Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • SpicyLibraCS(スパイシーリブラシーエス)は、スパイシーソフトが開発、販売するAdobe InDesignを組版エンジンとして使用した、Windows版InDesign対応の自動組版ソフトである。SpicyLibraCSは、InDesignがCreative Suite対応になった後の対応製品につけられた名前で、SpicyLibraのCS対応版を意味する。スパイシーソフトは、ドキュメント処理のソリューションにInDesignの組版機能を利用した各種のアプリケーションソフトを開発しており、SpicyLibraCSは、その内の一で、定形レイアウト印刷物の自動組版ソフトに位置づけられている製品である。オンデマンド印刷、バリアブル印刷といった分野での使用はもちろんのこと、簡単なパンフレット、カタログといったものまで応用範囲が広い。特に、PoP、名刺、DM、名簿などは、この種のソフトの通常の活躍分野といえる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 665020 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4058 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50577552 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • SpicyLibraCS(スパイシーリブラシーエス)は、スパイシーソフトが開発、販売するAdobe InDesignを組版エンジンとして使用した、Windows版InDesign対応の自動組版ソフトである。SpicyLibraCSは、InDesignがCreative Suite対応になった後の対応製品につけられた名前で、SpicyLibraのCS対応版を意味する。スパイシーソフトは、ドキュメント処理のソリューションにInDesignの組版機能を利用した各種のアプリケーションソフトを開発しており、SpicyLibraCSは、その内の一で、定形レイアウト印刷物の自動組版ソフトに位置づけられている製品である。オンデマンド印刷、バリアブル印刷といった分野での使用はもちろんのこと、簡単なパンフレット、カタログといったものまで応用範囲が広い。特に、PoP、名刺、DM、名簿などは、この種のソフトの通常の活躍分野といえる。
rdfs:label
  • SpicyLibraCS
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of