Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Xバー理論(エックスバーりろん、英:X-bar theory)は、言語学において、全ての自然言語に共通する統語論的要素を識別しようとする理論。Xバー式型(X-bar schema)と呼ばれる構文木を用い、あらゆる自然言語のあらゆる句を XP という構図、およびその組み合わせで示すことができるとする。1970年にノーム・チョムスキーが提唱し、レイ・ジャッケンドフがさらに発展させた。なお、Xバー理論は、あくまでも句構造文法という枠内における理論で、依存文法には適用されない。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2742081 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48557906 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Xバー理論(エックスバーりろん、英:X-bar theory)は、言語学において、全ての自然言語に共通する統語論的要素を識別しようとする理論。Xバー式型(X-bar schema)と呼ばれる構文木を用い、あらゆる自然言語のあらゆる句を XP という構図、およびその組み合わせで示すことができるとする。1970年にノーム・チョムスキーが提唱し、レイ・ジャッケンドフがさらに発展させた。なお、Xバー理論は、あくまでも句構造文法という枠内における理論で、依存文法には適用されない。
rdfs:label
  • Xバー理論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of