Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Vim script は Vim に組み込まれたスクリプト言語である。Vim の源流である vi の ex コマンドをもとに、 Vim の初期のバージョンでは制御フローや関数定義のためのコマンドが追加された。バージョン 7 からは、 Vim script はリストや連想配列といったより高度なデータ型や(シンプルなかたちの)オブジェクト指向プログラミングもサポートしている。map() や filter() といった組み込み関数によって基本的な関数型プログラミングも可能であるが、Vim script には無名関数は存在せず、Vim script はもっぱら命令型のスタイルで書かれている。Vim のマクロ (コンピュータ用語)にはノーマルモードのコマンドを並べて書いていくことができるが、より複雑なタスクのためには ex コマンドを用いたり Vim script で書かれた関数を用いることもできる。Vim の中核的な機能にまつわる拡張機能(「プラグイン」、「プラギン」、「スクリプト」などと呼ばれる)は殆どすべて Vim script で書かれているが、Vim のコンパイル時にサポートをするようにしておけば他の Perl, Python, Lua, Ruby などのインタープリタを用いる言語を使うことも可能である。Vim script のファイルはプレーンテキストとして保存され、拡張子には .vim が用いられる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2829657 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2831 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48769312 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:fileExt
  • .vim
prop-ja:name
  • Vim script
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:paradigm
prop-ja:typing
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Vim script は Vim に組み込まれたスクリプト言語である。Vim の源流である vi の ex コマンドをもとに、 Vim の初期のバージョンでは制御フローや関数定義のためのコマンドが追加された。バージョン 7 からは、 Vim script はリストや連想配列といったより高度なデータ型や(シンプルなかたちの)オブジェクト指向プログラミングもサポートしている。map() や filter() といった組み込み関数によって基本的な関数型プログラミングも可能であるが、Vim script には無名関数は存在せず、Vim script はもっぱら命令型のスタイルで書かれている。Vim のマクロ (コンピュータ用語)にはノーマルモードのコマンドを並べて書いていくことができるが、より複雑なタスクのためには ex コマンドを用いたり Vim script で書かれた関数を用いることもできる。Vim の中核的な機能にまつわる拡張機能(「プラグイン」、「プラギン」、「スクリプト」などと呼ばれる)は殆どすべて Vim script で書かれているが、Vim のコンパイル時にサポートをするようにしておけば他の Perl, Python, Lua, Ruby などのインタープリタを用いる言語を使うことも可能である。Vim script のファイルはプレーンテキストとして保存され、拡張子には .vim が用いられる。
rdfs:label
  • Vim script
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Vim script
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of