Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Xクラブ(エックスクラブ)は、19世紀後半のイングランドで自然選択説と学問の自由を支持した9人の男性による非公式のダイニングクラブであった。トマス・ハクスリーが創始者で、1864年11月3日の初めての会合を呼びかけた。クラブは7、8、9月を除き、月に一度ロンドンで会食した。クラブは1864年11月から1893年3月まで続いた。彼らはイギリスの科学界に幅広い影響を与えたと考えられている。クラブのメンバーは医者・古生物学者ジョージ・バスク、化学者エドワード・フランクランド、数学者トマス・ハースト、植物学者ジョセフ・ダルトン・フッカー、トマス・ハクスリー、考古学者ジョン・ラボック、哲学者ハーバート・スペンサー、数学者・物理学者ウィリアム・スポティスウッド、物理学者ジョン・ティンダルである。クラブが結成される前からすでに彼らは知り合いだった。1860年代までに個人的な親交は社会的なネットワークに変化した。彼らはしばしばともに食事をし、ともに休暇を過ごした。チャールズ・ダーウィンの『種の起源』が1859年に出版された後、彼らは博物学と自然主義を守るためにともに活動を始めた。1860年代初頭に台頭した英国国教会の自由主義神学運動の指導者を個人的、公的に支援した。彼らによれば、クラブはもともと個人的な親交が疎遠にならないように、そして神学的な影響から科学の独立性をどのように維持するか議論をするために始まった。クラブの主要な目標は、専門的な科学の実践のためにロンドン王立協会を改革することであった。1870年代と1880年代にはクラブのメンバーはイギリス科学界で突出した立場に立ち、外部の幾人かはクラブがイギリス科学界に強い影響力を持ちすぎていると訴えた。メンバーの死と、生き残った人の高齢化によって会合が困難になり、クラブは1893年に解散した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1618649 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6210 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57551781 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Xクラブ(エックスクラブ)は、19世紀後半のイングランドで自然選択説と学問の自由を支持した9人の男性による非公式のダイニングクラブであった。トマス・ハクスリーが創始者で、1864年11月3日の初めての会合を呼びかけた。クラブは7、8、9月を除き、月に一度ロンドンで会食した。クラブは1864年11月から1893年3月まで続いた。彼らはイギリスの科学界に幅広い影響を与えたと考えられている。クラブのメンバーは医者・古生物学者ジョージ・バスク、化学者エドワード・フランクランド、数学者トマス・ハースト、植物学者ジョセフ・ダルトン・フッカー、トマス・ハクスリー、考古学者ジョン・ラボック、哲学者ハーバート・スペンサー、数学者・物理学者ウィリアム・スポティスウッド、物理学者ジョン・ティンダルである。クラブが結成される前からすでに彼らは知り合いだった。1860年代までに個人的な親交は社会的なネットワークに変化した。彼らはしばしばともに食事をし、ともに休暇を過ごした。チャールズ・ダーウィンの『種の起源』が1859年に出版された後、彼らは博物学と自然主義を守るためにともに活動を始めた。1860年代初頭に台頭した英国国教会の自由主義神学運動の指導者を個人的、公的に支援した。彼らによれば、クラブはもともと個人的な親交が疎遠にならないように、そして神学的な影響から科学の独立性をどのように維持するか議論をするために始まった。クラブの主要な目標は、専門的な科学の実践のためにロンドン王立協会を改革することであった。1870年代と1880年代にはクラブのメンバーはイギリス科学界で突出した立場に立ち、外部の幾人かはクラブがイギリス科学界に強い影響力を持ちすぎていると訴えた。メンバーの死と、生き残った人の高齢化によって会合が困難になり、クラブは1893年に解散した。
rdfs:label
  • Xクラブ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of