Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • RPG-43手榴弾(ロシア語:РПГ-43)は、1943年にソビエト連邦で開発された対戦車手榴弾(対戦車擲弾)。第二次世界大戦(大祖国戦争)で使用され、第二次大戦後にはワルシャワ条約機構軍やソ連の友好国も使用した。炸薬の爆発力で目標を破壊するRPG-40手榴弾では、V号戦車パンターやVI号戦車ティーガーIといったドイツ軍が使用する戦車には威力不足だったため、弾頭は成形炸薬弾になっている。装甲貫通力は、RHAで約75mm。投擲後、円筒形の弾頭はばねで押し出され、弾頭後部に取り付けられた細長い布で姿勢を垂直に保つようになっていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2470658 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 836 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58457359 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • RPG-43手榴弾(ロシア語:РПГ-43)は、1943年にソビエト連邦で開発された対戦車手榴弾(対戦車擲弾)。第二次世界大戦(大祖国戦争)で使用され、第二次大戦後にはワルシャワ条約機構軍やソ連の友好国も使用した。炸薬の爆発力で目標を破壊するRPG-40手榴弾では、V号戦車パンターやVI号戦車ティーガーIといったドイツ軍が使用する戦車には威力不足だったため、弾頭は成形炸薬弾になっている。装甲貫通力は、RHAで約75mm。投擲後、円筒形の弾頭はばねで押し出され、弾頭後部に取り付けられた細長い布で姿勢を垂直に保つようになっていた。
rdfs:label
  • RPG-43手榴弾
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of