WASG(「労働と社会的公正:ヴァールアルターナティーヴェ(新しい生活の選挙による選択)」 ドイツ語: Arbeit & soziale Gerechtigkeit – Die Wahlalternative、英語: Labour and Social Justice – The Electoral Alternative」は、左翼党を形成した2大政党のうちの1つであり、ドイツ社会民主党の左派系(中央派左派を含む)の派閥が同党を集団離党して結成した政党。 2005年に、この WASGと民主社会党 (PDS)が、統一会派より更に踏み込んだ連合としての政党連合「左翼党」(Die Linkspartei) を結成し、2007年6月17日に正式に合併して、同名の政党「左翼党」となった。 組織形成の直接の原因は、赤緑連合政権で新自由主義的な改革路線(ネオリベ路線)を採った党内右派のゲアハルト・シュレーダー首相率いるドイツ社会民主党 (SPD) 指導部に失望し、反発したSPD内の左派が、2005年1月に一斉離党・独立して結成した。その後、SPD左派の大物政治家オスカー・ラフォンテーヌ元財務大臣(元SPD党首)が加わり、総選挙を闘った。

Property Value
dbo:abstract
  • WASG(「労働と社会的公正:ヴァールアルターナティーヴェ(新しい生活の選挙による選択)」 ドイツ語: Arbeit & soziale Gerechtigkeit – Die Wahlalternative、英語: Labour and Social Justice – The Electoral Alternative」は、左翼党を形成した2大政党のうちの1つであり、ドイツ社会民主党の左派系(中央派左派を含む)の派閥が同党を集団離党して結成した政党。 2005年に、この WASGと民主社会党 (PDS)が、統一会派より更に踏み込んだ連合としての政党連合「左翼党」(Die Linkspartei) を結成し、2007年6月17日に正式に合併して、同名の政党「左翼党」となった。 組織形成の直接の原因は、赤緑連合政権で新自由主義的な改革路線(ネオリベ路線)を採った党内右派のゲアハルト・シュレーダー首相率いるドイツ社会民主党 (SPD) 指導部に失望し、反発したSPD内の左派が、2005年1月に一斉離党・独立して結成した。その後、SPD左派の大物政治家オスカー・ラフォンテーヌ元財務大臣(元SPD党首)が加わり、総選挙を闘った。 (ja)
  • WASG(「労働と社会的公正:ヴァールアルターナティーヴェ(新しい生活の選挙による選択)」 ドイツ語: Arbeit & soziale Gerechtigkeit – Die Wahlalternative、英語: Labour and Social Justice – The Electoral Alternative」は、左翼党を形成した2大政党のうちの1つであり、ドイツ社会民主党の左派系(中央派左派を含む)の派閥が同党を集団離党して結成した政党。 2005年に、この WASGと民主社会党 (PDS)が、統一会派より更に踏み込んだ連合としての政党連合「左翼党」(Die Linkspartei) を結成し、2007年6月17日に正式に合併して、同名の政党「左翼党」となった。 組織形成の直接の原因は、赤緑連合政権で新自由主義的な改革路線(ネオリベ路線)を採った党内右派のゲアハルト・シュレーダー首相率いるドイツ社会民主党 (SPD) 指導部に失望し、反発したSPD内の左派が、2005年1月に一斉離党・独立して結成した。その後、SPD左派の大物政治家オスカー・ラフォンテーヌ元財務大臣(元SPD党首)が加わり、総選挙を闘った。 (ja)
dbo:country
dbo:headquarter
dbo:ideology
dbo:wikiPageID
  • 2583856 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2005 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78006857 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:党名
  • 労働と社会的公正のための選挙オルタナティブ (ja)
  • 労働と社会的公正のための選挙オルタナティブ (ja)
prop-ja:党首氏名
  • クラウス・エルンスト (ja)
  • クラウス・エルンスト (ja)
prop-ja:党首職名
  • 党首 (ja)
  • 党首 (ja)
prop-ja:公用語名
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:後継政党
prop-ja:成立年月日
  • --01-22
prop-ja:政治的思想・立場
prop-ja:本部所在地
  • ベルリン (ja)
  • ベルリン (ja)
prop-ja:画像
  • Oskar_Lafontaine_2007-05-10.jpg (ja)
  • Oskar_Lafontaine_2007-05-10.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • オスカー・ラフォンテーヌ (ja)
  • オスカー・ラフォンテーヌ (ja)
prop-ja:解散年月日
  • --06-17
prop-ja:解散理由
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • WASG(「労働と社会的公正:ヴァールアルターナティーヴェ(新しい生活の選挙による選択)」 ドイツ語: Arbeit & soziale Gerechtigkeit – Die Wahlalternative、英語: Labour and Social Justice – The Electoral Alternative」は、左翼党を形成した2大政党のうちの1つであり、ドイツ社会民主党の左派系(中央派左派を含む)の派閥が同党を集団離党して結成した政党。 2005年に、この WASGと民主社会党 (PDS)が、統一会派より更に踏み込んだ連合としての政党連合「左翼党」(Die Linkspartei) を結成し、2007年6月17日に正式に合併して、同名の政党「左翼党」となった。 組織形成の直接の原因は、赤緑連合政権で新自由主義的な改革路線(ネオリベ路線)を採った党内右派のゲアハルト・シュレーダー首相率いるドイツ社会民主党 (SPD) 指導部に失望し、反発したSPD内の左派が、2005年1月に一斉離党・独立して結成した。その後、SPD左派の大物政治家オスカー・ラフォンテーヌ元財務大臣(元SPD党首)が加わり、総選挙を闘った。 (ja)
  • WASG(「労働と社会的公正:ヴァールアルターナティーヴェ(新しい生活の選挙による選択)」 ドイツ語: Arbeit & soziale Gerechtigkeit – Die Wahlalternative、英語: Labour and Social Justice – The Electoral Alternative」は、左翼党を形成した2大政党のうちの1つであり、ドイツ社会民主党の左派系(中央派左派を含む)の派閥が同党を集団離党して結成した政党。 2005年に、この WASGと民主社会党 (PDS)が、統一会派より更に踏み込んだ連合としての政党連合「左翼党」(Die Linkspartei) を結成し、2007年6月17日に正式に合併して、同名の政党「左翼党」となった。 組織形成の直接の原因は、赤緑連合政権で新自由主義的な改革路線(ネオリベ路線)を採った党内右派のゲアハルト・シュレーダー首相率いるドイツ社会民主党 (SPD) 指導部に失望し、反発したSPD内の左派が、2005年1月に一斉離党・独立して結成した。その後、SPD左派の大物政治家オスカー・ラフォンテーヌ元財務大臣(元SPD党首)が加わり、総選挙を闘った。 (ja)
rdfs:label
  • WASG (ja)
  • WASG (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前身政党 of
is foaf:primaryTopic of