Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ShVAK(ロシア語:ШВАК)は、1930年代後半から第二次世界大戦中にソ連で使用された20mm航空機関砲である。ボリス・シュピタリヌイとセミョーン・ウラジミロフが設計し、1936年から生産された。ShVAKは、Yak-1、I-153、I-16、La-5、La-7、LaGG-3、Il-2 の初期型、ハリケーンの独自改修型など多くの軍用機に装備され、他にも戦車砲としてT-38やT-60に搭載された。ShVAKの名は、「シュピタリヌィ・ウラジミロフ航空大口径(機関砲)」を意味する "Шпитальный-Владимиров Авиационный Крупнокалиберный"(ラテン文字表記の例:Shpitalnyi-Vladimirov Aviatsionnyi Krupnokalibernyi)の頭文字から来ている。派生型のTNSh(ロシア語:ТНШ)は、ShVAKを戦車砲として改設計したものである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1638153 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1675 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51895059 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:作動方式
  • ガス圧作動
prop-ja:使用弾薬
  • 20 (xsd:integer)
  • 弾丸重量:91-99g
prop-ja:全長
  • 1679 (xsd:integer)
prop-ja:口径
  • 20.0
prop-ja:名称
  • ShVAK/ШВАК
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 700 (xsd:integer)
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
prop-ja:設計・製造
prop-ja:説明
  • ShVAK機関砲
prop-ja:重量
  • 40 (xsd:integer)
prop-ja:銃口初速
  • 750 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ShVAK(ロシア語:ШВАК)は、1930年代後半から第二次世界大戦中にソ連で使用された20mm航空機関砲である。ボリス・シュピタリヌイとセミョーン・ウラジミロフが設計し、1936年から生産された。ShVAKは、Yak-1、I-153、I-16、La-5、La-7、LaGG-3、Il-2 の初期型、ハリケーンの独自改修型など多くの軍用機に装備され、他にも戦車砲としてT-38やT-60に搭載された。ShVAKの名は、「シュピタリヌィ・ウラジミロフ航空大口径(機関砲)」を意味する "Шпитальный-Владимиров Авиационный Крупнокалиберный"(ラテン文字表記の例:Shpitalnyi-Vladimirov Aviatsionnyi Krupnokalibernyi)の頭文字から来ている。派生型のTNSh(ロシア語:ТНШ)は、ShVAKを戦車砲として改設計したものである。
rdfs:label
  • ShVAK (機関砲)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of