『SSSS.GRIDMAN』(グリッドマン)は、2018年10月から12月にかけてWOWOW・TOKYO MXほかにて放送された日本のテレビアニメ作品。 本作品は1993年から1994年にかけて放送された円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を原作とする完全新作アニメーションであり、日本アニメ(ーター)見本市で『電光超人グリッドマン boys invent great hero』を手がけたTRIGGERがアニメーション制作を担当する。 2019年12月には、雨宮を始めとする主要スタッフが手がける完全新作アニメーション『SSSS.DYNAZENON』(ダイナゼノン)の製作が発表された。

Property Value
dbo:abstract
  • 『SSSS.GRIDMAN』(グリッドマン)は、2018年10月から12月にかけてWOWOW・TOKYO MXほかにて放送された日本のテレビアニメ作品。 本作品は1993年から1994年にかけて放送された円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を原作とする完全新作アニメーションであり、日本アニメ(ーター)見本市で『電光超人グリッドマン boys invent great hero』を手がけたTRIGGERがアニメーション制作を担当する。 2019年12月には、雨宮を始めとする主要スタッフが手がける完全新作アニメーション『SSSS.DYNAZENON』(ダイナゼノン)の製作が発表された。 (ja)
  • 『SSSS.GRIDMAN』(グリッドマン)は、2018年10月から12月にかけてWOWOW・TOKYO MXほかにて放送された日本のテレビアニメ作品。 本作品は1993年から1994年にかけて放送された円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を原作とする完全新作アニメーションであり、日本アニメ(ーター)見本市で『電光超人グリッドマン boys invent great hero』を手がけたTRIGGERがアニメーション制作を担当する。 2019年12月には、雨宮を始めとする主要スタッフが手がける完全新作アニメーション『SSSS.DYNAZENON』(ダイナゼノン)の製作が発表された。 (ja)
dbo:director
dbo:genre
dbo:musicComposer
dbo:productionCompany
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3709967 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 63498 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81161227 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:aux
  • dbpedia-ja:大塚健_(アニメーター)
  • dbpedia-ja:雨宮哲
  • (ja)
  • - (ja)
  • 作画監督 (ja)
  • 演出 (ja)
  • 絵コンテ (ja)
  • 総作画監督 (ja)
  • 中園真登 (ja)
  • 大嶋博之 (ja)
  • 宮島善博 (ja)
  • 藤井辰己 (ja)
  • 斉藤健吾 (ja)
  • 金子祥之 (ja)
  • げそいくお (ja)
  • ヒロイック作画監督 (ja)
  • 久場良忠 (ja)
  • 五十嵐海 (ja)
  • 佐竹秀幸 (ja)
  • 坂本勝 (ja)
  • 浅野元 (ja)
  • 牟田口裕基 (ja)
  • 西川将貴 (ja)
  • 雨宮哲 (ja)
  • 高嶋宏之 (ja)
prop-ja:aux1colspan
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:aux4colspan
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:linecolor
  • #21adff (ja)
  • #21adff (ja)
prop-ja:number
  • (ja)
  • 第3回 (ja)
  • 話数 (ja)
  • 第1回 (ja)
  • 第2回 (ja)
  • 第4回 (ja)
  • 第7回 (ja)
  • 第8回 (ja)
  • 第9回 (ja)
  • 第10回 (ja)
  • 第11回 (ja)
  • 第12回 (ja)
  • 第5回 (ja)
  • 第6回 (ja)
  • (ja)
  • 第3回 (ja)
  • 話数 (ja)
  • 第1回 (ja)
  • 第2回 (ja)
  • 第4回 (ja)
  • 第7回 (ja)
  • 第8回 (ja)
  • 第9回 (ja)
  • 第10回 (ja)
  • 第11回 (ja)
  • 第12回 (ja)
  • 第5回 (ja)
  • 第6回 (ja)
prop-ja:reference
  • 映像ソフト『SSSS. GRIDMAN 1』特典ブックレット (ja)
  • 映像ソフト『SSSS. GRIDMAN 2』特典ブックレット (ja)
  • 映像ソフト『SSSS. GRIDMAN 1』特典ブックレット (ja)
  • 映像ソフト『SSSS. GRIDMAN 2』特典ブックレット (ja)
prop-ja:summary
  • バジャック戦後、スランプに陥ったアカネは怪獣ナナシを作り出すが、フルパワーグリッドマンに容易く倒される。一方、アンチも人間に近づきすぎたがゆえに生物に近い存在になったことに苦悩する。そんな中、残ったままの死体から本来のナナシが現れ、グリッドマンを撃破寸前まで追い詰める。そこへ命の意味を探す決意をしたアンチが助けに入り、グリッドマンのすべてをコピーしたグリッドナイトとなってナナシを撃破する。戦闘後、裕太たちはアカネと邂逅するが、アカネは説得を試みる裕太をカッターで刺す。 (ja)
  • 昏睡状態となった裕太をよそに、ナナシ戦の被害と記憶がリセットされない街には、アレクシスによってこれまで倒された怪獣たちが次々出現する。アンチは六花たちに助けられた礼としてグリッドナイトに変身し、出撃できない新世紀中学生たちに代わって戦うも次第に劣勢となる。一方、裕太は夢でグリッドマンと邂逅し、自身が響裕太という人物に宿ったグリッドマンの一部であることに気づく。ジャンクの再起動によって昏睡状態から目覚めた裕太は、引き留める内海を振り払ってアシストウェポンとともに戦闘に介入し、すべての怪獣を撃破する。そのころ六花はアカネを捜し当てたが、そこへアレクシスが現れアカネ自身を怪獣化させてしまう。 (ja)
  • 裕太たちのクラスは、校外学習の一環で山間部でのラフティングを体験する。そのなかでアカネは、裕太との会話から彼がグリッドマンに関係していると確信し、その近くに巨大な怪獣ゴーヤベックを出現させる。裕太は内海と六花のサポートで、ジャンクを運搬してきた新世紀中学生と合流。グリッドマンは、バスターボラーと合体したバスターグリッドマンとなり、アンチの介入をものともせずに強化された火力でゴーヤベックを撃破する。 (ja)
  • 怪獣ゼッガーと化したアカネを止めるため、アンチはゼッガーの内部からアカネを助け出す。しかしそこに現れたアレクシスによってアンチは重傷を負い、アレクシスはアカネを取り込んで自ら巨大化する。一方、六花や内海と合流した裕太は、全ての決着をつけるために新世紀中学生やアンチとアクセスフラッシュを敢行。戦闘コード「GRIDMAN」によってグリッドマンは本来の姿へと覚醒する。目的を明かしながら無限の命が生む再生力を見せつけるアレクシスにグリッドマンはエネルギー切れ寸前まで追い詰められる。しかし、自らに命を直す力があることを思い出したグリッドマンはグリッドフィクサービームによってアカネの心を救い出し、アレクシスの封印に成功する。戦闘後、アカネは六花に自分の非道を詫び、元の世界へ帰還。裕太から分離したグリッドマンと新世紀中学生たちも、内海と六花に別れを告げてハイパーワールドに帰還する。アンチはアノシラス親子に救われて一命をとりとめ、現実世界ではアカネが目を覚ます。 (ja)
  • 裕太たちはアカネがアレクシスに利用されている可能性を話し合うが、そんな彼らにアカネは自ら正体を明かし、メカグールギラスを学園祭に出現させると告げる。学園祭が迫るなか、裕太が全アシストウェポンを同時出撃させる策を閃くが、徹底抗戦を主張する内海と話し合いによる解決を求める六花の間に対立が生まれる。2人はそれぞれアカネの説得を試みるが、アカネは聞く耳をもたない。裕太はお互いに気まずくなった2人や新世紀中学生たちと被害を避けつつ怪獣を倒す策を練る。学園祭当日、グリッドマンは怪獣が暴れるより先に高校に出現することで生徒たちを避難させ、その後全てのアシストウェポンと合体したフルパワーグリッドマンの力でメカグールギラスを撃破する。 (ja)
  • 響裕太は、自身の名前を含めあらゆる記憶を喪失した状態で、宝多六花の家であるジャンクショップで目を覚ます。そして裕太は、店に陳列された古いパソコンに宿ったグリッドマンなる存在から、自分の使命を果たすように促される。翌日、同級生の内海将や新条アカネに助けられながら日常を送る裕太だったが、放課後、突如として怪獣グールギラスが街に現れる。裕太はグリッドマンに導かれるがまま彼と合体。実体化したグリッドマンは六花が送った内海の指示によってグールギラスを撃破する。 (ja)
  • 裕太は校外学習でのアカネの問いかけから、彼女が怪獣の記憶を持っているのではないかと推察するも、周囲に相談する機会を逃し悶々としていた。そんな折、裕太は怪獣を名乗る少女と遭遇し、押し切られる形で行動を共にすることとなる。裕太は少女から街の外には何もないこと、怪獣を生み出す人物がアカネで、彼女が世界の創造主であることを告げられる。一方、グリッドマンが裕太であることをアカネから知らされたアンチは、少女と別れた直後の裕太を襲撃するが、サムライ・キャリバーとマックスによって阻まれる。アンチは彼らに裕太を殺すとグリッドマンを倒せなくなる矛盾を指摘され、やむを得ず撤退する。 (ja)
  • 裕太は怪獣少女から告げられた真相を内海や六花に話すが一笑に付される。放課後、裕太は本人に直接話を聞こうと決心するが、その矢先に自室に侵入したアカネと邂逅。アカネから手を組むように勧誘され、アレクシスの存在を知る。そんな時、アレクシスがアンチの頼みで生み出したUFOが夜の街に現れる。グリッドマンはいくら倒しても再生するUFOに苦戦するが、スカイヴィッターと合体したスカイグリッドマンになることで、上空でUFOを操る怪獣ヂリバーとアンチを発見し、2体を撃退する。戦闘後、内海たちはグリッドマンが戦闘中に見た上空の街の存在から裕太の話を信じることとなり、裕太はただ街を救うだけが使命でないと自覚する。一方、アンチは用済みと判断され、アレクシスに処分されかける。 (ja)
  • デバダダン戦から1週間が経過した雨の日、授業をさぼった六花は謎の少年と出会うが、少年は六花を無視し、アカネの指示を受けて怪獣アンチへと姿を変える。裕太とグリッドマンはアンチに立ち向かうが、人語を話すアンチを人間と思った裕太が攻撃を躊躇した結果、アンチに敗北する。意気消沈する内海と六花だったが、翌日、彼らの前にサムライ・キャリバーの仲間であるマックス、ボラー、ヴィットが現れ、呼応するようにグリッドマンも待機状態から復活する。アンチと再戦するグリッドマンは、バトルトラクトマックスと合体してマックスグリッドマンとなり、アンチをエネルギー切れまで持ち込むことに成功する。 (ja)
  • グールギラスを倒した翌日、裕太たちは被害を受けたはずの学校が修復され、さらに同級生の問川ら数名のクラスメイトがいないことに疑問を抱く。裕太たちはサムライ・キャリバーを名乗る男とクラスメイトの家を周り、問川たちが既に亡くなっていることを知る。一方、怪獣を生み出した張本人であるアカネは、今度は学級担任を殺すためにアレクシス・ケリヴと共に怪獣デバダダンを作り出す。裕太は被害を抑えるため、最適化されたグリッドマンと合体。グリッドマンは光線を弾くデバダダンに苦戦するが、サムライ・キャリバーが変身したグリッドマンキャリバーを用いることで勝利を収める。 (ja)
  • アカネが生み出した怪獣バジャックによって深い眠りに落ちた裕太、内海、六花は、それぞれアカネを好きになる夢を見続ける。実体がなく、アンチの攻撃も受けつけないバジャックになすすべもない新世紀中学生だったが、グリッドマンのグリッドキネシスによって裕太たちがそれぞれ夢であることを認識したことでバジャックが実体化する。好機を逃さずアシストウェポンとなって出撃した新世紀中学生は、合体戦神パワードゼノンとなって怪獣を撃破する。戦闘後、夢でも裕太たちを懐柔できなかったアカネは茫然自失となり、アンチもグリッドマンが自分と戦う気が無いことを知る。 (ja)
  • ある日、六花とアカネは、なみことはっすが知り合ったユーチューバー集団「Arcadia」と合コンすることとなる。気になった裕太は内海らと彼女たちを尾行し、裕太はその中で六花への好意を自覚する。一方、アカネは六花にグリッドマンや裕太について探りを入れようとするが、「Arcadia」の面々に邪魔されて失敗し、その怒りで怪獣ゴングリーを作り出す。翌日、「Arcadia」のメンバーが減ったことに気づいた六花は怪獣の存在に気づき、残ったメンバーを助けようとするが、そこにゴングリーが出現する。裕太とグリッドマンは、窮地に陥った六花たちを救出。アンチの乱入やジャンクのフリーズに見舞われながらも、ゴングリーを撃破する。 (ja)
  • バジャック戦後、スランプに陥ったアカネは怪獣ナナシを作り出すが、フルパワーグリッドマンに容易く倒される。一方、アンチも人間に近づきすぎたがゆえに生物に近い存在になったことに苦悩する。そんな中、残ったままの死体から本来のナナシが現れ、グリッドマンを撃破寸前まで追い詰める。そこへ命の意味を探す決意をしたアンチが助けに入り、グリッドマンのすべてをコピーしたグリッドナイトとなってナナシを撃破する。戦闘後、裕太たちはアカネと邂逅するが、アカネは説得を試みる裕太をカッターで刺す。 (ja)
  • 昏睡状態となった裕太をよそに、ナナシ戦の被害と記憶がリセットされない街には、アレクシスによってこれまで倒された怪獣たちが次々出現する。アンチは六花たちに助けられた礼としてグリッドナイトに変身し、出撃できない新世紀中学生たちに代わって戦うも次第に劣勢となる。一方、裕太は夢でグリッドマンと邂逅し、自身が響裕太という人物に宿ったグリッドマンの一部であることに気づく。ジャンクの再起動によって昏睡状態から目覚めた裕太は、引き留める内海を振り払ってアシストウェポンとともに戦闘に介入し、すべての怪獣を撃破する。そのころ六花はアカネを捜し当てたが、そこへアレクシスが現れアカネ自身を怪獣化させてしまう。 (ja)
  • 裕太たちのクラスは、校外学習の一環で山間部でのラフティングを体験する。そのなかでアカネは、裕太との会話から彼がグリッドマンに関係していると確信し、その近くに巨大な怪獣ゴーヤベックを出現させる。裕太は内海と六花のサポートで、ジャンクを運搬してきた新世紀中学生と合流。グリッドマンは、バスターボラーと合体したバスターグリッドマンとなり、アンチの介入をものともせずに強化された火力でゴーヤベックを撃破する。 (ja)
  • 怪獣ゼッガーと化したアカネを止めるため、アンチはゼッガーの内部からアカネを助け出す。しかしそこに現れたアレクシスによってアンチは重傷を負い、アレクシスはアカネを取り込んで自ら巨大化する。一方、六花や内海と合流した裕太は、全ての決着をつけるために新世紀中学生やアンチとアクセスフラッシュを敢行。戦闘コード「GRIDMAN」によってグリッドマンは本来の姿へと覚醒する。目的を明かしながら無限の命が生む再生力を見せつけるアレクシスにグリッドマンはエネルギー切れ寸前まで追い詰められる。しかし、自らに命を直す力があることを思い出したグリッドマンはグリッドフィクサービームによってアカネの心を救い出し、アレクシスの封印に成功する。戦闘後、アカネは六花に自分の非道を詫び、元の世界へ帰還。裕太から分離したグリッドマンと新世紀中学生たちも、内海と六花に別れを告げてハイパーワールドに帰還する。アンチはアノシラス親子に救われて一命をとりとめ、現実世界ではアカネが目を覚ます。 (ja)
  • 裕太たちはアカネがアレクシスに利用されている可能性を話し合うが、そんな彼らにアカネは自ら正体を明かし、メカグールギラスを学園祭に出現させると告げる。学園祭が迫るなか、裕太が全アシストウェポンを同時出撃させる策を閃くが、徹底抗戦を主張する内海と話し合いによる解決を求める六花の間に対立が生まれる。2人はそれぞれアカネの説得を試みるが、アカネは聞く耳をもたない。裕太はお互いに気まずくなった2人や新世紀中学生たちと被害を避けつつ怪獣を倒す策を練る。学園祭当日、グリッドマンは怪獣が暴れるより先に高校に出現することで生徒たちを避難させ、その後全てのアシストウェポンと合体したフルパワーグリッドマンの力でメカグールギラスを撃破する。 (ja)
  • 響裕太は、自身の名前を含めあらゆる記憶を喪失した状態で、宝多六花の家であるジャンクショップで目を覚ます。そして裕太は、店に陳列された古いパソコンに宿ったグリッドマンなる存在から、自分の使命を果たすように促される。翌日、同級生の内海将や新条アカネに助けられながら日常を送る裕太だったが、放課後、突如として怪獣グールギラスが街に現れる。裕太はグリッドマンに導かれるがまま彼と合体。実体化したグリッドマンは六花が送った内海の指示によってグールギラスを撃破する。 (ja)
  • 裕太は校外学習でのアカネの問いかけから、彼女が怪獣の記憶を持っているのではないかと推察するも、周囲に相談する機会を逃し悶々としていた。そんな折、裕太は怪獣を名乗る少女と遭遇し、押し切られる形で行動を共にすることとなる。裕太は少女から街の外には何もないこと、怪獣を生み出す人物がアカネで、彼女が世界の創造主であることを告げられる。一方、グリッドマンが裕太であることをアカネから知らされたアンチは、少女と別れた直後の裕太を襲撃するが、サムライ・キャリバーとマックスによって阻まれる。アンチは彼らに裕太を殺すとグリッドマンを倒せなくなる矛盾を指摘され、やむを得ず撤退する。 (ja)
  • 裕太は怪獣少女から告げられた真相を内海や六花に話すが一笑に付される。放課後、裕太は本人に直接話を聞こうと決心するが、その矢先に自室に侵入したアカネと邂逅。アカネから手を組むように勧誘され、アレクシスの存在を知る。そんな時、アレクシスがアンチの頼みで生み出したUFOが夜の街に現れる。グリッドマンはいくら倒しても再生するUFOに苦戦するが、スカイヴィッターと合体したスカイグリッドマンになることで、上空でUFOを操る怪獣ヂリバーとアンチを発見し、2体を撃退する。戦闘後、内海たちはグリッドマンが戦闘中に見た上空の街の存在から裕太の話を信じることとなり、裕太はただ街を救うだけが使命でないと自覚する。一方、アンチは用済みと判断され、アレクシスに処分されかける。 (ja)
  • デバダダン戦から1週間が経過した雨の日、授業をさぼった六花は謎の少年と出会うが、少年は六花を無視し、アカネの指示を受けて怪獣アンチへと姿を変える。裕太とグリッドマンはアンチに立ち向かうが、人語を話すアンチを人間と思った裕太が攻撃を躊躇した結果、アンチに敗北する。意気消沈する内海と六花だったが、翌日、彼らの前にサムライ・キャリバーの仲間であるマックス、ボラー、ヴィットが現れ、呼応するようにグリッドマンも待機状態から復活する。アンチと再戦するグリッドマンは、バトルトラクトマックスと合体してマックスグリッドマンとなり、アンチをエネルギー切れまで持ち込むことに成功する。 (ja)
  • グールギラスを倒した翌日、裕太たちは被害を受けたはずの学校が修復され、さらに同級生の問川ら数名のクラスメイトがいないことに疑問を抱く。裕太たちはサムライ・キャリバーを名乗る男とクラスメイトの家を周り、問川たちが既に亡くなっていることを知る。一方、怪獣を生み出した張本人であるアカネは、今度は学級担任を殺すためにアレクシス・ケリヴと共に怪獣デバダダンを作り出す。裕太は被害を抑えるため、最適化されたグリッドマンと合体。グリッドマンは光線を弾くデバダダンに苦戦するが、サムライ・キャリバーが変身したグリッドマンキャリバーを用いることで勝利を収める。 (ja)
  • アカネが生み出した怪獣バジャックによって深い眠りに落ちた裕太、内海、六花は、それぞれアカネを好きになる夢を見続ける。実体がなく、アンチの攻撃も受けつけないバジャックになすすべもない新世紀中学生だったが、グリッドマンのグリッドキネシスによって裕太たちがそれぞれ夢であることを認識したことでバジャックが実体化する。好機を逃さずアシストウェポンとなって出撃した新世紀中学生は、合体戦神パワードゼノンとなって怪獣を撃破する。戦闘後、夢でも裕太たちを懐柔できなかったアカネは茫然自失となり、アンチもグリッドマンが自分と戦う気が無いことを知る。 (ja)
  • ある日、六花とアカネは、なみことはっすが知り合ったユーチューバー集団「Arcadia」と合コンすることとなる。気になった裕太は内海らと彼女たちを尾行し、裕太はその中で六花への好意を自覚する。一方、アカネは六花にグリッドマンや裕太について探りを入れようとするが、「Arcadia」の面々に邪魔されて失敗し、その怒りで怪獣ゴングリーを作り出す。翌日、「Arcadia」のメンバーが減ったことに気づいた六花は怪獣の存在に気づき、残ったメンバーを助けようとするが、そこにゴングリーが出現する。裕太とグリッドマンは、窮地に陥った六花たちを救出。アンチの乱入やジャンクのフリーズに見舞われながらも、ゴングリーを撃破する。 (ja)
prop-ja:tablestyle
  • font-size:small (ja)
  • font-size:small (ja)
prop-ja:title
  • (ja)
  • サブタイトル (ja)
  • 覚醒 (ja)
  • 修・復 (ja)
  • 夢・想 (ja)
  • 対・立 (ja)
  • 崩・壊 (ja)
  • 挑・発 (ja)
  • 接・触 (ja)
  • 敗・北 (ja)
  • 決・戦 (ja)
  • 疑・心 (ja)
  • 策・略 (ja)
  • 覚・醒 (ja)
  • (ja)
  • サブタイトル (ja)
  • 覚醒 (ja)
  • 修・復 (ja)
  • 夢・想 (ja)
  • 対・立 (ja)
  • 崩・壊 (ja)
  • 挑・発 (ja)
  • 接・触 (ja)
  • 敗・北 (ja)
  • 決・戦 (ja)
  • 疑・心 (ja)
  • 策・略 (ja)
  • 覚・醒 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アニメーション制作
prop-ja:イラスト
  • bun150 (ja)
  • うりも (ja)
  • bun150 (ja)
  • うりも (ja)
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:キャラクターデザイン
  • 坂本勝 (ja)
  • 坂本勝 (ja)
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • SSSS.GRIDMAN (ja)
  • SSSS.GRIDMAN NOVELIZATIONS (ja)
  • 小説 SSSS.GRIDMAN ANOTHER LOAD (ja)
  • SSSS.GRIDMAN (ja)
  • SSSS.GRIDMAN NOVELIZATIONS (ja)
  • 小説 SSSS.GRIDMAN ANOTHER LOAD (ja)
prop-ja:レーベル
  • ガガガブックス (ja)
  • ガガガブックス (ja)
prop-ja:体重
  • 2 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 560 (xsd:integer)
  • 27.0
prop-ja:出版社
prop-ja:別名
  • ****怪獣 (ja)
  • 因果応報怪獣 (ja)
  • 多事多難怪獣 (ja)
  • 幽愁暗恨怪獣 (ja)
  • 怪獣少女 (ja)
  • 捲土重来怪獣 (ja)
  • 有象無象怪獣 (ja)
  • 朝雲暮雨怪獣 (ja)
  • 気炎万丈怪獣 (ja)
  • 臥薪嘗胆怪獣 (ja)
  • 自縄自縛怪獣 (ja)
  • ****怪獣 (ja)
  • 因果応報怪獣 (ja)
  • 多事多難怪獣 (ja)
  • 幽愁暗恨怪獣 (ja)
  • 怪獣少女 (ja)
  • 捲土重来怪獣 (ja)
  • 有象無象怪獣 (ja)
  • 朝雲暮雨怪獣 (ja)
  • 気炎万丈怪獣 (ja)
  • 臥薪嘗胆怪獣 (ja)
  • 自縄自縛怪獣 (ja)
prop-ja:原作
  • 『電光超人グリッドマン』 (ja)
  • 『電光超人グリッドマン』 (ja)
prop-ja:名称
  • アンチ (ja)
  • アノシラス(2代目) (ja)
  • グリッドマン (ja)
  • グールギラス (ja)
  • ゴングリー (ja)
  • ゴーヤベック (ja)
  • ゼッガー (ja)
  • ヂリバー (ja)
  • デバダダン (ja)
  • ナナシ (ja)
  • バジャック (ja)
  • メカグールギラス (ja)
  • アンチ (ja)
  • アノシラス(2代目) (ja)
  • グリッドマン (ja)
  • グールギラス (ja)
  • ゴングリー (ja)
  • ゴーヤベック (ja)
  • ゼッガー (ja)
  • ヂリバー (ja)
  • デバダダン (ja)
  • ナナシ (ja)
  • バジャック (ja)
  • メカグールギラス (ja)
prop-ja:巻数
  • 全1巻 (ja)
  • 全2巻 (ja)
  • 全1巻 (ja)
  • 全2巻 (ja)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送終了
  • --02-01
prop-ja:放送開始
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:発売日
  • --05-30
prop-ja:監督
prop-ja:終了日
  • --02-19
prop-ja:脚本
prop-ja:著者
prop-ja:製作
  • 「GRIDMAN」製作委員会 (ja)
  • 「GRIDMAN」製作委員会 (ja)
prop-ja:話数
  • 全12話 (ja)
  • 全12話 (ja)
prop-ja:身長
  • 50 (xsd:integer)
  • 70 (xsd:integer)
  • 3900.0
  • 65m (ja)
  • 50m (ja)
  • 80m (ja)
  • 125.0
  • 399m (ja)
  • 70m (ja)
  • 72m (ja)
prop-ja:開始日
  • --09-19
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『SSSS.GRIDMAN』(グリッドマン)は、2018年10月から12月にかけてWOWOW・TOKYO MXほかにて放送された日本のテレビアニメ作品。 本作品は1993年から1994年にかけて放送された円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を原作とする完全新作アニメーションであり、日本アニメ(ーター)見本市で『電光超人グリッドマン boys invent great hero』を手がけたTRIGGERがアニメーション制作を担当する。 2019年12月には、雨宮を始めとする主要スタッフが手がける完全新作アニメーション『SSSS.DYNAZENON』(ダイナゼノン)の製作が発表された。 (ja)
  • 『SSSS.GRIDMAN』(グリッドマン)は、2018年10月から12月にかけてWOWOW・TOKYO MXほかにて放送された日本のテレビアニメ作品。 本作品は1993年から1994年にかけて放送された円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を原作とする完全新作アニメーションであり、日本アニメ(ーター)見本市で『電光超人グリッドマン boys invent great hero』を手がけたTRIGGERがアニメーション制作を担当する。 2019年12月には、雨宮を始めとする主要スタッフが手がける完全新作アニメーション『SSSS.DYNAZENON』(ダイナゼノン)の製作が発表された。 (ja)
rdfs:label
  • SSSS.GRIDMAN (ja)
  • SSSS.GRIDMAN (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • SSSS.GRIDMAN (ja)
  • SSSS.GRIDMAN (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:notableWorks of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of