Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • T.38とは、「IPネットワーク上のリアルタイムグループ3ファクシミリ通信手順 (Procedures for real-time Group 3 facsimile communication over IP networks)」として、ITU-Tで1998年6月勧告された通信プロトコルである。音声のリアルタイム通信であるVoIPと同様に、FoIPとも呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2440731 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2031 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58284388 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • T.38とは、「IPネットワーク上のリアルタイムグループ3ファクシミリ通信手順 (Procedures for real-time Group 3 facsimile communication over IP networks)」として、ITU-Tで1998年6月勧告された通信プロトコルである。音声のリアルタイム通信であるVoIPと同様に、FoIPとも呼ばれる。
rdfs:label
  • T.38
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of