Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Teide 1は、1995年に初めて褐色矮星であることが確認された天体である。地球から約400光年離れたプレアデス星団に位置する。視等級は17.76と暗く、大きな望遠鏡を用いないと見ることができない。絶対等級(天体が10パーセクの距離にあった時の明るさ)は12.38で、120パーセクの距離にある時より140倍も明るい。この天体は惑星よりも重い(55 ± 15木星質量)が、恒星よりも軽い(0.052太陽質量)。半径は木星程度(太陽半径の10分の1)で、表面温度は2,600 ± 150 Kと太陽の約半分である。光度は太陽の0.1%で、太陽の4時間分を放射するのに6ヵ月を要する。年齢は、太陽の46億歳と比べて、わずか1億2000万歳である。核内の温度はリチウムの核融合には十分だが、太陽のように水素の核融合を行う温度には満たない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2838232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1456 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50695224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:元期
prop-ja:光度
  • 0.001000 (xsd:double)
prop-ja:分類
  • M8
prop-ja:半径
  • ~0.1
prop-ja:年周視差
  • 8.400000 (xsd:double)
prop-ja:年齢
  • 0.120000 (xsd:double)
prop-ja:星座
  • おうし座
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Relative star sizes.svg
prop-ja:画像説明
  • 太陽、赤色矮星グリーゼ229A、Teide 1、褐色矮星グリーゼ229B、木星の大きさの比較
prop-ja:絶対等級
  • 12.380000 (xsd:double)
prop-ja:
  • star
prop-ja:表面温度
  • 2600 (xsd:integer)
prop-ja:表面重力
  • 6.600000 (xsd:double)
prop-ja:視等級
  • 17.760000 (xsd:double)
prop-ja:質量
  • 0.052000 (xsd:double)
prop-ja:距離
  • 400 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Teide 1は、1995年に初めて褐色矮星であることが確認された天体である。地球から約400光年離れたプレアデス星団に位置する。視等級は17.76と暗く、大きな望遠鏡を用いないと見ることができない。絶対等級(天体が10パーセクの距離にあった時の明るさ)は12.38で、120パーセクの距離にある時より140倍も明るい。この天体は惑星よりも重い(55 ± 15木星質量)が、恒星よりも軽い(0.052太陽質量)。半径は木星程度(太陽半径の10分の1)で、表面温度は2,600 ± 150 Kと太陽の約半分である。光度は太陽の0.1%で、太陽の4時間分を放射するのに6ヵ月を要する。年齢は、太陽の46億歳と比べて、わずか1億2000万歳である。核内の温度はリチウムの核融合には十分だが、太陽のように水素の核融合を行う温度には満たない。
rdfs:label
  • Teide 1
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of