Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • SPOTはフランス、ベルギー、スウェーデンが共同開発した一連のリモートセンシング衛星の名称。SPOTはSatellite Pour l'Observation de la Terreの略で、直訳すると「地球観測衛星」となる。フランスのトゥールーズに本拠を置く、フランス国立宇宙研究センター(CNES)の外郭団体スポット・イマージュ(Spot Image)により運営されている。1978年にフランス国立宇宙研究センターが計画開始。ベルギー科学技術文化局とスウェーデン宇宙庁との共同によって計画実現を見た。現在までに7機が打ち上げられている。 SPOT 1 - 1986年2月22日に打ち上げ。マルチスペクトルモード(空間分解能20m),パンクロマチックモード(10m)で画像を取得。1990年12月31日に運用を終了した。 SPOT 2 - 1990年1月22日に打ち上げ。センサ仕様はSPOT1に同じ。現在も運用されている。 SPOT 3 - 1993年9月26日に打ち上げ。センサ仕様はSPOT1に同じ。1997年11月14日に運用を停止した。 SPOT 4 - 1998年3月24日に打ち上げ。マルチスペクトルモード(20m)に短波長赤外域(SWIR)が追加される。さらに,広域観測のためのVEGETATION(1km)センサが搭載される。 SPOT 5 - 2002年5月4日に打ち上げ。マルチスペクトルモード(10m),パンクロマチックモード(5m,2.5m)の空間分解能が向上(ただし,短波長赤外域(SWIR)の空間分解能は20mのまま)。SPOT4同様,VEGETATION(1km)を搭載。 SPOT 6 - 2012年9月9日にインドのPSLVロケットで打ち上げ。 SPOT 7 - 2014年6月30日にインドのPSLVロケットで打ち上げ。撮影された画像は、防衛上の用途の他、ヨーロッパ共同体の農業政策策定の参考にしたり、5万分の1地図作製に用いられたり、地球環境・植生などの調査に利用されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1444891 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4504 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57611484 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • SPOTはフランス、ベルギー、スウェーデンが共同開発した一連のリモートセンシング衛星の名称。SPOTはSatellite Pour l'Observation de la Terreの略で、直訳すると「地球観測衛星」となる。フランスのトゥールーズに本拠を置く、フランス国立宇宙研究センター(CNES)の外郭団体スポット・イマージュ(Spot Image)により運営されている。1978年にフランス国立宇宙研究センターが計画開始。ベルギー科学技術文化局とスウェーデン宇宙庁との共同によって計画実現を見た。現在までに7機が打ち上げられている。 SPOT 1 - 1986年2月22日に打ち上げ。マルチスペクトルモード(空間分解能20m),パンクロマチックモード(10m)で画像を取得。1990年12月31日に運用を終了した。 SPOT 2 - 1990年1月22日に打ち上げ。センサ仕様はSPOT1に同じ。現在も運用されている。 SPOT 3 - 1993年9月26日に打ち上げ。センサ仕様はSPOT1に同じ。1997年11月14日に運用を停止した。 SPOT 4 - 1998年3月24日に打ち上げ。マルチスペクトルモード(20m)に短波長赤外域(SWIR)が追加される。さらに,広域観測のためのVEGETATION(1km)センサが搭載される。 SPOT 5 - 2002年5月4日に打ち上げ。マルチスペクトルモード(10m),パンクロマチックモード(5m,2.5m)の空間分解能が向上(ただし,短波長赤外域(SWIR)の空間分解能は20mのまま)。SPOT4同様,VEGETATION(1km)を搭載。 SPOT 6 - 2012年9月9日にインドのPSLVロケットで打ち上げ。 SPOT 7 - 2014年6月30日にインドのPSLVロケットで打ち上げ。撮影された画像は、防衛上の用途の他、ヨーロッパ共同体の農業政策策定の参考にしたり、5万分の1地図作製に用いられたり、地球環境・植生などの調査に利用されている。
rdfs:label
  • SPOT
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of