Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Si 204は、第二次世界大戦時にドイツのジーベル社が開発した輸送機/練習機である。アルグス411エンジンを搭載した双発機で、原型機は1941年に初飛行した。速度等の性能は平凡だったが、操縦性に優れ整備も容易だったため連絡機や機上作業練習機として広く利用された。第二次世界大戦中に約1200機生産されたが、終戦後もフランスのSNCA社やチェコのアエロ社で生産された。
dbpedia-owl:aircraftUser
dbpedia-owl:firstFlight
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 1216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1443374 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6819 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57391639 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:初飛行年月日
  • 1940 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • ジーベル Si 204
prop-ja:生産数
  • 1216 (xsd:integer)
prop-ja:用途
  • 軽輸送機
prop-ja:画像
  • File:Siebel_Si.204D_PH-NLL_Hilversum_12.03.67_edited-2.jpg
prop-ja:製造者
  • ジーベル(Siebel)
prop-ja:運用者
  • ドイツ空軍、フランス空軍チェコスロバキア空軍
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Si 204は、第二次世界大戦時にドイツのジーベル社が開発した輸送機/練習機である。アルグス411エンジンを搭載した双発機で、原型機は1941年に初飛行した。速度等の性能は平凡だったが、操縦性に優れ整備も容易だったため連絡機や機上作業練習機として広く利用された。第二次世界大戦中に約1200機生産されたが、終戦後もフランスのSNCA社やチェコのアエロ社で生産された。
rdfs:label
  • Si 204 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ジーベル Si 204
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of