Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • SMARPP(スマープ、Serigaya Methamphetamine Relapse Prevention Program:せりがや覚せい剤依存再発防止プログラム)とは、神奈川県立精神医療センターのせりがや病院にて開発された、認知行動療法の志向を持つ精神刺激薬の覚醒剤への薬物依存症を主とする対象とした、外来の治療プログラムである。このプログラムは2006年より、松本俊彦が中心となって開発されている。派生するプログラムは各地域ごとに、多摩ではTAMARPPなどと呼ばれる。また読書を通してセルフヘルプを行うためのワークブックも出版されている。アメリカの西海岸で広く実施されている、マトリックス研究所のマトリックス・モデルという治療プログラムを参考にし、使用の防止には認知行動療法を、支持する場合には動機付け面接の原則をとり、8週間全21回の短期間にて、依存症の知識と具体的な対処スキルの修得に重点が置かれている。薬物依存症に対して治療を行うことが世界的な主流となっていく中で、日本はいまだ刑罰の他に治療の選択肢も少なく、薬物犯罪の刑を一部執行猶予する法案も通り、治療プログラムの整備が求められている。費用も、司法よりも治療のほうが少ない。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3046973 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5554 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59066342 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • SMARPP(スマープ、Serigaya Methamphetamine Relapse Prevention Program:せりがや覚せい剤依存再発防止プログラム)とは、神奈川県立精神医療センターのせりがや病院にて開発された、認知行動療法の志向を持つ精神刺激薬の覚醒剤への薬物依存症を主とする対象とした、外来の治療プログラムである。このプログラムは2006年より、松本俊彦が中心となって開発されている。派生するプログラムは各地域ごとに、多摩ではTAMARPPなどと呼ばれる。また読書を通してセルフヘルプを行うためのワークブックも出版されている。アメリカの西海岸で広く実施されている、マトリックス研究所のマトリックス・モデルという治療プログラムを参考にし、使用の防止には認知行動療法を、支持する場合には動機付け面接の原則をとり、8週間全21回の短期間にて、依存症の知識と具体的な対処スキルの修得に重点が置かれている。薬物依存症に対して治療を行うことが世界的な主流となっていく中で、日本はいまだ刑罰の他に治療の選択肢も少なく、薬物犯罪の刑を一部執行猶予する法案も通り、治療プログラムの整備が求められている。費用も、司法よりも治療のほうが少ない。
rdfs:label
  • SMARPP
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of