Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • T中間子(T meson)は、トップクォークと、反アップクォーク(T0)、反ダウンクォーク(T+)、反ストレンジクォーク(T+s)、反チャームクォーク(T+c)のそれぞれから構成される仮説上の中間子である。トップクォークの短い寿命のせいで、T中間子は自然中では発見できないと考えられている。トップクォークと反トップクォークの結合はT中間子ではなく、クォーコニウムの1つ(トッポニウム)である。それぞれのT中間子には、反トップクォークとそれぞれのクォークで構成された反粒子が存在する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2589521 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49054555 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • T中間子(T meson)は、トップクォークと、反アップクォーク(T0)、反ダウンクォーク(T+)、反ストレンジクォーク(T+s)、反チャームクォーク(T+c)のそれぞれから構成される仮説上の中間子である。トップクォークの短い寿命のせいで、T中間子は自然中では発見できないと考えられている。トップクォークと反トップクォークの結合はT中間子ではなく、クォーコニウムの1つ(トッポニウム)である。それぞれのT中間子には、反トップクォークとそれぞれのクォークで構成された反粒子が存在する。
rdfs:label
  • T中間子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of