Twip(s)(トゥイップ)とは、主にマイクロソフト社の製品・技術で利用されている長さの単位。 Microsoft Visual Basic、Microsoft Visual C++、リッチテキストフォーマット等において、ウインドウやレポートのサイズとして用いられる。 1Twipは1/20ポイントであり、1/1440インチに相当する。「Twentieth of an Inch Point」から、Twipと名づけられた。 Microsoft Windowsの標準のシステム解像度である96dpiの環境下では15Twipsで1ピクセル、120dpiの環境下では12Twipsで1ピクセルの長さと等しい。 Visual Basic 1.0から6.0まで使われていたが、後継のVisual Basic .NET 2002以降ではピクセル単位での指定しかできなくなっている。

Property Value
dbo:abstract
  • Twip(s)(トゥイップ)とは、主にマイクロソフト社の製品・技術で利用されている長さの単位。 Microsoft Visual Basic、Microsoft Visual C++、リッチテキストフォーマット等において、ウインドウやレポートのサイズとして用いられる。 1Twipは1/20ポイントであり、1/1440インチに相当する。「Twentieth of an Inch Point」から、Twipと名づけられた。 Microsoft Windowsの標準のシステム解像度である96dpiの環境下では15Twipsで1ピクセル、120dpiの環境下では12Twipsで1ピクセルの長さと等しい。 Visual Basic 1.0から6.0まで使われていたが、後継のVisual Basic .NET 2002以降ではピクセル単位での指定しかできなくなっている。 (ja)
  • Twip(s)(トゥイップ)とは、主にマイクロソフト社の製品・技術で利用されている長さの単位。 Microsoft Visual Basic、Microsoft Visual C++、リッチテキストフォーマット等において、ウインドウやレポートのサイズとして用いられる。 1Twipは1/20ポイントであり、1/1440インチに相当する。「Twentieth of an Inch Point」から、Twipと名づけられた。 Microsoft Windowsの標準のシステム解像度である96dpiの環境下では15Twipsで1ピクセル、120dpiの環境下では12Twipsで1ピクセルの長さと等しい。 Visual Basic 1.0から6.0まで使われていたが、後継のVisual Basic .NET 2002以降ではピクセル単位での指定しかできなくなっている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 298439 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1248 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76059203 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:si
  • 約 17.63889 µm (ja)
  • 約 17.63889 µm (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:単位系
prop-ja:名称
  • Twip (ja)
  • Twip (ja)
prop-ja:定義
  • ポイント (ja)
  • ポイント (ja)
prop-ja:物理量
dct:subject
rdfs:comment
  • Twip(s)(トゥイップ)とは、主にマイクロソフト社の製品・技術で利用されている長さの単位。 Microsoft Visual Basic、Microsoft Visual C++、リッチテキストフォーマット等において、ウインドウやレポートのサイズとして用いられる。 1Twipは1/20ポイントであり、1/1440インチに相当する。「Twentieth of an Inch Point」から、Twipと名づけられた。 Microsoft Windowsの標準のシステム解像度である96dpiの環境下では15Twipsで1ピクセル、120dpiの環境下では12Twipsで1ピクセルの長さと等しい。 Visual Basic 1.0から6.0まで使われていたが、後継のVisual Basic .NET 2002以降ではピクセル単位での指定しかできなくなっている。 (ja)
  • Twip(s)(トゥイップ)とは、主にマイクロソフト社の製品・技術で利用されている長さの単位。 Microsoft Visual Basic、Microsoft Visual C++、リッチテキストフォーマット等において、ウインドウやレポートのサイズとして用いられる。 1Twipは1/20ポイントであり、1/1440インチに相当する。「Twentieth of an Inch Point」から、Twipと名づけられた。 Microsoft Windowsの標準のシステム解像度である96dpiの環境下では15Twipsで1ピクセル、120dpiの環境下では12Twipsで1ピクセルの長さと等しい。 Visual Basic 1.0から6.0まで使われていたが、後継のVisual Basic .NET 2002以降ではピクセル単位での指定しかできなくなっている。 (ja)
rdfs:label
  • Twip (ja)
  • Twip (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of