Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • P-38 ライトニング (P-38 Lightning) は、ロッキード社が開発し、1939年にアメリカ陸軍に正式採用された双胴(正確には三胴)、双発、単座の高速戦闘機。愛称であるライトニング(Lightning)は稲妻の意味。ただし、これはアメリカではなく、イギリスが採用した際の機体名として「ライトニングI」と命名された物の逆輸入である。日本側では「メザシ」や、戦争初期、低高度性能が低く格闘戦に持ち込みやすかった頃に「容易に撃墜できる=ペロリと食えるP-38(=Pろ8)」から「ペロハチ」と呼んでいた。しかし、速度を生かした一撃離脱戦法に切り替えてからは撃墜対被撃墜比率が逆転、速度ではるかに劣る日本機を寄せ付けない強さを発揮し、「双胴の悪魔」と称されるようになった。米軍エース・パイロットの中でそれぞれ第1位と第2位の記録を残した、リチャード・ボングとトーマス・マクガイアの搭乗機も、共にP-38である。また、太平洋戦争における日本軍機の撃墜数は3,785機とされており、これは米軍機の中ではF6F、F4Uに次ぐ第3位の撃墜数である。一方イギリスに展開したP-38も一撃離脱でドイツ機と戦ったが速度で同等、機動性で大幅に劣るP-38はドイツ空軍単発戦闘機に大いに苦戦した。1943年5月以降、それまで航続距離がスピットファイアと大して変わらなかったP-47 サンダーボルトに外装補助タンクが取り付けられ、重爆の護衛にもついていけるようになるとP-38 ライトニングは地中海やイタリアへも送られ、主にヤーボとして地上攻撃に猛威を振るった。
dbpedia-owl:aircraftType
  • 迎撃戦闘機、制空戦闘機
dbpedia-owl:firstFlight
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 10037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 71151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20744 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59130210 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他の性能
  • * 揚抗力比: 13.5
prop-ja:その他の諸元
  • * 零揚抗力係数(Zero-lift drag coefficient): 0.0268 * 抗力面積: 0.82 m2(8.78 ft2) * アスペクト比: 8.26(翼面)
prop-ja:エンジン名(プロペラ)_
  • アリソン V-1710-111/113 液冷 ターボスーパーチャージャー V-12
prop-ja:エンジン数(プロペラ)_
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:エンジン種類(プロペラ)_
  • レシプロ
prop-ja:ジェットOrプロペラ?_
  • プロペラ
prop-ja:スパンFp
  • 1584.96
prop-ja:スパンSi
  • 15.85 m
prop-ja:フェリーレンジFp
  • 2600 (xsd:integer)
prop-ja:フェリーレンジSi
  • 3640.0
prop-ja:ユニットコスト
  • USドル 134,284
prop-ja:上昇率Fp
  • 4750.0
prop-ja:上昇率Si
  • 最大 1,448 m/min
prop-ja:上昇限度Fp
  • 44000.0
prop-ja:上昇限度Si
  • 13,400 m
prop-ja:乗員
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全長Fp
  • 1153.16
prop-ja:全長Si
  • 11.53 m
prop-ja:全高Fp
  • 299.71999999999997
prop-ja:全高Si
  • 3.00 m
prop-ja:出典
  • Quest for Performance.
prop-ja:出力Fp
  • 1425 (xsd:integer)
prop-ja:出力Si
  • 1063 (xsd:integer)
prop-ja:分類
prop-ja:初飛行年月日
  • --01-27
prop-ja:名称
  • ロッキード P-38 ライトニング
prop-ja:固定翼Or回転翼?_
  • 固定翼
prop-ja:失速速度Fp
  • 105.0
prop-ja:失速速度Si
  • 170.0
prop-ja:最大速度Fp
  • 高度 25,000 ft 時 415 mph
prop-ja:最大速度Si
  • 457200.0
prop-ja:最大離陸重量Fp
  • 21600.0
prop-ja:最大離陸重量Si
  • 9798.0
prop-ja:武装
  • * 固定武装 ** イスパノ M2(C) 20 mm 機関砲 1門 弾数150発(弾薬構成:2 HE, 2 AP, 2 曳光弾) ** コルト・ブローニング MG53-2 50口径 12.7 mm 機関銃 4門 弾数各500発 * ロケット弾 ** M10 3連装 112 mm(4.5 in)ロケットランチャー 4基、12発。または5連装127 mm(5 in)HVAR(High Velocity Aircraft Rocket)2基、10発 * 爆弾(非ロケット弾搭載) ** 2,000 lb(908 kg)爆弾2発または1,000 lb(454 kg)爆弾2発 ** 500 lb(227 kg)爆弾4発または250 lb(114 kg)爆弾4発
prop-ja:生産数
  • 10037 (xsd:integer)
prop-ja:生産開始年月日
  • --06-08
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • File:020903-o-9999b-059.jpg
prop-ja:空虚重量Fp
  • 12780.0
prop-ja:空虚重量Si
  • 5800.0
prop-ja:翼型
  • NACA エアフォイル 23016 / NACA 4412
prop-ja:翼面(円板)荷重Fp
  • 53.400000 (xsd:double)
prop-ja:翼面(円板)荷重Si
  • 260.900000 (xsd:double)
prop-ja:航続距離Fp
  • 1100 (xsd:integer)
prop-ja:航続距離Si
  • 1770.0
prop-ja:製造者
prop-ja:設計者
prop-ja:退役年月日
  • 1961 (xsd:integer)
prop-ja:運用時重量Fp
  • 17500.0
prop-ja:運用時重量Si
  • 7940.0
prop-ja:運用状況
  • 退役
prop-ja:運用者More
  • ** (USAAC・USAAF) ** (イギリス空軍)他
prop-ja:運用開始年月日
  • 1941 (xsd:integer)
prop-ja:面積Fp
  • 327.5
prop-ja:面積Si
  • 30.43
prop-ja:馬力荷重Fp
  • 0.160000 (xsd:double)
prop-ja:馬力荷重Si
  • 0.270000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • P-38 ライトニング (P-38 Lightning) は、ロッキード社が開発し、1939年にアメリカ陸軍に正式採用された双胴(正確には三胴)、双発、単座の高速戦闘機。愛称であるライトニング(Lightning)は稲妻の意味。ただし、これはアメリカではなく、イギリスが採用した際の機体名として「ライトニングI」と命名された物の逆輸入である。日本側では「メザシ」や、戦争初期、低高度性能が低く格闘戦に持ち込みやすかった頃に「容易に撃墜できる=ペロリと食えるP-38(=Pろ8)」から「ペロハチ」と呼んでいた。しかし、速度を生かした一撃離脱戦法に切り替えてからは撃墜対被撃墜比率が逆転、速度ではるかに劣る日本機を寄せ付けない強さを発揮し、「双胴の悪魔」と称されるようになった。米軍エース・パイロットの中でそれぞれ第1位と第2位の記録を残した、リチャード・ボングとトーマス・マクガイアの搭乗機も、共にP-38である。また、太平洋戦争における日本軍機の撃墜数は3,785機とされており、これは米軍機の中ではF6F、F4Uに次ぐ第3位の撃墜数である。一方イギリスに展開したP-38も一撃離脱でドイツ機と戦ったが速度で同等、機動性で大幅に劣るP-38はドイツ空軍単発戦闘機に大いに苦戦した。1943年5月以降、それまで航続距離がスピットファイアと大して変わらなかったP-47 サンダーボルトに外装補助タンクが取り付けられ、重爆の護衛にもついていけるようになるとP-38 ライトニングは地中海やイタリアへも送られ、主にヤーボとして地上攻撃に猛威を振るった。
rdfs:label
  • P-38 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ロッキード P-38 ライトニング
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:作戦機 of
is foaf:primaryTopic of