Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Tajima's Dとは、田嶋文生により発表され、彼の名にちなんで名付けられた統計的検定である。この検定の目的は、ランダムに進化(中立進化)するという理論上の過程を経たDNA配列とランダムでない進化の過程を経たDNA配列を区別することである。「ランダムでない進化の過程(non-random process)」とは、方向性選択(directional selection)・平衡選択(balancing selection,)、集団拡大・集団縮小、遺伝的ヒッチハイキング(genetic hitchhiking)・遺伝子移入(introgression)のことを指す。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2927696 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4317 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53539942 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Tajima's Dとは、田嶋文生により発表され、彼の名にちなんで名付けられた統計的検定である。この検定の目的は、ランダムに進化(中立進化)するという理論上の過程を経たDNA配列とランダムでない進化の過程を経たDNA配列を区別することである。「ランダムでない進化の過程(non-random process)」とは、方向性選択(directional selection)・平衡選択(balancing selection,)、集団拡大・集団縮小、遺伝的ヒッチハイキング(genetic hitchhiking)・遺伝子移入(introgression)のことを指す。
rdfs:label
  • Tajima's D
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of