Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Syslog は、ログメッセージをIPネットワーク上で転送するための標準規格である。"Syslog" という用語は、その通信プロトコルを指すだけでなく、Syslog メッセージを送信するアプリケーションやライブラリに対しても使われる。Syslog プロトコルはクライアント/サーバ型プロトコルである。Syslog 送信側は短い(1024バイト以下)テキストメッセージを Syslog 受信側に送信する。受信側を一般に "syslogd"、"syslog デーモン"、"syslog サーバ" などと呼ぶ。Syslog メッセージは UDP または TCP 上で送信される。送信されるデータは一般にクリアテキストであるが、Stunnel、sslio、sslwrap といった SSL ラッパーを使って SSL/TLS による暗号化が可能である。Syslog は一般に、コンピュータシステムの管理とセキュリティ監視を目的として使われる。いくつか問題はあるものの、syslog は各種プラットフォーム上で広くサポートされている。そのため、Syslog を使って様々なシステムのログデータを1つの集中リポジトリで管理することも可能である。Syslog は現在、IETF の Syslog working group で標準化されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1209262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4238 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49509464 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Syslog は、ログメッセージをIPネットワーク上で転送するための標準規格である。"Syslog" という用語は、その通信プロトコルを指すだけでなく、Syslog メッセージを送信するアプリケーションやライブラリに対しても使われる。Syslog プロトコルはクライアント/サーバ型プロトコルである。Syslog 送信側は短い(1024バイト以下)テキストメッセージを Syslog 受信側に送信する。受信側を一般に "syslogd"、"syslog デーモン"、"syslog サーバ" などと呼ぶ。Syslog メッセージは UDP または TCP 上で送信される。送信されるデータは一般にクリアテキストであるが、Stunnel、sslio、sslwrap といった SSL ラッパーを使って SSL/TLS による暗号化が可能である。Syslog は一般に、コンピュータシステムの管理とセキュリティ監視を目的として使われる。いくつか問題はあるものの、syslog は各種プラットフォーム上で広くサポートされている。そのため、Syslog を使って様々なシステムのログデータを1つの集中リポジトリで管理することも可能である。Syslog は現在、IETF の Syslog working group で標準化されている。
rdfs:label
  • Syslog
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of