Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Qt(キュート)はC++言語で書かれたアプリケーション・ユーザインタフェース (UI) フレームワークである。GUIツールキットとして広く知られているQtであるが、コンソールツールやサーバのような非GUIプログラムでも広く使用されている。ディジアの一部門Qtデベロップメントフレームワークスによって開発されている。Qt は、キュート [ˈkjuːt]と発音する。また、俗称ではあるがキュー・ティーと発音されることもよくある。ライセンスには商用版とオープンソース版があり、現在のオープンソース版のライセンスはLGPL(Qt4.5より)およびGPL である。商用版を購入するとQt商用ライセンス(Qt Commercial Developer License)でソフトウェアを開発することができる。LGPL版は、2009年3月にリリースされたQt 4.5から提供され始めた。これによりQtは営利企業にとってもより使いやすいライブラリーとなった。日本では SRA やアイ・エス・ビーなどが、Qt 関連サービスの提供、商用ライセンスの販売などを行っている。日本の Qt コミュニティには、日本 Qt ユーザー会などがあり、Qt に関する情報交換、交流の場になっている。また、公式のコミュニティサイト Qt Projectでは、Qt に関するドキュメント、フォーラム、ウィキ、グループなどのサービスが提供されており、英語の他に日本語などの言語にも対応している。QtはC++で開発されており、単独のソースコードによりX Window System(Linux、UNIX等)、Windows、Mac OS X、組み込みシステムといった様々なプラットフォーム上で稼働するアプリケーションの開発が可能である。またコミュニティーにより多言語のバインディングが開発されており、JavaからQtを利用できるようにしたQt Jambi、さらにQtをRuby、Python、Perl、C#などから利用できるようにしたオープンソースのAPIが存在する。このように開発が容易であり高速、スタイリッシュなQtはライセンスが多様なこともあり、KDEを始めとするオープンソースのアプリケーションに限らず、商業アプリケーションでの採用例も多く様々な分野で使用されている。OpenGLやSVG、XMLといった最新技術にも対応している他、日本語を含む多バイト文字入力フレームワークへも対応している。2012年8月9日にディジアがノキアからQtを買収した。AndroidやiOS、Windows 8へのQtの早急な対応を目標に、約125人のQt開発者たちがディジアに移籍された。
dbpedia-owl:computingPlatform
dbpedia-owl:latestReleaseVersion
  • 5.5.1
dbpedia-owl:license
dbpedia-owl:operatingSystem
dbpedia-owl:programmingLanguage
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 505693 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18571 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 197 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58928591 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サポート状況
  • 開発中
prop-ja:スクリーンショット
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
prop-ja:ロゴ
  • 80 (xsd:integer)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • Qt
prop-ja:対応os
  • FreeBSD組み込みLinuxMac OS XWindowsLinux/X11
  • Windows CESymbianMeeGoAmiga OSAndroidiOS
prop-ja:対応プラットフォーム
prop-ja:最新版
  • 5.500000 (xsd:double)
prop-ja:最新評価版
  • 5.600000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:説明文
  • Qt designer を用いたGUI設計
prop-ja:開発元
dc:description
  • Qt designer を用いたGUI設計
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Qt(キュート)はC++言語で書かれたアプリケーション・ユーザインタフェース (UI) フレームワークである。GUIツールキットとして広く知られているQtであるが、コンソールツールやサーバのような非GUIプログラムでも広く使用されている。ディジアの一部門Qtデベロップメントフレームワークスによって開発されている。Qt は、キュート [ˈkjuːt]と発音する。また、俗称ではあるがキュー・ティーと発音されることもよくある。ライセンスには商用版とオープンソース版があり、現在のオープンソース版のライセンスはLGPL(Qt4.5より)およびGPL である。商用版を購入するとQt商用ライセンス(Qt Commercial Developer License)でソフトウェアを開発することができる。LGPL版は、2009年3月にリリースされたQt 4.5から提供され始めた。これによりQtは営利企業にとってもより使いやすいライブラリーとなった。日本では SRA やアイ・エス・ビーなどが、Qt 関連サービスの提供、商用ライセンスの販売などを行っている。日本の Qt コミュニティには、日本 Qt ユーザー会などがあり、Qt に関する情報交換、交流の場になっている。また、公式のコミュニティサイト Qt Projectでは、Qt に関するドキュメント、フォーラム、ウィキ、グループなどのサービスが提供されており、英語の他に日本語などの言語にも対応している。QtはC++で開発されており、単独のソースコードによりX Window System(Linux、UNIX等)、Windows、Mac OS X、組み込みシステムといった様々なプラットフォーム上で稼働するアプリケーションの開発が可能である。またコミュニティーにより多言語のバインディングが開発されており、JavaからQtを利用できるようにしたQt Jambi、さらにQtをRuby、Python、Perl、C#などから利用できるようにしたオープンソースのAPIが存在する。このように開発が容易であり高速、スタイリッシュなQtはライセンスが多様なこともあり、KDEを始めとするオープンソースのアプリケーションに限らず、商業アプリケーションでの採用例も多く様々な分野で使用されている。OpenGLやSVG、XMLといった最新技術にも対応している他、日本語を含む多バイト文字入力フレームワークへも対応している。2012年8月9日にディジアがノキアからQtを買収した。AndroidやiOS、Windows 8へのQtの早急な対応を目標に、約125人のQt開発者たちがディジアに移籍された。
rdfs:label
  • Qt
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Qt
is dbpedia-owl:computingPlatform of
is dbpedia-owl:programmingLanguage of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:platform of
is prop-ja:programmingLanguage of
is prop-ja:ui of
is prop-ja:エンジン of
is prop-ja:プログラミング言語 of
is foaf:primaryTopic of