RFLP(Restriction Fragment Length Polymorphism、制限酵素断片長多型)とは、制限酵素によって切断された DNA 断片の長さが、同一種内の個体間で異なる(多型を示す)ことを指し、また転じてそれを検出する手法も意味する。一塩基多型によってこの違いが現れることもある。遺伝病を持つ人と持たない人でこれが異なる場合があり、診断や遺伝病の原因遺伝子の同定に利用される。得られた断片長は、電気泳動によって既知の断片長のDNA(サイズマーカー)と比較して求める。 ゲノムプロジェクトの進行に伴ってPCRに用いるプライマーの設計が容易になったため、現在ではPCRでDNAを増幅し、その反応生成物を制限酵素で切断する手法であるPCR-RFLPが一般的となった。PCR-RFLP以前はヒトを対象とした場合、 1. * 生きた細胞の採取 2. * 細胞の培養(数日) 3. * 比較的高品質なDNAの抽出 4. * DNAの切断 5. * 電気泳動 6. * ブロッティング 7. * 放射性同位元素等でラベルしたプローブのハイブリダイズ 8. * X線フィルムへの感光・現像 といった手順を踏んだ。一方、PCR-RFLPでは、 と、半日程度で可能となった。

Property Value
dbo:abstract
  • RFLP(Restriction Fragment Length Polymorphism、制限酵素断片長多型)とは、制限酵素によって切断された DNA 断片の長さが、同一種内の個体間で異なる(多型を示す)ことを指し、また転じてそれを検出する手法も意味する。一塩基多型によってこの違いが現れることもある。遺伝病を持つ人と持たない人でこれが異なる場合があり、診断や遺伝病の原因遺伝子の同定に利用される。得られた断片長は、電気泳動によって既知の断片長のDNA(サイズマーカー)と比較して求める。 ゲノムプロジェクトの進行に伴ってPCRに用いるプライマーの設計が容易になったため、現在ではPCRでDNAを増幅し、その反応生成物を制限酵素で切断する手法であるPCR-RFLPが一般的となった。PCR-RFLP以前はヒトを対象とした場合、 1. * 生きた細胞の採取 2. * 細胞の培養(数日) 3. * 比較的高品質なDNAの抽出 4. * DNAの切断 5. * 電気泳動 6. * ブロッティング 7. * 放射性同位元素等でラベルしたプローブのハイブリダイズ 8. * X線フィルムへの感光・現像 といった手順を踏んだ。一方、PCR-RFLPでは、 1. * 比較的粗雑なDNAの採取 2. * PCR(2時間程度) 3. * DNAの切断 4. * 電気泳動 5. * 紫外線によるDNAの可視化 と、半日程度で可能となった。 (ja)
  • RFLP(Restriction Fragment Length Polymorphism、制限酵素断片長多型)とは、制限酵素によって切断された DNA 断片の長さが、同一種内の個体間で異なる(多型を示す)ことを指し、また転じてそれを検出する手法も意味する。一塩基多型によってこの違いが現れることもある。遺伝病を持つ人と持たない人でこれが異なる場合があり、診断や遺伝病の原因遺伝子の同定に利用される。得られた断片長は、電気泳動によって既知の断片長のDNA(サイズマーカー)と比較して求める。 ゲノムプロジェクトの進行に伴ってPCRに用いるプライマーの設計が容易になったため、現在ではPCRでDNAを増幅し、その反応生成物を制限酵素で切断する手法であるPCR-RFLPが一般的となった。PCR-RFLP以前はヒトを対象とした場合、 1. * 生きた細胞の採取 2. * 細胞の培養(数日) 3. * 比較的高品質なDNAの抽出 4. * DNAの切断 5. * 電気泳動 6. * ブロッティング 7. * 放射性同位元素等でラベルしたプローブのハイブリダイズ 8. * X線フィルムへの感光・現像 といった手順を踏んだ。一方、PCR-RFLPでは、 1. * 比較的粗雑なDNAの採取 2. * PCR(2時間程度) 3. * DNAの切断 4. * 電気泳動 5. * 紫外線によるDNAの可視化 と、半日程度で可能となった。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 82376 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2461 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 66024151 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • RFLP(Restriction Fragment Length Polymorphism、制限酵素断片長多型)とは、制限酵素によって切断された DNA 断片の長さが、同一種内の個体間で異なる(多型を示す)ことを指し、また転じてそれを検出する手法も意味する。一塩基多型によってこの違いが現れることもある。遺伝病を持つ人と持たない人でこれが異なる場合があり、診断や遺伝病の原因遺伝子の同定に利用される。得られた断片長は、電気泳動によって既知の断片長のDNA(サイズマーカー)と比較して求める。 ゲノムプロジェクトの進行に伴ってPCRに用いるプライマーの設計が容易になったため、現在ではPCRでDNAを増幅し、その反応生成物を制限酵素で切断する手法であるPCR-RFLPが一般的となった。PCR-RFLP以前はヒトを対象とした場合、 1. * 生きた細胞の採取 2. * 細胞の培養(数日) 3. * 比較的高品質なDNAの抽出 4. * DNAの切断 5. * 電気泳動 6. * ブロッティング 7. * 放射性同位元素等でラベルしたプローブのハイブリダイズ 8. * X線フィルムへの感光・現像 といった手順を踏んだ。一方、PCR-RFLPでは、 と、半日程度で可能となった。 (ja)
  • RFLP(Restriction Fragment Length Polymorphism、制限酵素断片長多型)とは、制限酵素によって切断された DNA 断片の長さが、同一種内の個体間で異なる(多型を示す)ことを指し、また転じてそれを検出する手法も意味する。一塩基多型によってこの違いが現れることもある。遺伝病を持つ人と持たない人でこれが異なる場合があり、診断や遺伝病の原因遺伝子の同定に利用される。得られた断片長は、電気泳動によって既知の断片長のDNA(サイズマーカー)と比較して求める。 ゲノムプロジェクトの進行に伴ってPCRに用いるプライマーの設計が容易になったため、現在ではPCRでDNAを増幅し、その反応生成物を制限酵素で切断する手法であるPCR-RFLPが一般的となった。PCR-RFLP以前はヒトを対象とした場合、 1. * 生きた細胞の採取 2. * 細胞の培養(数日) 3. * 比較的高品質なDNAの抽出 4. * DNAの切断 5. * 電気泳動 6. * ブロッティング 7. * 放射性同位元素等でラベルしたプローブのハイブリダイズ 8. * X線フィルムへの感光・現像 といった手順を踏んだ。一方、PCR-RFLPでは、 と、半日程度で可能となった。 (ja)
rdfs:label
  • RFLP (ja)
  • RFLP (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of