『WORLD WAR Z』(World War Z: An Oral History of the Zombie War,ワールド・ウォー・Z)は、による2006年に発売されたゾンビの発生による終末ホラー小説である。 ゾンビとの戦いを経験した人々にインタビューして書かれたオーラル・ヒストリーという設定になっており、登場人物は軍人、政治家から宇宙飛行士、主婦までさまざまである。ゾンビの発生源である中国をはじめ、アメリカ、ロシア、日本、ドイツなど世界中が舞台として登場する。 ゾンビとの戦いだけではなく、防衛に不向きなヨルダン川西岸を放棄したイスラエルで宗教右派と政府間の内戦が勃発したり、パキスタンとイランが難民問題から核戦争に発展するなど、人間同士の争いも描かれている。 2013年に『ワールド・ウォーZ』として映画化されたが、本作品とは設定を共有していないまったくの別作品となっている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『WORLD WAR Z』(World War Z: An Oral History of the Zombie War,ワールド・ウォー・Z)は、による2006年に発売されたゾンビの発生による終末ホラー小説である。 ゾンビとの戦いを経験した人々にインタビューして書かれたオーラル・ヒストリーという設定になっており、登場人物は軍人、政治家から宇宙飛行士、主婦までさまざまである。ゾンビの発生源である中国をはじめ、アメリカ、ロシア、日本、ドイツなど世界中が舞台として登場する。 ゾンビとの戦いだけではなく、防衛に不向きなヨルダン川西岸を放棄したイスラエルで宗教右派と政府間の内戦が勃発したり、パキスタンとイランが難民問題から核戦争に発展するなど、人間同士の争いも描かれている。 2013年に『ワールド・ウォーZ』として映画化されたが、本作品とは設定を共有していないまったくの別作品となっている。 (ja)
  • 『WORLD WAR Z』(World War Z: An Oral History of the Zombie War,ワールド・ウォー・Z)は、による2006年に発売されたゾンビの発生による終末ホラー小説である。 ゾンビとの戦いを経験した人々にインタビューして書かれたオーラル・ヒストリーという設定になっており、登場人物は軍人、政治家から宇宙飛行士、主婦までさまざまである。ゾンビの発生源である中国をはじめ、アメリカ、ロシア、日本、ドイツなど世界中が舞台として登場する。 ゾンビとの戦いだけではなく、防衛に不向きなヨルダン川西岸を放棄したイスラエルで宗教右派と政府間の内戦が勃発したり、パキスタンとイランが難民問題から核戦争に発展するなど、人間同士の争いも描かれている。 2013年に『ワールド・ウォーZ』として映画化されたが、本作品とは設定を共有していないまったくの別作品となっている。 (ja)
dbo:country
dbo:literaryGenre
dbo:mediaType
dbo:numberOfPages
  • 536 (xsd:positiveInteger)
dbo:publisher
dbo:translator
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2657292 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13640 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81372812 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:genre
prop-ja:id
  • 978 (xsd:integer)
  • 257301 (xsd:integer)
prop-ja:language
  • 英語 (ja)
  • 英語 (ja)
prop-ja:origTitle
  • World War Z (ja)
  • World War Z (ja)
prop-ja:pages
  • 536 (xsd:integer)
prop-ja:portal
  • 文学 (ja)
  • 文学 (ja)
prop-ja:published
  • --04-10
  • --09-12
prop-ja:publisher
  • 文藝春秋 (ja)
  • Crown (ja)
  • 文藝春秋 (ja)
  • Crown (ja)
prop-ja:title
  • WORLD WAR Z (ja)
  • World War Z: An Oral History of the Zombie War (ja)
  • WORLD WAR Z (ja)
  • World War Z: An Oral History of the Zombie War (ja)
prop-ja:translator
prop-ja:type
  • ハードカバー、ペーパーバック、電子書籍、オーディオブック (ja)
  • ハードカバー、ペーパーバック、電子書籍、オーディオブック (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『WORLD WAR Z』(World War Z: An Oral History of the Zombie War,ワールド・ウォー・Z)は、による2006年に発売されたゾンビの発生による終末ホラー小説である。 ゾンビとの戦いを経験した人々にインタビューして書かれたオーラル・ヒストリーという設定になっており、登場人物は軍人、政治家から宇宙飛行士、主婦までさまざまである。ゾンビの発生源である中国をはじめ、アメリカ、ロシア、日本、ドイツなど世界中が舞台として登場する。 ゾンビとの戦いだけではなく、防衛に不向きなヨルダン川西岸を放棄したイスラエルで宗教右派と政府間の内戦が勃発したり、パキスタンとイランが難民問題から核戦争に発展するなど、人間同士の争いも描かれている。 2013年に『ワールド・ウォーZ』として映画化されたが、本作品とは設定を共有していないまったくの別作品となっている。 (ja)
  • 『WORLD WAR Z』(World War Z: An Oral History of the Zombie War,ワールド・ウォー・Z)は、による2006年に発売されたゾンビの発生による終末ホラー小説である。 ゾンビとの戦いを経験した人々にインタビューして書かれたオーラル・ヒストリーという設定になっており、登場人物は軍人、政治家から宇宙飛行士、主婦までさまざまである。ゾンビの発生源である中国をはじめ、アメリカ、ロシア、日本、ドイツなど世界中が舞台として登場する。 ゾンビとの戦いだけではなく、防衛に不向きなヨルダン川西岸を放棄したイスラエルで宗教右派と政府間の内戦が勃発したり、パキスタンとイランが難民問題から核戦争に発展するなど、人間同士の争いも描かれている。 2013年に『ワールド・ウォーZ』として映画化されたが、本作品とは設定を共有していないまったくの別作品となっている。 (ja)
rdfs:label
  • WORLD WAR Z (ja)
  • WORLD WAR Z (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • WORLD WAR Z (ja)
  • World War Z (ja)
  • WORLD WAR Z (ja)
  • World War Z (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of