SoftBank 3G(ソフトバンク スリージー)は、携帯電話キャリアであるソフトバンクが提供する2GHz/1.5GHz/900MHz帯を使用した第三世代携帯電話サービス及びそのサービスに対応した端末を指す。通称S3G。旧称はVodafone 3G (V3G)。 もともとボーダフォン日本法人は第三世代携帯電話サービスを、日本国外との国際ローミングが可能なことを前面に出した「ボーダフォングローバルスタンダード」(Vodafone Global Standard=以下VGS)の名で2002年にスタートさせたが、加入者が伸びず、パケット定額制など新サービスを始めるのを機に2004年12月に名称をVodafone 3Gに変更した。 ボーダフォン(Vodafone日本法人)からソフトバンクモバイル(→ソフトバンク)への社名変更により、2006年10月に現在の名称に変更した。 2019年11月末日より、をすると旧来の3G対応の携帯及びスマートフォンの機種の機能の一部が使用できなくなる。これはインターネット通信のセキュリティ強化などネットワーク構成の更新・改善によって、これらの機種が対応できない為である。使用できなくなる機能として、GPS、S!メール、ワンセグ、カメラの起動、時刻自動調整などがある。

Property Value
dbo:abstract
  • SoftBank 3G(ソフトバンク スリージー)は、携帯電話キャリアであるソフトバンクが提供する2GHz/1.5GHz/900MHz帯を使用した第三世代携帯電話サービス及びそのサービスに対応した端末を指す。通称S3G。旧称はVodafone 3G (V3G)。 もともとボーダフォン日本法人は第三世代携帯電話サービスを、日本国外との国際ローミングが可能なことを前面に出した「ボーダフォングローバルスタンダード」(Vodafone Global Standard=以下VGS)の名で2002年にスタートさせたが、加入者が伸びず、パケット定額制など新サービスを始めるのを機に2004年12月に名称をVodafone 3Gに変更した。 ボーダフォン(Vodafone日本法人)からソフトバンクモバイル(→ソフトバンク)への社名変更により、2006年10月に現在の名称に変更した。 2019年11月末日より、をすると旧来の3G対応の携帯及びスマートフォンの機種の機能の一部が使用できなくなる。これはインターネット通信のセキュリティ強化などネットワーク構成の更新・改善によって、これらの機種が対応できない為である。使用できなくなる機能として、GPS、S!メール、ワンセグ、カメラの起動、時刻自動調整などがある。 (ja)
  • SoftBank 3G(ソフトバンク スリージー)は、携帯電話キャリアであるソフトバンクが提供する2GHz/1.5GHz/900MHz帯を使用した第三世代携帯電話サービス及びそのサービスに対応した端末を指す。通称S3G。旧称はVodafone 3G (V3G)。 もともとボーダフォン日本法人は第三世代携帯電話サービスを、日本国外との国際ローミングが可能なことを前面に出した「ボーダフォングローバルスタンダード」(Vodafone Global Standard=以下VGS)の名で2002年にスタートさせたが、加入者が伸びず、パケット定額制など新サービスを始めるのを機に2004年12月に名称をVodafone 3Gに変更した。 ボーダフォン(Vodafone日本法人)からソフトバンクモバイル(→ソフトバンク)への社名変更により、2006年10月に現在の名称に変更した。 2019年11月末日より、をすると旧来の3G対応の携帯及びスマートフォンの機種の機能の一部が使用できなくなる。これはインターネット通信のセキュリティ強化などネットワーク構成の更新・改善によって、これらの機種が対応できない為である。使用できなくなる機能として、GPS、S!メール、ワンセグ、カメラの起動、時刻自動調整などがある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 175250 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 26405 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80061238 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • SoftBank 3G(ソフトバンク スリージー)は、携帯電話キャリアであるソフトバンクが提供する2GHz/1.5GHz/900MHz帯を使用した第三世代携帯電話サービス及びそのサービスに対応した端末を指す。通称S3G。旧称はVodafone 3G (V3G)。 もともとボーダフォン日本法人は第三世代携帯電話サービスを、日本国外との国際ローミングが可能なことを前面に出した「ボーダフォングローバルスタンダード」(Vodafone Global Standard=以下VGS)の名で2002年にスタートさせたが、加入者が伸びず、パケット定額制など新サービスを始めるのを機に2004年12月に名称をVodafone 3Gに変更した。 ボーダフォン(Vodafone日本法人)からソフトバンクモバイル(→ソフトバンク)への社名変更により、2006年10月に現在の名称に変更した。 2019年11月末日より、をすると旧来の3G対応の携帯及びスマートフォンの機種の機能の一部が使用できなくなる。これはインターネット通信のセキュリティ強化などネットワーク構成の更新・改善によって、これらの機種が対応できない為である。使用できなくなる機能として、GPS、S!メール、ワンセグ、カメラの起動、時刻自動調整などがある。 (ja)
  • SoftBank 3G(ソフトバンク スリージー)は、携帯電話キャリアであるソフトバンクが提供する2GHz/1.5GHz/900MHz帯を使用した第三世代携帯電話サービス及びそのサービスに対応した端末を指す。通称S3G。旧称はVodafone 3G (V3G)。 もともとボーダフォン日本法人は第三世代携帯電話サービスを、日本国外との国際ローミングが可能なことを前面に出した「ボーダフォングローバルスタンダード」(Vodafone Global Standard=以下VGS)の名で2002年にスタートさせたが、加入者が伸びず、パケット定額制など新サービスを始めるのを機に2004年12月に名称をVodafone 3Gに変更した。 ボーダフォン(Vodafone日本法人)からソフトバンクモバイル(→ソフトバンク)への社名変更により、2006年10月に現在の名称に変更した。 2019年11月末日より、をすると旧来の3G対応の携帯及びスマートフォンの機種の機能の一部が使用できなくなる。これはインターネット通信のセキュリティ強化などネットワーク構成の更新・改善によって、これらの機種が対応できない為である。使用できなくなる機能として、GPS、S!メール、ワンセグ、カメラの起動、時刻自動調整などがある。 (ja)
rdfs:label
  • SoftBank 3G (ja)
  • SoftBank 3G (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:computingPlatform of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:plat of
is prop-ja:データ通信方式 of
is prop-ja:対応機種 of
is prop-ja:通信方式 of
is foaf:primaryTopic of