Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • W型16気筒(ダブリュがたじゅうろっきとう)はピストン式内燃機関(レシプロエンジン)のシリンダー配列形式の一つで、W型エンジンの一種。W16と略される事もある。今日存在するW型16気筒エンジンは全て狭角V型エンジン技術の延長上で設計されており、8つのピストンを持つ2つのシリンダーバンクが組み合わされ、1本のクランクシャフトを回すレイアウトを採用している。フォルクスワーゲンは現在W型16気筒を生産する唯一の自動車メーカーであり、フォルクスワーゲンのデザインはW型12気筒を延長して4気筒を追加する形を採っている。このデザインは元々はフォルクスワーゲン・VR6型エンジンで培われた技術でもある。この形式のエンジンは1999年に発表されたコンセプトカーのen:Bentley Hunaudieresで初めて公開され、後にアウディのコンセプトカーであるen:Audi Rosemeyerにも採用された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1977602 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2397 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47098632 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:description
  • グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2009に出走したブガッティ・ヴェイロンのエンジン音
prop-ja:filename
  • Bugatti Veyron Grand Sport.ogg
prop-ja:title
  • ブガッティ・ヴェイロンGrand Sport
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • W型16気筒(ダブリュがたじゅうろっきとう)はピストン式内燃機関(レシプロエンジン)のシリンダー配列形式の一つで、W型エンジンの一種。W16と略される事もある。今日存在するW型16気筒エンジンは全て狭角V型エンジン技術の延長上で設計されており、8つのピストンを持つ2つのシリンダーバンクが組み合わされ、1本のクランクシャフトを回すレイアウトを採用している。フォルクスワーゲンは現在W型16気筒を生産する唯一の自動車メーカーであり、フォルクスワーゲンのデザインはW型12気筒を延長して4気筒を追加する形を採っている。このデザインは元々はフォルクスワーゲン・VR6型エンジンで培われた技術でもある。この形式のエンジンは1999年に発表されたコンセプトカーのen:Bentley Hunaudieresで初めて公開され、後にアウディのコンセプトカーであるen:Audi Rosemeyerにも採用された。
rdfs:label
  • W型16気筒
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of