THE EMERALDS (ジ・エメラルズ)は、2002年結成の日本のインディーズスリーピースロックバンド。 2004年、アメリカテキサス州オースティンで開催される音楽ショーケースイベント*SXSW サウス・バイ・サウスウエストのオーディションに通過し出演して以来、以降6年間連続で通過。日本からの参加として最多連続出場し、これを起点に海外の様々なフェスから招待を受け参戦。海外でのツアーも数多くこなしている。 海外での活動を通じて、メジャー/インディーを問わず日本のさまざまなミュージシャンとの交流があるが、日本の市場での認知度は全くない。アメリカ合衆国、カナダ、韓国などの国々でライブを行い、キャッチフレーズは「世界の恋人」。レザーパンツにサングラスで早口のガレージロック、ロックンロールを演奏するが、シャツが花柄であること、歌詞がセンチメンタルすぎることが特徴。「かっこいい」と「面白い」のギリギリの線を行きたがっているようにも演出しているが、そのパフォーマンスを観れば笑わせたがっていることが明白であり、ステージはほぼほぼ楽器を使ったコント。事実、世界中どこでライブをやっても笑いが絶えず、コミックバンドと呼ばれてもいたしかたない有様である。ちなみにステージ上のキメ台詞は「俺のシャツ、どう?」「How about my shirts?」。

Property Value
dbo:abstract
  • THE EMERALDS (ジ・エメラルズ)は、2002年結成の日本のインディーズスリーピースロックバンド。 2004年、アメリカテキサス州オースティンで開催される音楽ショーケースイベント*SXSW サウス・バイ・サウスウエストのオーディションに通過し出演して以来、以降6年間連続で通過。日本からの参加として最多連続出場し、これを起点に海外の様々なフェスから招待を受け参戦。海外でのツアーも数多くこなしている。 海外での活動を通じて、メジャー/インディーを問わず日本のさまざまなミュージシャンとの交流があるが、日本の市場での認知度は全くない。アメリカ合衆国、カナダ、韓国などの国々でライブを行い、キャッチフレーズは「世界の恋人」。レザーパンツにサングラスで早口のガレージロック、ロックンロールを演奏するが、シャツが花柄であること、歌詞がセンチメンタルすぎることが特徴。「かっこいい」と「面白い」のギリギリの線を行きたがっているようにも演出しているが、そのパフォーマンスを観れば笑わせたがっていることが明白であり、ステージはほぼほぼ楽器を使ったコント。事実、世界中どこでライブをやっても笑いが絶えず、コミックバンドと呼ばれてもいたしかたない有様である。ちなみにステージ上のキメ台詞は「俺のシャツ、どう?」「How about my shirts?」。 (ja)
  • THE EMERALDS (ジ・エメラルズ)は、2002年結成の日本のインディーズスリーピースロックバンド。 2004年、アメリカテキサス州オースティンで開催される音楽ショーケースイベント*SXSW サウス・バイ・サウスウエストのオーディションに通過し出演して以来、以降6年間連続で通過。日本からの参加として最多連続出場し、これを起点に海外の様々なフェスから招待を受け参戦。海外でのツアーも数多くこなしている。 海外での活動を通じて、メジャー/インディーを問わず日本のさまざまなミュージシャンとの交流があるが、日本の市場での認知度は全くない。アメリカ合衆国、カナダ、韓国などの国々でライブを行い、キャッチフレーズは「世界の恋人」。レザーパンツにサングラスで早口のガレージロック、ロックンロールを演奏するが、シャツが花柄であること、歌詞がセンチメンタルすぎることが特徴。「かっこいい」と「面白い」のギリギリの線を行きたがっているようにも演出しているが、そのパフォーマンスを観れば笑わせたがっていることが明白であり、ステージはほぼほぼ楽器を使ったコント。事実、世界中どこでライブをやっても笑いが絶えず、コミックバンドと呼ばれてもいたしかたない有様である。ちなみにステージ上のキメ台詞は「俺のシャツ、どう?」「How about my shirts?」。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 2002-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 2002-01-01 (xsd:gYear)
dbo:bandMember
dbo:genre
dbo:influenced
dbo:recordLabel
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1602765 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 11872 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80172195 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:currentMembers
  • Akio(ドラムス&シャウト) (ja)
  • Kazuya(ギター&ボーカル) (ja)
  • Osuke(ベース&ダンス) (ja)
  • Akio(ドラムス&シャウト) (ja)
  • Kazuya(ギター&ボーカル) (ja)
  • Osuke(ベース&ダンス) (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:img
  • THE_EMERALDS_AWAtlanta_SM.jpg (ja)
  • THE_EMERALDS_AWAtlanta_SM.jpg (ja)
prop-ja:influences
prop-ja:label
prop-ja:name
  • THE EMERALDS (ja)
  • THE EMERALDS (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearsActive
  • 2002 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • THE EMERALDS (ジ・エメラルズ)は、2002年結成の日本のインディーズスリーピースロックバンド。 2004年、アメリカテキサス州オースティンで開催される音楽ショーケースイベント*SXSW サウス・バイ・サウスウエストのオーディションに通過し出演して以来、以降6年間連続で通過。日本からの参加として最多連続出場し、これを起点に海外の様々なフェスから招待を受け参戦。海外でのツアーも数多くこなしている。 海外での活動を通じて、メジャー/インディーを問わず日本のさまざまなミュージシャンとの交流があるが、日本の市場での認知度は全くない。アメリカ合衆国、カナダ、韓国などの国々でライブを行い、キャッチフレーズは「世界の恋人」。レザーパンツにサングラスで早口のガレージロック、ロックンロールを演奏するが、シャツが花柄であること、歌詞がセンチメンタルすぎることが特徴。「かっこいい」と「面白い」のギリギリの線を行きたがっているようにも演出しているが、そのパフォーマンスを観れば笑わせたがっていることが明白であり、ステージはほぼほぼ楽器を使ったコント。事実、世界中どこでライブをやっても笑いが絶えず、コミックバンドと呼ばれてもいたしかたない有様である。ちなみにステージ上のキメ台詞は「俺のシャツ、どう?」「How about my shirts?」。 (ja)
  • THE EMERALDS (ジ・エメラルズ)は、2002年結成の日本のインディーズスリーピースロックバンド。 2004年、アメリカテキサス州オースティンで開催される音楽ショーケースイベント*SXSW サウス・バイ・サウスウエストのオーディションに通過し出演して以来、以降6年間連続で通過。日本からの参加として最多連続出場し、これを起点に海外の様々なフェスから招待を受け参戦。海外でのツアーも数多くこなしている。 海外での活動を通じて、メジャー/インディーを問わず日本のさまざまなミュージシャンとの交流があるが、日本の市場での認知度は全くない。アメリカ合衆国、カナダ、韓国などの国々でライブを行い、キャッチフレーズは「世界の恋人」。レザーパンツにサングラスで早口のガレージロック、ロックンロールを演奏するが、シャツが花柄であること、歌詞がセンチメンタルすぎることが特徴。「かっこいい」と「面白い」のギリギリの線を行きたがっているようにも演出しているが、そのパフォーマンスを観れば笑わせたがっていることが明白であり、ステージはほぼほぼ楽器を使ったコント。事実、世界中どこでライブをやっても笑いが絶えず、コミックバンドと呼ばれてもいたしかたない有様である。ちなみにステージ上のキメ台詞は「俺のシャツ、どう?」「How about my shirts?」。 (ja)
rdfs:label
  • THE EMERALDS (ja)
  • THE EMERALDS (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • THE EMERALDS (ja)
  • THE EMERALDS (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of