Urbos(ウルボス)はスペインのバスク州を拠点とする鉄道車両メーカーCAF社が展開している超低床路面電車(LRV)の製品群およびそのブランド。主にUrbos 1(ウルボス1)、Urbos 2(ウルボス2)、Urbos 3(ウルボス3)までの3種といくつかの派生版に大別される。 1993年にセビリア・メトロ向けに製造を開始し、1999年までに16編成を納入した。この時点では主電動機や台車を含むコンポーネント部品はシーメンス製だったこともありシーメンスの完成車とデザインで大差はみられなかった。同様のデザインは1995年にリスボンでも採用された。 その後CAFはデザインから製造を一括して自社で担うことを決定した。初代モデルのウルボス1は自社の拠点があるビルバオ・トラムで2004年から2006年にかけて採用された。2代目のウルボス2はスペインの他の事業者に、最新型となるウルボス3は世界各地で採用されるようになった。

Property Value
dbo:abstract
  • Urbos(ウルボス)はスペインのバスク州を拠点とする鉄道車両メーカーCAF社が展開している超低床路面電車(LRV)の製品群およびそのブランド。主にUrbos 1(ウルボス1)、Urbos 2(ウルボス2)、Urbos 3(ウルボス3)までの3種といくつかの派生版に大別される。 1993年にセビリア・メトロ向けに製造を開始し、1999年までに16編成を納入した。この時点では主電動機や台車を含むコンポーネント部品はシーメンス製だったこともありシーメンスの完成車とデザインで大差はみられなかった。同様のデザインは1995年にリスボンでも採用された。 その後CAFはデザインから製造を一括して自社で担うことを決定した。初代モデルのウルボス1は自社の拠点があるビルバオ・トラムで2004年から2006年にかけて採用された。2代目のウルボス2はスペインの他の事業者に、最新型となるウルボス3は世界各地で採用されるようになった。 (ja)
  • Urbos(ウルボス)はスペインのバスク州を拠点とする鉄道車両メーカーCAF社が展開している超低床路面電車(LRV)の製品群およびそのブランド。主にUrbos 1(ウルボス1)、Urbos 2(ウルボス2)、Urbos 3(ウルボス3)までの3種といくつかの派生版に大別される。 1993年にセビリア・メトロ向けに製造を開始し、1999年までに16編成を納入した。この時点では主電動機や台車を含むコンポーネント部品はシーメンス製だったこともありシーメンスの完成車とデザインで大差はみられなかった。同様のデザインは1995年にリスボンでも採用された。 その後CAFはデザインから製造を一括して自社で担うことを決定した。初代モデルのウルボス1は自社の拠点があるビルバオ・トラムで2004年から2006年にかけて採用された。2代目のウルボス2はスペインの他の事業者に、最新型となるウルボス3は世界各地で採用されるようになった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3782507 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 27839 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81460198 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Urbos(ウルボス)はスペインのバスク州を拠点とする鉄道車両メーカーCAF社が展開している超低床路面電車(LRV)の製品群およびそのブランド。主にUrbos 1(ウルボス1)、Urbos 2(ウルボス2)、Urbos 3(ウルボス3)までの3種といくつかの派生版に大別される。 1993年にセビリア・メトロ向けに製造を開始し、1999年までに16編成を納入した。この時点では主電動機や台車を含むコンポーネント部品はシーメンス製だったこともありシーメンスの完成車とデザインで大差はみられなかった。同様のデザインは1995年にリスボンでも採用された。 その後CAFはデザインから製造を一括して自社で担うことを決定した。初代モデルのウルボス1は自社の拠点があるビルバオ・トラムで2004年から2006年にかけて採用された。2代目のウルボス2はスペインの他の事業者に、最新型となるウルボス3は世界各地で採用されるようになった。 (ja)
  • Urbos(ウルボス)はスペインのバスク州を拠点とする鉄道車両メーカーCAF社が展開している超低床路面電車(LRV)の製品群およびそのブランド。主にUrbos 1(ウルボス1)、Urbos 2(ウルボス2)、Urbos 3(ウルボス3)までの3種といくつかの派生版に大別される。 1993年にセビリア・メトロ向けに製造を開始し、1999年までに16編成を納入した。この時点では主電動機や台車を含むコンポーネント部品はシーメンス製だったこともありシーメンスの完成車とデザインで大差はみられなかった。同様のデザインは1995年にリスボンでも採用された。 その後CAFはデザインから製造を一括して自社で担うことを決定した。初代モデルのウルボス1は自社の拠点があるビルバオ・トラムで2004年から2006年にかけて採用された。2代目のウルボス2はスペインの他の事業者に、最新型となるウルボス3は世界各地で採用されるようになった。 (ja)
rdfs:label
  • Urbos (ja)
  • Urbos (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:使用車両 of
is foaf:primaryTopic of