Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • RQ-170 センチネル(Sentinel,監視者、歩哨などの意)はアメリカ空軍が採用している無人航空機。開発はロッキード・マーティン社のスカンクワークス。現在アフガニスタンに配備され、不朽の自由作戦に参加している。2009年12月4日にアメリカ空軍が公式に存在を認めるまでは存在そのものが隠されていたが、それ以前にアフガニスタンでRQ-170を目撃したジャーナリストからはカンダハールの野獣(Beast of Kandahar)と呼ばれていた。また、ウサーマ・ビン・ラーディン殺害作戦の際の偵察活動にも使用されたとされる。2011年12月6日にイラン軍は「戦闘機・地上からの攻撃ではなく、電子的に侵入して奪った。損傷はほとんどない」という声明を発表し、鹵獲されたRQ-170を放映し、同12日、オバマ米大統領もそれを本物であると会見で認め正式に返還を求めた。2014年11月12日、イランはこの撃墜したRQ-170をコピーしたと思われる新型偵察機の映像を公開した。革命防衛隊の司令官は「米国の偵察機よりも飛行速度、機体重量などの性能を改良した」と主張している。一方、アメリカ国防総省は「米国の技術に匹敵するはずがない」としている。
dbpedia-owl:aircraftType
  • 偵察機
dbpedia-owl:aircraftUser
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1993463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2149 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58663952 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • RQ-170 センチネル
prop-ja:分類
prop-ja:名称
  • RQ-170 センチネル
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • File:RQ-170_Wiki_contributor_3Dartist.png
prop-ja:製造者
prop-ja:運用者
  • (アメリカ空軍)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • RQ-170 センチネル(Sentinel,監視者、歩哨などの意)はアメリカ空軍が採用している無人航空機。開発はロッキード・マーティン社のスカンクワークス。現在アフガニスタンに配備され、不朽の自由作戦に参加している。2009年12月4日にアメリカ空軍が公式に存在を認めるまでは存在そのものが隠されていたが、それ以前にアフガニスタンでRQ-170を目撃したジャーナリストからはカンダハールの野獣(Beast of Kandahar)と呼ばれていた。また、ウサーマ・ビン・ラーディン殺害作戦の際の偵察活動にも使用されたとされる。2011年12月6日にイラン軍は「戦闘機・地上からの攻撃ではなく、電子的に侵入して奪った。損傷はほとんどない」という声明を発表し、鹵獲されたRQ-170を放映し、同12日、オバマ米大統領もそれを本物であると会見で認め正式に返還を求めた。2014年11月12日、イランはこの撃墜したRQ-170をコピーしたと思われる新型偵察機の映像を公開した。革命防衛隊の司令官は「米国の偵察機よりも飛行速度、機体重量などの性能を改良した」と主張している。一方、アメリカ国防総省は「米国の技術に匹敵するはずがない」としている。
rdfs:label
  • RQ-170 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • RQ-170 センチネル
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of