Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • VG.33は、フランスのアルスナル国営航空工廠(Arsenal de l'aéronautique)によって開発され、第二次世界大戦で使用された戦闘機である。1938年初飛行した木製機VG.30を元に再設計した機体であり、フランス空軍からの発注によって200機の製作に取り掛かったが、対独休戦時までに完成したのは40機だけであり、さらに実際に空軍に引き渡されたのは5機に過ぎなかった。これらの機体が実戦に参加したかは不明である。休戦後はヴィシー政府空軍に引き渡された。その後も実戦では使用されること無く、ドイツ空軍によってテストされたあと生産ライン上にあった未完成の機体ともども廃棄された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1386968 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1991 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57921688 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • VG.33は、フランスのアルスナル国営航空工廠(Arsenal de l'aéronautique)によって開発され、第二次世界大戦で使用された戦闘機である。1938年初飛行した木製機VG.30を元に再設計した機体であり、フランス空軍からの発注によって200機の製作に取り掛かったが、対独休戦時までに完成したのは40機だけであり、さらに実際に空軍に引き渡されたのは5機に過ぎなかった。これらの機体が実戦に参加したかは不明である。休戦後はヴィシー政府空軍に引き渡された。その後も実戦では使用されること無く、ドイツ空軍によってテストされたあと生産ライン上にあった未完成の機体ともども廃棄された。
rdfs:label
  • VG.33 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of