PhyloCode (ファイロコード) は、正式名称を International Code of Phylogenetic Nomenclature (国際系統命名規約)といい、系統学に基づいた命名に関する規約の草案として提案されているものである。最新版は特にクレードの命名を規定することに主眼を置いており、種名については階級に基づいた既存の命名規約 (ICN,ICZN,ICNB,ICTV)に委ねることになっている。なお、日本語の「学名」はこれらの命名規約に従うものを指すため、本記事ではPhyloCodeに基づくものは単に「名前」とする(英語では必ずしも呼び分けられず、実際の規約でも「name」と呼ばれる)。PhyloCodeは、既存の学名を置き換えるものではなく、あくまでその補完を目指すものとされる。 PhyloCodeは、ISPNの管理下にある。PhyloCodeに基づいた命名は、2020年の『Phylonyms』出版により、初めて行われた。また、それらの名前についてはオンラインデータベースの『RegNum』が準備されている。

Property Value
dbo:abstract
  • PhyloCode (ファイロコード) は、正式名称を International Code of Phylogenetic Nomenclature (国際系統命名規約)といい、系統学に基づいた命名に関する規約の草案として提案されているものである。最新版は特にクレードの命名を規定することに主眼を置いており、種名については階級に基づいた既存の命名規約 (ICN,ICZN,ICNB,ICTV)に委ねることになっている。なお、日本語の「学名」はこれらの命名規約に従うものを指すため、本記事ではPhyloCodeに基づくものは単に「名前」とする(英語では必ずしも呼び分けられず、実際の規約でも「name」と呼ばれる)。PhyloCodeは、既存の学名を置き換えるものではなく、あくまでその補完を目指すものとされる。 PhyloCodeは、ISPNの管理下にある。PhyloCodeに基づいた命名は、2020年の『Phylonyms』出版により、初めて行われた。また、それらの名前についてはオンラインデータベースの『RegNum』が準備されている。 (ja)
  • PhyloCode (ファイロコード) は、正式名称を International Code of Phylogenetic Nomenclature (国際系統命名規約)といい、系統学に基づいた命名に関する規約の草案として提案されているものである。最新版は特にクレードの命名を規定することに主眼を置いており、種名については階級に基づいた既存の命名規約 (ICN,ICZN,ICNB,ICTV)に委ねることになっている。なお、日本語の「学名」はこれらの命名規約に従うものを指すため、本記事ではPhyloCodeに基づくものは単に「名前」とする(英語では必ずしも呼び分けられず、実際の規約でも「name」と呼ばれる)。PhyloCodeは、既存の学名を置き換えるものではなく、あくまでその補完を目指すものとされる。 PhyloCodeは、ISPNの管理下にある。PhyloCodeに基づいた命名は、2020年の『Phylonyms』出版により、初めて行われた。また、それらの名前についてはオンラインデータベースの『RegNum』が準備されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3872110 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 20198 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78083337 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • PhyloCode (ファイロコード) は、正式名称を International Code of Phylogenetic Nomenclature (国際系統命名規約)といい、系統学に基づいた命名に関する規約の草案として提案されているものである。最新版は特にクレードの命名を規定することに主眼を置いており、種名については階級に基づいた既存の命名規約 (ICN,ICZN,ICNB,ICTV)に委ねることになっている。なお、日本語の「学名」はこれらの命名規約に従うものを指すため、本記事ではPhyloCodeに基づくものは単に「名前」とする(英語では必ずしも呼び分けられず、実際の規約でも「name」と呼ばれる)。PhyloCodeは、既存の学名を置き換えるものではなく、あくまでその補完を目指すものとされる。 PhyloCodeは、ISPNの管理下にある。PhyloCodeに基づいた命名は、2020年の『Phylonyms』出版により、初めて行われた。また、それらの名前についてはオンラインデータベースの『RegNum』が準備されている。 (ja)
  • PhyloCode (ファイロコード) は、正式名称を International Code of Phylogenetic Nomenclature (国際系統命名規約)といい、系統学に基づいた命名に関する規約の草案として提案されているものである。最新版は特にクレードの命名を規定することに主眼を置いており、種名については階級に基づいた既存の命名規約 (ICN,ICZN,ICNB,ICTV)に委ねることになっている。なお、日本語の「学名」はこれらの命名規約に従うものを指すため、本記事ではPhyloCodeに基づくものは単に「名前」とする(英語では必ずしも呼び分けられず、実際の規約でも「name」と呼ばれる)。PhyloCodeは、既存の学名を置き換えるものではなく、あくまでその補完を目指すものとされる。 PhyloCodeは、ISPNの管理下にある。PhyloCodeに基づいた命名は、2020年の『Phylonyms』出版により、初めて行われた。また、それらの名前についてはオンラインデータベースの『RegNum』が準備されている。 (ja)
rdfs:label
  • PhyloCode (ja)
  • PhyloCode (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of