Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • RPG-40手榴弾(ロシア語:РПГ-40)は、1940年にソビエト連邦で開発された対戦車手榴弾(対戦車擲弾)。第二次世界大戦(大祖国戦争)で使用され、装甲車や軽戦車には効果があったが、ドイツ軍が使用するIV号戦車、V号戦車パンターといった中戦車には威力不足なため、1943年には後継としRPG-43手榴弾が開発された。第二次大戦後には、ワルシャワ条約機構軍も使用した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2469229 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58457357 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • RPG-40手榴弾(ロシア語:РПГ-40)は、1940年にソビエト連邦で開発された対戦車手榴弾(対戦車擲弾)。第二次世界大戦(大祖国戦争)で使用され、装甲車や軽戦車には効果があったが、ドイツ軍が使用するIV号戦車、V号戦車パンターといった中戦車には威力不足なため、1943年には後継としRPG-43手榴弾が開発された。第二次大戦後には、ワルシャワ条約機構軍も使用した。
rdfs:label
  • RPG-40手榴弾
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of