Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Qは、ジェームズ・ボンドを主人公とした小説及び映画作品に登場するキャラクターである。QはQuartermaster(「需品係将校」の意)から来ており、Mのように役職名ではない。Qはイギリス情報局秘密情報部(MI6)の架空の研究開発であるQ課の課長である。フレミングの小説にはキャラクターのQは登場せず、Q課が登場するのみである。Qは大半の映画では頻繁に登場し、また小説ではクリストファー・ウッド、ジョン・ガードナー、レイモンド・ベンソンのものに登場する。イーオン・プロダクションズによるボンド映画では23作品中、『死ぬのは奴らだ』、『カジノ・ロワイヤル』、『慰めの報酬』を除く20作品に登場する。非イーオン作品では『007 カジノロワイヤル』と『ネバーセイ・ネバーアゲイン』に登場する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2686035 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6211 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58871840 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:name
  • Q
prop-ja:occupation
prop-ja:portrayer
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Qは、ジェームズ・ボンドを主人公とした小説及び映画作品に登場するキャラクターである。QはQuartermaster(「需品係将校」の意)から来ており、Mのように役職名ではない。Qはイギリス情報局秘密情報部(MI6)の架空の研究開発であるQ課の課長である。フレミングの小説にはキャラクターのQは登場せず、Q課が登場するのみである。Qは大半の映画では頻繁に登場し、また小説ではクリストファー・ウッド、ジョン・ガードナー、レイモンド・ベンソンのものに登場する。イーオン・プロダクションズによるボンド映画では23作品中、『死ぬのは奴らだ』、『カジノ・ロワイヤル』、『慰めの報酬』を除く20作品に登場する。非イーオン作品では『007 カジノロワイヤル』と『ネバーセイ・ネバーアゲイン』に登場する。
rdfs:label
  • Q (ジェームズ・ボンド)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of