだ科学者たちが採取した25万年前のアイスコアのサンプルと、一匹の犬だけが生き残っていた。まもなく、この犬に噛まれたパイロットが暴れ出し、死亡した。体内からは不気味な幼虫のような生物が摘出された。地球外生命体の可能性があるこの生物が、研究者たちの死亡の原因であることが明らかになり、これを確保しようとするモルダーと、撲滅を主張するスカリーは口論の末互いに銃を向け合った。
  • ニューヨーク州バッファローの街角で、迷子の少女が保護された。ところが、身元を聞き出そうと質問していた刑事が、取り調べ室の窓を破って転落死。室内にはふたりきりだったはずなのに、少女はもう一人の男がいたという。少女の証言をもとに作成したモンタージュは、かつて同じ警察署に勤め、9年前に殺された刑事にそっくりだった。モルダーたちが、転落死した刑事と似顔絵の刑事の関係を洗っていると、またもや不審な死亡事故が起きた。バスが、ドアにマフラーを挟んだまま走行、首を絞められて男が死んだのである。そして、そのバスの車内には、少女の姿があった。
  • 智天使の4人の娘の魂を悪魔が狙う。
  • 「二世」からの連続エピソード。オープニングのスローガンは「APOLOGY IS POLICY(謝罪は真実を抹殺する)」。アメリカ政府の列車に潜入したモルダーは、連結されている秘密車両の責任者である日本人医師シロウ・ザマを捜すが一足遅く、ザマことイシマルは車内で暗殺され、モルダーは彼を暗殺したNSAのエージェントと一緒に、証拠隠滅のための時限爆弾が仕掛けられた隔離車両へ閉じ込められてしまう。一方、スカリーは自身の首に埋め込まれていたチップを調べ、それを製作した日本企業を突き止める。それは存在していない企業であり、宅配便記録から割り出したウェストバージニア州のハンセン病隔離収容所跡地で、スカリーはイシマルたち旧日本軍731部隊の生き残りによる忌まわしい実験の犠牲者を発見する。
  • アイダホ州フェアフィールドで、深夜に道路工事の作業員が死亡する事件が起こる。作業員の肋骨は、何か巨大なものに押し潰されたかのようになっていた。翌朝、フェアフィールド動物園で飼育されている「ガネシャ」という雌の象が、70kmほども離れた路上で発見されすぐに衰弱死した。作業員は透明な象に踏みつぶされたのか? 様々な可能性を検討する中で、スカリーはガネシャの検死解剖を行い、ガネシャがつい最近まで妊娠していたことを突き止める。だが子宮内に胎児はいなかった。今まで全く施設内での繁殖例がなかったこの動物園でいったい何が起こっているのか。その鍵を握っていたのは、1000語もの手話のボキャブラリーを持つ雌のローランドゴリラ「ソフィー」だった。 ジェイン・アトキンソンが獣医役で出演。
  • ラスベガスで開かれている秘密兵器会議を探っていたローン・ガンメン。かつてXに誘拐された科学者スザンヌ・モデスキーをカジノで見かけ、彼女を救うため、スカリーを巻き込んで活動を開始する。
  • ディープ・スロートは「内部告発者」の意。このエピソード以降、現れる謎の男のこと。UFO目撃のメッカ、アイダホ州のエレンズ空軍基地で、軍のテストパイロットが逃走し、やがて精神異常を理由に施設に収容されるという事件が起きた。モルダーは同様の事件が過去もこの地域で頻繁に起きていることを突き止め、不審に思って付近の聞き込みを始めた。ところが、政府筋の極秘情報を握っていると思われる謎の男が突然モルダーの元に現れ、捜査から手を引くよう促す。後に家族の元に帰ってきたパイロットに面会したモルダーは、この男の記憶に”人為”が施されていると確信し、地雷に囲まれたエレンズ空軍基地に潜入した。彼はそこで不思議な軌跡で飛ぶ、謎の飛行物体を目撃する。
  • フィラデルフィアでキャッシュ・ディスペンサーを利用しようとした女性が暴漢に襲われた。やがて犯人は路上で死体となって発見されたが、外傷ひとつ無いのに内部から首の骨を砕かれているという不思議な死に方をしていた。捜査を開始したモルダーとスカリーは、キャッシュ・ディスペンサーの防犯カメラに映っていた映像を調べた結果、被害者の女性と犯人以外の、別の人間の人影が横切っているのを発見する。そして、この女性のまわりには、他にもいろいろと不思議な現象が起こっていることが判明し、モルダーは超常現象による事件だと確信する。
  • ドゲットの田舎に身を隠したスカリーをビリーが襲撃する。モルダーとドゲットも代替人間のノエル・ローラー、ジーン・クレーンに命を狙われる。クライチェックもモルダーを殺そうと企むがスキナーに射殺される。そしてスカリーは異星人たちに見守られながら無事に男児を出産する。名はウィリアム、それは故人となったモルダーの父からとられたものだった。
  • 女性と一緒にホテルにチェックインした男が死体で発見された。女性の身元を探るべく防犯カメラの映像を調べると退室したのは男の姿だった。さらに被害者の体から、通常の何百倍もの濃度のフェロモンが検出、事件は超常現象の匂いを漂わせ始める。モルダーとスカリーは、現場に残されていた粘土をヒントに、現代文明を拒絶し、郊外で集団生活を営む宗教団体の集落を訪れる。表向きには友好的だった教徒たちだったが、夜になると納屋の奥で不思議な儀式が催され、不気味さは否が応でも高まってくる。そして儀式の最中、死んだ男が女として生き返るのをモルダーは目撃した。"Gender Bender"は自動車追突事故の加害者の俗称(フェンダーを曲げるので)"Fender Bender"をもじったもので日本語で「おかまを掘る」と言われる通り性的な仄めかしも読み取れる。クライチェック役のニコラス・リーが端役で出演。この回での演技が評価され、後にクライチェック役に抜擢される。
  • 第8シーズンのエピソード「孤立」で産休に入ったスカリーの代理としてXファイル課担当であったレイラ・ハリソンが再登場。彼女が偶然目を通した猫の奇妙な死骸は、自ら体をかきむしる様にして絶命しており、興味を覚えたレイラはこれがXファイルであるとしてこの事件を持ち込む。ドゲット・モニカ・レイラの三人でとある雪山の山荘に向かうが、そこに住む少年の想像力が不気味なモンスターを生み、三人は様々な恐ろしい体験を味わうことになる。
  • バージニア州のハイテク高層ビルで、新任の会長が感電死した。完全な密室での出来事で、手がかりが全くないため、担当捜査官はモルダーに協力を要請してきた。現場を検証したモルダーとスカリーは、そのビルが、コンピューターによる極めて高度な集中管理システムを採用していることを知る。このシステムの開発者である天才科学者で、最近解任されたばかりの前会長を重要参考人として聴取したふたりは、このコンピューターの人工知能が、予想を遥かに越える性能であることを知らされる。事実、このコンピューターはすでに自分の意志を持ち、暴走を始めていたのである。
  • 鍵のかかった車内で大量の蛇にかまれた死体が発見された。モルダーとスカリーは被害者が所属していたカルト教団を捜査する。二人は教祖が犯人だと確信するが、教祖も蛇にかまれ重体となってしまう。
  • カスケード山脈の活火山研究所から遭難信号が発信され、連絡が途絶えた。火口探査ロボット「ファイアーウォーカー」のカメラ映像には、火口内に倒れた研究グループの一員と、何らかの動く影が映り込んでいた。ヘリで研究所に向かったモルダーとスカリーは、研究グループの生存者3人と出会う。グループのリーダーであるトレプコス博士が火口内で何かを発見し、それ以来正気を失って調査資料を破棄し通信施設やファイアーウォーカーも破壊したというのだが……。
  • ウィスコンシン州の精肉業が盛んな町で少年少女が行方不明になり、翌日「HE IS ONE(彼が証人だ)」という文字が背中に書かれた状態で現れる事件が起こる。町には「赤の記念館」という、肉食を忌避する新興宗教の集団生活施設があり、保安官は彼らを疑う。しかし事件は「三角フラスコ」で登場した抗体を用いた人体実験が絡んでいると分かり、証拠隠滅のためディープ・スロートを殺した男が動き出す。
  • ドゲットの息子が殺された事件の真相が明らかになる。密告によりドゲットは赴いた廃屋で女性の死体を発見した。FBIアカデミーでスカリーの教え子ヘイズは検死の際、恐るべき洞察力で殺害状況を分析、犯人を特定する。さらに「犯人はドゲットの息子ルーク殺しと関係がある」と断言。ドゲットはヘイズに協力を依頼し息子殺しの真犯人を捕らえようとする。ドゲットの元妻をロバート・パトリックの妻であるバーバラ・パトリックが演じている。
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writtenby
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『Xファイル』(The X-Files)は、1993年9月10日から2002年5月19日までフォックスより放送されたアメリカ合衆国のSFテレビドラマである。シリーズは全202話におよび、FBI特別捜査官のフォックス・モルダー(デイヴィッド・ドゥカヴニー)とダナ・スカリー(ジリアン・アンダーソン)が「Xファイル」と呼ばれる超常的な事件に挑む姿が描かれる。第8シーズン以降はドゥカヴニーとフォックス側が出演料を巡って争ったために彼の出番は減少した。番組はクリス・カーターが企画し、R・W・グッドウィン、フランク・スポトニッツ、ハワード・ゴードン、ヴィンス・ギリガン、ジョン・シャイバン、キム・マナーズ、グレン・モーガン、ジェームズ・ウォンらと共に製作総指揮を務めた。第1シーズンから第5シーズンまではブリティッシュコロンビア州バンクーバー、第6シーズン以降はカリフォルニア州ロサンゼルスで主に撮影された。第4シーズンまでは毎週金曜午後9時(EST)、第5シーズン以降は日曜午後9時(EST)に放送された。各エピソードはコマーシャルを除いて約45分、標準画質で放送された。1998年に第5シーズンと第6シーズンの間を描いた映画『Xファイル ザ・ムービー』。2008年にはシリーズ完結後を描いた映画『Xファイル: 真実を求めて』がそれぞれ公開された。2000年以降、20世紀フォックス・ホーム・エンターテインメントより全エピソードがDVD化された。他にiTunes Store、Amazon Instant Video、Hulu、ネットフリックスでダウンロード販売も行われた。番組はゴールデングローブ賞、サテライト賞などを受賞している。出演者のうち、特にドゥカヴニーとアンダーソンの演技が高く評価された。
rdfs:label
  • Xファイルのエピソード一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:episodeList of
is foaf:primaryTopic of