Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Wired Equivalent Privacy(直訳すると有線同等機密、通称WEP)はIEEE 802.11無線ネットワークのセキュリティのためのアルゴリズムだったが、容易に解読されたため廃れた。無線ネットワークは電波を使ってメッセージを放送するようなもので、有線ネットワークに比べて盗聴が容易である。1997年に登場したとき、WEPは従来からある有線LAN並みの機密性を提供するものと期待されていた。2001年以降、暗号解読者らによって深刻な弱点がいくつか明らかとなり、最終的には容易に入手可能なソフトウェアを使って数分でWEPコネクションを解読可能な状態となっている。数カ月以内にIEEEは新たなタスクフォース802.11iを立ち上げ、この問題の対策を検討し始めた。2003年には802.11iによってまとめられつつあった改正案のサブセットである Wi-Fi Protected Access (WPA) でWEPを置き換えることを Wi-Fi Alliance が発表した。2004年には802.11iのまとめた規格 (WPA2) が承認され、IEEEは正式に WEP-40 と WEP-104 が「本来のセキュリティ目標を達成できなかったため、置換される」ことを宣言した。脆弱性が明らかになっているにも関わらず、WEPはその後も広く使われていた。WEPは安価で旧式なパーソナル用途向け無線LANルーターでも使用可能なセキュリティ手段で、通りすがりの他人に安易に無線ネットワークを使用されることは防げるものの、悪意を持って意図的に盗聴しようという試みに対しては無防備である。なお、WEPを Wireless Encryption Protocol の略としている例が散見されるが間違いである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 957251 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10632 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52053165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Wired Equivalent Privacy(直訳すると有線同等機密、通称WEP)はIEEE 802.11無線ネットワークのセキュリティのためのアルゴリズムだったが、容易に解読されたため廃れた。無線ネットワークは電波を使ってメッセージを放送するようなもので、有線ネットワークに比べて盗聴が容易である。1997年に登場したとき、WEPは従来からある有線LAN並みの機密性を提供するものと期待されていた。2001年以降、暗号解読者らによって深刻な弱点がいくつか明らかとなり、最終的には容易に入手可能なソフトウェアを使って数分でWEPコネクションを解読可能な状態となっている。数カ月以内にIEEEは新たなタスクフォース802.11iを立ち上げ、この問題の対策を検討し始めた。2003年には802.11iによってまとめられつつあった改正案のサブセットである Wi-Fi Protected Access (WPA) でWEPを置き換えることを Wi-Fi Alliance が発表した。2004年には802.11iのまとめた規格 (WPA2) が承認され、IEEEは正式に WEP-40 と WEP-104 が「本来のセキュリティ目標を達成できなかったため、置換される」ことを宣言した。脆弱性が明らかになっているにも関わらず、WEPはその後も広く使われていた。WEPは安価で旧式なパーソナル用途向け無線LANルーターでも使用可能なセキュリティ手段で、通りすがりの他人に安易に無線ネットワークを使用されることは防げるものの、悪意を持って意図的に盗聴しようという試みに対しては無防備である。なお、WEPを Wireless Encryption Protocol の略としている例が散見されるが間違いである。
rdfs:label
  • Wired Equivalent Privacy
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:derivedFrom of
is foaf:primaryTopic of