Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • RQ-2 パイオニア(Pioneer,英語で先駆者の意)はアメリカ合衆国のAAIコーポレーションとイスラエル・エアロスペース・インダストリーズが開発した軍用のUAVである。アメリカ陸軍、海軍、海兵隊や韓国陸軍で運用されている。アメリカ軍では1986年から配備を開始し、始めは戦艦の射撃観測用として運用されていたが、現在では偵察、観測、捜索救難、心理作戦などさまざまな任務に使用されている。離陸の方法は艦船の場合ロケット補助推進離陸、陸上の場合車載のカタパルトもしくは滑走して行う。任務終了後は大型のネットを使って回収される。75ポンドのペイロードがあり、5時間の飛行が可能である。機体下にはEO/IRセンサーが搭載されており、撮影したアナログビデオ映像をCバンドLOSデータリンクによりリアルタイムで地上に送信することができる。アメリカ軍では現在、パイオニアの後継となるMQ-8 ファイアスカウトの開発が行われている。
dbpedia-owl:aircraftType
  • 偵察機
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 175 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1648459 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1914 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58767318 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • RQ-2B
prop-ja:分類
prop-ja:名称
  • RQ-2 パイオニア
prop-ja:生産数
  • 175 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • Image:RQ-2B pioneer uav.jpg
prop-ja:製造者
prop-ja:運用者More
  • **(陸軍、海軍、海兵隊) **(大韓民国陸軍)
prop-ja:運用開始年月日
  • 1986 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • RQ-2 パイオニア(Pioneer,英語で先駆者の意)はアメリカ合衆国のAAIコーポレーションとイスラエル・エアロスペース・インダストリーズが開発した軍用のUAVである。アメリカ陸軍、海軍、海兵隊や韓国陸軍で運用されている。アメリカ軍では1986年から配備を開始し、始めは戦艦の射撃観測用として運用されていたが、現在では偵察、観測、捜索救難、心理作戦などさまざまな任務に使用されている。離陸の方法は艦船の場合ロケット補助推進離陸、陸上の場合車載のカタパルトもしくは滑走して行う。任務終了後は大型のネットを使って回収される。75ポンドのペイロードがあり、5時間の飛行が可能である。機体下にはEO/IRセンサーが搭載されており、撮影したアナログビデオ映像をCバンドLOSデータリンクによりリアルタイムで地上に送信することができる。アメリカ軍では現在、パイオニアの後継となるMQ-8 ファイアスカウトの開発が行われている。
rdfs:label
  • RQ-2 パイオニア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • RQ-2 パイオニア
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of