Shojo Beatはビズメディアが北米で発行していた月刊少女漫画誌。2005年6月にの姉妹誌として創刊された。6本の漫画が連載され、日本の漫画やアニメ、ファッションといった文化に関する記事も掲載された。2006年7月号からは、英語雑誌としては初の試みとして、日本の漫画雑誌のようにシアンとマゼンタのインクを使うようデザインを改めている。ビズメディアはShojo Beatブランドを立ち上げ、読者層を対象としたライトノベルやアニメを送り出している。 若い女性を読者対象としており、特にコア読者層を13歳から19歳に設定していた。創刊号は2万部を発行し、2007年までの平均部数は3万8千部で、書店での販売も行われたが半数ほどは購読によるものだった。批評家からは漫画作品や日本文化についての記事を賞賛されたが、初期の号においてつまらなくて質が悪いとされたこともある。2009年5月にビズメディアは休刊を宣言、2009年7月号が最終号となった。北米市場で日本の漫画を発行している雑誌は姉妹誌のShonen Jumpなどがあるが、女性向けとしては唯一のものであり、休刊はファンを落胆させた。雑誌は休刊となったもののブランド名は残され、ビズメディアはShojo Beatブランドでアニメや漫画をリリースし続けている。

Property Value
dbo:abstract
  • Shojo Beatはビズメディアが北米で発行していた月刊少女漫画誌。2005年6月にの姉妹誌として創刊された。6本の漫画が連載され、日本の漫画やアニメ、ファッションといった文化に関する記事も掲載された。2006年7月号からは、英語雑誌としては初の試みとして、日本の漫画雑誌のようにシアンとマゼンタのインクを使うようデザインを改めている。ビズメディアはShojo Beatブランドを立ち上げ、読者層を対象としたライトノベルやアニメを送り出している。 若い女性を読者対象としており、特にコア読者層を13歳から19歳に設定していた。創刊号は2万部を発行し、2007年までの平均部数は3万8千部で、書店での販売も行われたが半数ほどは購読によるものだった。批評家からは漫画作品や日本文化についての記事を賞賛されたが、初期の号においてつまらなくて質が悪いとされたこともある。2009年5月にビズメディアは休刊を宣言、2009年7月号が最終号となった。北米市場で日本の漫画を発行している雑誌は姉妹誌のShonen Jumpなどがあるが、女性向けとしては唯一のものであり、休刊はファンを落胆させた。雑誌は休刊となったもののブランド名は残され、ビズメディアはShojo Beatブランドでアニメや漫画をリリースし続けている。 (ja)
  • Shojo Beatはビズメディアが北米で発行していた月刊少女漫画誌。2005年6月にの姉妹誌として創刊された。6本の漫画が連載され、日本の漫画やアニメ、ファッションといった文化に関する記事も掲載された。2006年7月号からは、英語雑誌としては初の試みとして、日本の漫画雑誌のようにシアンとマゼンタのインクを使うようデザインを改めている。ビズメディアはShojo Beatブランドを立ち上げ、読者層を対象としたライトノベルやアニメを送り出している。 若い女性を読者対象としており、特にコア読者層を13歳から19歳に設定していた。創刊号は2万部を発行し、2007年までの平均部数は3万8千部で、書店での販売も行われたが半数ほどは購読によるものだった。批評家からは漫画作品や日本文化についての記事を賞賛されたが、初期の号においてつまらなくて質が悪いとされたこともある。2009年5月にビズメディアは休刊を宣言、2009年7月号が最終号となった。北米市場で日本の漫画を発行している雑誌は姉妹誌のShonen Jumpなどがあるが、女性向けとしては唯一のものであり、休刊はファンを落胆させた。雑誌は休刊となったもののブランド名は残され、ビズメディアはShojo Beatブランドでアニメや漫画をリリースし続けている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1860143 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14414 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80061145 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:based
prop-ja:issn
  • 1932 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウェブサイト
prop-ja:ジャンル
prop-ja:出版社
prop-ja:刊行期間
  • 2005 (xsd:integer)
prop-ja:刊行頻度
  • 月刊 (ja)
  • 月刊 (ja)
prop-ja:発売国
prop-ja:発行人
  • Hyoe Narita (ja)
  • Hyoe Narita (ja)
prop-ja:発行部数
  • 38000 (xsd:integer)
prop-ja:発行部数調査年月
  • 2007 (xsd:integer)
prop-ja:編集人1役職
  • 編集長 (ja)
  • 編集長 (ja)
prop-ja:編集人1氏名
  • Hyoe Narita (ja)
  • Hyoe Narita (ja)
prop-ja:言語
  • 英語 (ja)
  • 英語 (ja)
prop-ja:誌名
  • Shojo Beat (ja)
  • Shojo Beat (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • Shojo Beatはビズメディアが北米で発行していた月刊少女漫画誌。2005年6月にの姉妹誌として創刊された。6本の漫画が連載され、日本の漫画やアニメ、ファッションといった文化に関する記事も掲載された。2006年7月号からは、英語雑誌としては初の試みとして、日本の漫画雑誌のようにシアンとマゼンタのインクを使うようデザインを改めている。ビズメディアはShojo Beatブランドを立ち上げ、読者層を対象としたライトノベルやアニメを送り出している。 若い女性を読者対象としており、特にコア読者層を13歳から19歳に設定していた。創刊号は2万部を発行し、2007年までの平均部数は3万8千部で、書店での販売も行われたが半数ほどは購読によるものだった。批評家からは漫画作品や日本文化についての記事を賞賛されたが、初期の号においてつまらなくて質が悪いとされたこともある。2009年5月にビズメディアは休刊を宣言、2009年7月号が最終号となった。北米市場で日本の漫画を発行している雑誌は姉妹誌のShonen Jumpなどがあるが、女性向けとしては唯一のものであり、休刊はファンを落胆させた。雑誌は休刊となったもののブランド名は残され、ビズメディアはShojo Beatブランドでアニメや漫画をリリースし続けている。 (ja)
  • Shojo Beatはビズメディアが北米で発行していた月刊少女漫画誌。2005年6月にの姉妹誌として創刊された。6本の漫画が連載され、日本の漫画やアニメ、ファッションといった文化に関する記事も掲載された。2006年7月号からは、英語雑誌としては初の試みとして、日本の漫画雑誌のようにシアンとマゼンタのインクを使うようデザインを改めている。ビズメディアはShojo Beatブランドを立ち上げ、読者層を対象としたライトノベルやアニメを送り出している。 若い女性を読者対象としており、特にコア読者層を13歳から19歳に設定していた。創刊号は2万部を発行し、2007年までの平均部数は3万8千部で、書店での販売も行われたが半数ほどは購読によるものだった。批評家からは漫画作品や日本文化についての記事を賞賛されたが、初期の号においてつまらなくて質が悪いとされたこともある。2009年5月にビズメディアは休刊を宣言、2009年7月号が最終号となった。北米市場で日本の漫画を発行している雑誌は姉妹誌のShonen Jumpなどがあるが、女性向けとしては唯一のものであり、休刊はファンを落胆させた。雑誌は休刊となったもののブランド名は残され、ビズメディアはShojo Beatブランドでアニメや漫画をリリースし続けている。 (ja)
rdfs:label
  • Shojo Beat (ja)
  • Shojo Beat (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of