Vz 58又はSa vz.58(Samopal vzor 58・1958年型短機関銃)は、チェコスロバキアのチェスカー・ズブロヨフカ国営会社(チェコ兵器廠国営会社、チェコ語 : Česká zbrojovka, n.p.:ČZ、1992年民営化)で開発されたアサルトライフルである。 テーパーのかかった薬莢に対応する大きく湾曲した弾倉、上下二分割されたハンドガード、レシーバーデッキに銃床の根元が接しないなど、外見はAK-47に類似しているが、7.62x39mm弾を使用する以外に共通点はなく、ほとんど独自設計となっている。 日本赤軍によるテルアビブ空港乱射事件で用いられた自動小銃としても知られている。

Property Value
dbo:abstract
  • Vz 58又はSa vz.58(Samopal vzor 58・1958年型短機関銃)は、チェコスロバキアのチェスカー・ズブロヨフカ国営会社(チェコ兵器廠国営会社、チェコ語 : Česká zbrojovka, n.p.:ČZ、1992年民営化)で開発されたアサルトライフルである。 テーパーのかかった薬莢に対応する大きく湾曲した弾倉、上下二分割されたハンドガード、レシーバーデッキに銃床の根元が接しないなど、外見はAK-47に類似しているが、7.62x39mm弾を使用する以外に共通点はなく、ほとんど独自設計となっている。 日本赤軍によるテルアビブ空港乱射事件で用いられた自動小銃としても知られている。 (ja)
  • Vz 58又はSa vz.58(Samopal vzor 58・1958年型短機関銃)は、チェコスロバキアのチェスカー・ズブロヨフカ国営会社(チェコ兵器廠国営会社、チェコ語 : Česká zbrojovka, n.p.:ČZ、1992年民営化)で開発されたアサルトライフルである。 テーパーのかかった薬莢に対応する大きく湾曲した弾倉、上下二分割されたハンドガード、レシーバーデッキに銃床の根元が接しないなど、外見はAK-47に類似しているが、7.62x39mm弾を使用する以外に共通点はなく、ほとんど独自設計となっている。 日本赤軍によるテルアビブ空港乱射事件で用いられた自動小銃としても知られている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 847234 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8268 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79436758 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライフリング
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
  • 7.620000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 636 (xsd:integer)
  • 845.0
prop-ja:口径
  • 7.62
prop-ja:名称
  • Vz 58 (ja)
  • Vz 58 (ja)
prop-ja:有効射程
  • 300m (ja)
  • 300m (ja)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 800 (xsd:integer)
prop-ja:種別
prop-ja:種類
  • 軍用小銃 (ja)
  • 軍用小銃 (ja)
prop-ja:装弾数
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:製造期間
  • 1959 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
  • チェスカー・ズブロヨフカ国営会社 (ja)
  • チェスカー・ズブロヨフカ国営会社 (ja)
prop-ja:設計年
  • 1956 (xsd:integer)
prop-ja:説明
  • Vz 58 P(固定式銃床仕様) (ja)
  • Vz 58 P(固定式銃床仕様) (ja)
prop-ja:配備先
prop-ja:重量
  • 2910 (xsd:integer)
  • 3590 (xsd:integer)
prop-ja:銃口初速
  • 705 (xsd:integer)
prop-ja:銃身長
  • 390.0
dct:subject
rdfs:comment
  • Vz 58又はSa vz.58(Samopal vzor 58・1958年型短機関銃)は、チェコスロバキアのチェスカー・ズブロヨフカ国営会社(チェコ兵器廠国営会社、チェコ語 : Česká zbrojovka, n.p.:ČZ、1992年民営化)で開発されたアサルトライフルである。 テーパーのかかった薬莢に対応する大きく湾曲した弾倉、上下二分割されたハンドガード、レシーバーデッキに銃床の根元が接しないなど、外見はAK-47に類似しているが、7.62x39mm弾を使用する以外に共通点はなく、ほとんど独自設計となっている。 日本赤軍によるテルアビブ空港乱射事件で用いられた自動小銃としても知られている。 (ja)
  • Vz 58又はSa vz.58(Samopal vzor 58・1958年型短機関銃)は、チェコスロバキアのチェスカー・ズブロヨフカ国営会社(チェコ兵器廠国営会社、チェコ語 : Česká zbrojovka, n.p.:ČZ、1992年民営化)で開発されたアサルトライフルである。 テーパーのかかった薬莢に対応する大きく湾曲した弾倉、上下二分割されたハンドガード、レシーバーデッキに銃床の根元が接しないなど、外見はAK-47に類似しているが、7.62x39mm弾を使用する以外に共通点はなく、ほとんど独自設計となっている。 日本赤軍によるテルアビブ空港乱射事件で用いられた自動小銃としても知られている。 (ja)
rdfs:label
  • Vz 58 (ja)
  • Vz 58 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of