Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Open Database Connectivity(ODBC)は、RDBMSにアクセスするための共通インタフェース (API)である。データへのアクセスを統一化することを目的としており、たとえばクライアント/サーバ型ではないMicrosoft Accessの管理するデータベースファイル (MDB)や、そもそもRDBMSではないCSVファイルへのアクセスなども、それに対応するODBCドライバがあれば、他の一般的なデータベースへのアクセスするのと同様な方法で利用することが可能になる。ODBCは、主にMicrosoft Windows上で利用されることが多いが、Linux,UNIXなどで利用されるケースもある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 85218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3810 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58077169 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Open Database Connectivity(ODBC)は、RDBMSにアクセスするための共通インタフェース (API)である。データへのアクセスを統一化することを目的としており、たとえばクライアント/サーバ型ではないMicrosoft Accessの管理するデータベースファイル (MDB)や、そもそもRDBMSではないCSVファイルへのアクセスなども、それに対応するODBCドライバがあれば、他の一般的なデータベースへのアクセスするのと同様な方法で利用することが可能になる。ODBCは、主にMicrosoft Windows上で利用されることが多いが、Linux,UNIXなどで利用されるケースもある。
rdfs:label
  • Open Database Connectivity
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of