Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『Scatman (Ski-Ba-Bop-Ba-Dop-Bop)』 (邦題:スキャットマン)とは、スキャットマン・ジョンの楽曲及びデビューシングルであり、ファーストアルバムであるScatman's Worldにも収録されている。この楽曲の特徴であるスキャットは彼自身が持つ言語障害、吃音症を転換した物であり、その歌詞は「吃音症の子供たちが逆境に負けないように」という彼の思いが込められている。それと同時に政治批判の側面も持つといった今後の彼の楽曲に見られる特徴を備えている。この曲の全体のテーマは「誰でも吃る」という事であり、頻繁に出てくる吃音という単語も、言葉を始め、それが行動に現れる人や、性格がそのような人。つまりみんな問題を抱えているという事を歌いたかったと全国言友会連絡協議会とのインタビュー彼は語っている。発表当初はさほど勢いの無かったこの曲だが、後に多くのラジオ番組に取り上げられ遂には世界各国でヒットチャートに入るようになり、多くの国で一位になるに至り、特にヨーロッパを始め、オーストラリア、日本での人気が高かった。彼の名を知らしめた曲であり、彼の楽曲の中でも最も有名な曲である。彼の死後現在もこの曲は毎年のように世界各国のDJ達がリミックスしている事から、彼の曲の中で一番リミックスのバージョンが多い曲でもある。尚、しばしば見られる『I'm Scatman』や『I am Scatman』というタイトル表記は誤りである。
dbpedia-owl:artist
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:releaseDate
  • 1929-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:title
  • スキャットマン
  • Scatman (Ski-Ba-Bop-Ba-Dop-Bop)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2360499 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3730 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58264932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:format
  • 12.0
prop-ja:fromAlbum
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:length
  • 210.0
  • 303.0
prop-ja:name
  • Scatman
  • スキャットマン
prop-ja:nextSingle
  • "Scatman's World"
prop-ja:producer
  • Antonio Nunzio Catania, Ingo Kays
prop-ja:released
  • 1929-01-01 (xsd:date)
prop-ja:thisSingle
  • "'''Scatman
  • '''"
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writer
  • John Larkin, Antonio Nunzio Catania
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『Scatman (Ski-Ba-Bop-Ba-Dop-Bop)』 (邦題:スキャットマン)とは、スキャットマン・ジョンの楽曲及びデビューシングルであり、ファーストアルバムであるScatman's Worldにも収録されている。この楽曲の特徴であるスキャットは彼自身が持つ言語障害、吃音症を転換した物であり、その歌詞は「吃音症の子供たちが逆境に負けないように」という彼の思いが込められている。それと同時に政治批判の側面も持つといった今後の彼の楽曲に見られる特徴を備えている。この曲の全体のテーマは「誰でも吃る」という事であり、頻繁に出てくる吃音という単語も、言葉を始め、それが行動に現れる人や、性格がそのような人。つまりみんな問題を抱えているという事を歌いたかったと全国言友会連絡協議会とのインタビュー彼は語っている。発表当初はさほど勢いの無かったこの曲だが、後に多くのラジオ番組に取り上げられ遂には世界各国でヒットチャートに入るようになり、多くの国で一位になるに至り、特にヨーロッパを始め、オーストラリア、日本での人気が高かった。彼の名を知らしめた曲であり、彼の楽曲の中でも最も有名な曲である。彼の死後現在もこの曲は毎年のように世界各国のDJ達がリミックスしている事から、彼の曲の中で一番リミックスのバージョンが多い曲でもある。尚、しばしば見られる『I'm Scatman』や『I am Scatman』というタイトル表記は誤りである。
rdfs:label
  • Scatman (Ski Ba Bop Ba Dop Bop)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:previousWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of