Portable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット、略称:PDF)は、アドビシステムズが開発および提唱する、電子上の文書に関するファイルフォーマットである。1993年に発売されたAdobe Acrobatで採用された。 特定の環境に左右されずに全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像等を閲覧できる特性を持っている。 アドビシステムズはPDF仕様を1993年より無償で公開していたが、それでもPDF規格はAdobeが策定するプロプライエタリなフォーマットであった。2008年7月には国際標準化機構によってISO 32000-1として標準化された。アドビはISO 32000-1 についての特許を無償で利用できるようにしたが、 (Adobe XML Forms Architecture) やAdobe JavaScriptなどはアドビのプロプライエタリな部分として残っている。

Property Value
dbo:abstract
  • Portable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット、略称:PDF)は、アドビシステムズが開発および提唱する、電子上の文書に関するファイルフォーマットである。1993年に発売されたAdobe Acrobatで採用された。 特定の環境に左右されずに全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像等を閲覧できる特性を持っている。 アドビシステムズはPDF仕様を1993年より無償で公開していたが、それでもPDF規格はAdobeが策定するプロプライエタリなフォーマットであった。2008年7月には国際標準化機構によってISO 32000-1として標準化された。アドビはISO 32000-1 についての特許を無償で利用できるようにしたが、 (Adobe XML Forms Architecture) やAdobe JavaScriptなどはアドビのプロプライエタリな部分として残っている。 (ja)
  • Portable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット、略称:PDF)は、アドビシステムズが開発および提唱する、電子上の文書に関するファイルフォーマットである。1993年に発売されたAdobe Acrobatで採用された。 特定の環境に左右されずに全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像等を閲覧できる特性を持っている。 アドビシステムズはPDF仕様を1993年より無償で公開していたが、それでもPDF規格はAdobeが策定するプロプライエタリなフォーマットであった。2008年7月には国際標準化機構によってISO 32000-1として標準化された。アドビはISO 32000-1 についての特許を無償で利用できるようにしたが、 (Adobe XML Forms Architecture) やAdobe JavaScriptなどはアドビのプロプライエタリな部分として残っている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 37813 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 52349 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81511324 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:extendedFrom
prop-ja:extendedTo
prop-ja:extension
  • .fdf (ja)
  • .fdf (ja)
prop-ja:free
  • Yes (ja)
  • Yes (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:icon
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:mime
  • application/pdf (ja)
  • application/vnd.fdf (ja)
  • application/pdf (ja)
  • application/vnd.fdf (ja)
prop-ja:name
  • Forms Data Format (ja)
  • Portable Document Format (ja)
  • Forms Data Format (ja)
  • Portable Document Format (ja)
prop-ja:owner
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:standard
  • ISO 32000-1:2008 (ja)
  • ISO 32000-2 (ja)
  • ISO 32000-1:2008 (ja)
  • ISO 32000-2 (ja)
prop-ja:typeCode
  • 'FDF' (ja)
  • 'FDF' (ja)
prop-ja:typecode
  • (半角空白を含む) (ja)
  • (半角空白を含む) (ja)
prop-ja:uniformType
  • com.adobe.pdf (ja)
  • com.adobe.pdf (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:単一の出典
  • 2019 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2019 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • Portable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット、略称:PDF)は、アドビシステムズが開発および提唱する、電子上の文書に関するファイルフォーマットである。1993年に発売されたAdobe Acrobatで採用された。 特定の環境に左右されずに全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像等を閲覧できる特性を持っている。 アドビシステムズはPDF仕様を1993年より無償で公開していたが、それでもPDF規格はAdobeが策定するプロプライエタリなフォーマットであった。2008年7月には国際標準化機構によってISO 32000-1として標準化された。アドビはISO 32000-1 についての特許を無償で利用できるようにしたが、 (Adobe XML Forms Architecture) やAdobe JavaScriptなどはアドビのプロプライエタリな部分として残っている。 (ja)
  • Portable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット、略称:PDF)は、アドビシステムズが開発および提唱する、電子上の文書に関するファイルフォーマットである。1993年に発売されたAdobe Acrobatで採用された。 特定の環境に左右されずに全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像等を閲覧できる特性を持っている。 アドビシステムズはPDF仕様を1993年より無償で公開していたが、それでもPDF規格はAdobeが策定するプロプライエタリなフォーマットであった。2008年7月には国際標準化機構によってISO 32000-1として標準化された。アドビはISO 32000-1 についての特許を無償で利用できるようにしたが、 (Adobe XML Forms Architecture) やAdobe JavaScriptなどはアドビのプロプライエタリな部分として残っている。 (ja)
rdfs:label
  • Portable Document Format (ja)
  • Portable Document Format (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:containedBy of
is prop-ja:extendedFrom of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:種別 of
is foaf:primaryTopic of