Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • S-5ロケット弾(S-5ロケットだん)は、ソビエト連邦によって開発された航空機搭載型の対地攻撃用ロケット弾である。初期にはARS-57とも呼ばれていた。現在はロシア空軍やその他の輸出先の多くの国々で使用されている。多くの状況に対応するため、成形炸薬弾(S-5K)や破片効果榴弾(S-5M/MO)、煙幕弾、焼夷弾など、数種類の弾頭が製作されている。これらのロケット弾は弾頭や信管にもよるが、概ね全長1.4m、重量5kg、射程3-4kmである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2089183 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4194 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 83 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57391784 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • S-5ロケット弾(S-5ロケットだん)は、ソビエト連邦によって開発された航空機搭載型の対地攻撃用ロケット弾である。初期にはARS-57とも呼ばれていた。現在はロシア空軍やその他の輸出先の多くの国々で使用されている。多くの状況に対応するため、成形炸薬弾(S-5K)や破片効果榴弾(S-5M/MO)、煙幕弾、焼夷弾など、数種類の弾頭が製作されている。これらのロケット弾は弾頭や信管にもよるが、概ね全長1.4m、重量5kg、射程3-4kmである。
rdfs:label
  • S-5ロケット弾
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ロケット弾 of
is foaf:primaryTopic of