Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポリカールポフ TIS (Polkarpov TIS)は、1940年代初めに設計された重武装を備えたソビエト連邦の重戦闘機である。予定していたエンジンの信頼性が低すぎて生産に入ることができず、エンジンの製造者が問題を解決する資源に欠けていたことから僅か2機の試作機が製造されただけであった。自身の名前を冠した設計局の筆頭技師であったニコライ・ポリカールポフの死後の1944年9月に試作2号機が墜落すると計画は放棄された。
dbpedia-owl:aircraftUser
dbpedia-owl:firstFlight
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 2 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2928726 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5838 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58964931 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他の性能
  • 300000.0
prop-ja:その他の諸元
  • *Fuel capacity:
prop-ja:アフターバーナー作動時推力Fp
  • lbf
prop-ja:アフターバーナー作動時推力Si
  • kN
prop-ja:エンジン名(プロペラ)_
  • ミクーリン AM-37
prop-ja:エンジン数(プロペラ)_
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:キャプション
  • TIS "A"
prop-ja:ジェットOrプロペラ?_
  • プロペラ
prop-ja:スパンSi
  • 15.5 m
prop-ja:上昇限度Fp
  • 33629.0
prop-ja:上昇限度Si
  • 10,250 m
prop-ja:乗員
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全長Si
  • 11.7 m
prop-ja:全高Si
  • 4.35 m
prop-ja:出典
  • Gunston, The Osprey Encyclopedia of Russian Aircraft 1875-1995
prop-ja:出力Fp
  • 1400.0
prop-ja:出力Si
  • 1044.0
prop-ja:初飛行年月日
  • 1941 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • ポリカールポフ TIS
prop-ja:固定武装
  • **2 × 20 mm ShVAK機関砲(主翼付け根) **2 × 12.7 mm UBK機関銃s(主翼付け根) **4 × 7.62 mm ShKAS機関銃(機首) **2 × 7.62 mm ShKAS機関銃(可動式)
prop-ja:固定翼Or回転翼?_
  • 固定翼
prop-ja:推力Fp
  • lbf
prop-ja:推力Si
  • kN
prop-ja:最大速度Fp
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:最大速度More
  • 345.0
prop-ja:最大速度Si
  • 555.0
prop-ja:爆弾
  • 最大
prop-ja:生産数
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:用途
  • 重戦闘機
prop-ja:画像
  • File:ТИС-А.JPG
prop-ja:空虚重量Si
  • 5800.0
prop-ja:翼型
  • NACA-230
prop-ja:航続距離Fp
  • 929 (xsd:integer)
prop-ja:航続距離More
  • 1069.0
prop-ja:航続距離Si
  • 1720.0
prop-ja:製造者
prop-ja:設計者
prop-ja:運用時重量Si
  • 7840.0
prop-ja:運用状況
  • 試作のみ
prop-ja:運用者
prop-ja:面積Si
  • 34.8
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ポリカールポフ TIS (Polkarpov TIS)は、1940年代初めに設計された重武装を備えたソビエト連邦の重戦闘機である。予定していたエンジンの信頼性が低すぎて生産に入ることができず、エンジンの製造者が問題を解決する資源に欠けていたことから僅か2機の試作機が製造されただけであった。自身の名前を冠した設計局の筆頭技師であったニコライ・ポリカールポフの死後の1944年9月に試作2号機が墜落すると計画は放棄された。
rdfs:label
  • TIS (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ポリカールポフ TIS
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of