Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Sガンダム(スペリオルガンダム、SUPERIOR GUNDAM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1987年から1990年まで『モデルグラフィックス』誌上で連載されていた小説・フォトストーリー『ガンダム・センチネル』。作中の登場勢力の一つ「地球連邦軍」の試作機で、『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役機「ΖΖガンダム」と同時期に開発された可変MS(TMS)。ΖΖガンダムと同じく機体を3機の航空機として分離・運用することが可能で、各種オプションパーツを追加・換装した複数の形態を持つ。制御系に特殊な人工知能を搭載しており、無人機としての運用も可能とされている。劇中では「α任務部隊」に配属された「リョウ・ルーツ」がメインパイロットを務め、連邦軍を離反した者たちで結成された敵勢力「ニューディサイズ」と戦う。メカニックデザインはカトキハジメ(『センチネル』連載当時は「かときはじめ」)。本来は表音表記そのまま「スペリオルガンダム」が正式な表記であるが、プラモデル化にあたり「スペリオル」が既存の商標と抵触するため、接頭語をスペルの頭文字のみに略した「Sガンダム」(エスガンダム)が商品名となった。これ以降は、紙媒体上の活字でももっぱら「Sガンダム」という略記に「スペリオルガンダム」の読みをあてるようになった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 139183 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13685 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57309460 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:2全備重量
  • 36.54
prop-ja:2全幅
  • 21.16m
prop-ja:2全長
  • 21.16m
prop-ja:2名称
  • Gアタッカー
prop-ja:2推力
  • 11200 (xsd:integer)
  • (総推力)44,800kg
prop-ja:2武装
  • ビームカノン×2
prop-ja:3オプション
  • ビームスマートガン
prop-ja:3全備重量
  • 24.36
prop-ja:3全幅
  • 18.43m
prop-ja:3全長
  • 25.490000 (xsd:double)
  • 32.980000 (xsd:double)
prop-ja:3名称
  • Gボマー
prop-ja:3推力
  • 24700 (xsd:integer)
  • (総推力)49,400kg
prop-ja:3武装
  • ビームカノン×2
prop-ja:4全備重量
  • 12.1
prop-ja:4全幅
  • 7.63m
prop-ja:4全長
  • 7.92m
prop-ja:4名称
  • Gコア
prop-ja:4推力
  • 4128 (xsd:integer)
  • (総推力)16,512kg
prop-ja:4武装
  • ミサイル・ランチャー×4
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • 姿勢制御バーニア×15
prop-ja:センサー
  • 18,800m
prop-ja:全備重量
  • 73.0
  • 162.5
  • 220.13
prop-ja:全高
  • 19.16m
  • 25.18m
prop-ja:出力
  • 7180 (xsd:integer)
  • 12250 (xsd:integer)
  • 12250.0
  • 7180.0
prop-ja:名称
  • Bst-Sガンダム
  • Ex-S GUNDAM
  • Ex-Sガンダム
  • S GUNDAM plus BOOSTERUNIT
  • Superior GUNDAM
  • Sガンダム(スペリオルガンダム)
prop-ja:型式番号
  • MSA-0011
  • MSA-0011[Bst]
  • MSA-0011[Ext]
prop-ja:建造
prop-ja:所属
prop-ja:推力
  • 11200 (xsd:integer)
  • 24700 (xsd:integer)
  • 1182000.0
  • 2140000.0
  • (総推力)143,600kg
prop-ja:搭乗者
  • シン・クリプト
  • テックス・ウェスト
  • リョウ・ルーツ
prop-ja:武装
  • 60 (xsd:integer)
  • ビームサーベル×2
  • インコム
  • ビームスマートガン
  • 大腿部ビームカノン×2
  • Iフィールド発生器
  • インコム(出力3.8MW)
  • オプション
  • テールスタビレータ部バルカン×4
  • ビームサーベル(出力0.9MW)×2
  • ビームスマートガン(出力56MW)
  • リフレクターインコム×2
  • 大腿部ビームカノン(出力14MW)×2
  • 背部ビームカノン×4
  • 背部ビームカノン(出力12MW)×2
prop-ja:生産形態
  • 試作機
prop-ja:装甲
prop-ja:重量
  • 38.4
  • 69.24
  • 82.18
prop-ja:頭頂高
  • 15.81m
  • 21.73m
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Sガンダム(スペリオルガンダム、SUPERIOR GUNDAM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は、1987年から1990年まで『モデルグラフィックス』誌上で連載されていた小説・フォトストーリー『ガンダム・センチネル』。作中の登場勢力の一つ「地球連邦軍」の試作機で、『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役機「ΖΖガンダム」と同時期に開発された可変MS(TMS)。ΖΖガンダムと同じく機体を3機の航空機として分離・運用することが可能で、各種オプションパーツを追加・換装した複数の形態を持つ。制御系に特殊な人工知能を搭載しており、無人機としての運用も可能とされている。劇中では「α任務部隊」に配属された「リョウ・ルーツ」がメインパイロットを務め、連邦軍を離反した者たちで結成された敵勢力「ニューディサイズ」と戦う。メカニックデザインはカトキハジメ(『センチネル』連載当時は「かときはじめ」)。本来は表音表記そのまま「スペリオルガンダム」が正式な表記であるが、プラモデル化にあたり「スペリオル」が既存の商標と抵触するため、接頭語をスペルの頭文字のみに略した「Sガンダム」(エスガンダム)が商品名となった。これ以降は、紙媒体上の活字でももっぱら「Sガンダム」という略記に「スペリオルガンダム」の読みをあてるようになった。
rdfs:label
  • Sガンダム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of