Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Time Sharing Option(TSO, てぃーえすおー、たいむしぇありんぐおぷしょん)とは、MVS や OS/390 や z/OS のような IBM メインフレームコンピュータのオペレーティングシステムで使われる相互対話式のコマンドラインインタープリタである。UNIX の Bourne Again Shell や Windows の cmd と同じ役割をする。TSO は、システム管理者やプログラマに使用される。1960年代にタイムシェアリングシステムが登場したときは、それはオプションの機能と目されていたので、TSO は OS/360 のオプションとして生まれた。TSO は単独で使われることは稀で、通常は ISPF を通して用いられる。ISPF は、ユーザーがメニューをカスタマイズでき、メニュードリブンインタラクションなコマンドラインインタプリタ環境を提供する。TSO と ISPF を併せて TSO/ISPF と称する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 560998 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 874 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47057166 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Time Sharing Option(TSO, てぃーえすおー、たいむしぇありんぐおぷしょん)とは、MVS や OS/390 や z/OS のような IBM メインフレームコンピュータのオペレーティングシステムで使われる相互対話式のコマンドラインインタープリタである。UNIX の Bourne Again Shell や Windows の cmd と同じ役割をする。TSO は、システム管理者やプログラマに使用される。1960年代にタイムシェアリングシステムが登場したときは、それはオプションの機能と目されていたので、TSO は OS/360 のオプションとして生まれた。TSO は単独で使われることは稀で、通常は ISPF を通して用いられる。ISPF は、ユーザーがメニューをカスタマイズでき、メニュードリブンインタラクションなコマンドラインインタプリタ環境を提供する。TSO と ISPF を併せて TSO/ISPF と称する。
rdfs:label
  • Time Sharing Option
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of