OpenOffice.org(OOo)(オープンオフィス・オルグ)は、一般にOpenOfficeと知られていた、かつて存在していたオープンソースオフィススイートである。商用ソフトであったStarOffice(日本では商標の関係でStarSuite)のオープンソース版であり、サン・マイクロシステムズ社が内部で利用するために1999年、StarOfficeを制作していたStar Division社を買収をした。 OpenOffice.orgは、ワープロ(Writer)、表計算(Calc)、プレゼンテーション(Impress)、ベクタードローツール(Impress)、数式エディタ(Math)、データベース(Base)で構成されていた。標準ファイル形式には、ISO/IECの国際標準規格であるオープンドキュメント形式(ODF)が利用されていた。また、様々なファイル形式を読み込むことができたが、Microsoft Officeで作成したファイルの利用には注意が必要であった。 サン・マイクロシステムズ社は、Microsoft Officeに対抗するために2000年7月にOpenOfficeとしてオープンソース化。2002年5月1日にバージョン1.0をリリース。

Property Value
dbo:abstract
  • OpenOffice.org(OOo)(オープンオフィス・オルグ)は、一般にOpenOfficeと知られていた、かつて存在していたオープンソースオフィススイートである。商用ソフトであったStarOffice(日本では商標の関係でStarSuite)のオープンソース版であり、サン・マイクロシステムズ社が内部で利用するために1999年、StarOfficeを制作していたStar Division社を買収をした。 OpenOffice.orgは、ワープロ(Writer)、表計算(Calc)、プレゼンテーション(Impress)、ベクタードローツール(Impress)、数式エディタ(Math)、データベース(Base)で構成されていた。標準ファイル形式には、ISO/IECの国際標準規格であるオープンドキュメント形式(ODF)が利用されていた。また、様々なファイル形式を読み込むことができたが、Microsoft Officeで作成したファイルの利用には注意が必要であった。 サン・マイクロシステムズ社は、Microsoft Officeに対抗するために2000年7月にOpenOfficeとしてオープンソース化。2002年5月1日にバージョン1.0をリリース。 その後、2010年にサン社を買収し知的財産権を所有していたオラクル社は、2011年、OpenOffice.orgの商用バージョン提供を中止。のちにOpenOffice.orgプロジェクトの終了とプロジェクトをApacheソフトウェア財団に寄贈することを発表した。 寄贈を受けたApacheソフトウェア財団は、ソフトウェアの名前をApache OpenOfficeに変更。また、OpenOffice.org後継プロジェクトとしては、分派し最も活発に開発をされているLibreOfficeやmacOS専用の商用ソフトのNeoOfficeがある。 OpenOffice.orgは、主にLinuxとMicrosoft Windows、Solaris向けに開発されていたがのちにmacOS向けも開発されるようになり、他のオペレーティングシステム向けにも移植されるようになった。ライセンスは、LGPLの元で配布されていたが、初期にはSun業界基準使用許諾(SISSL)でも配布されていた。 (ja)
  • OpenOffice.org(OOo)(オープンオフィス・オルグ)は、一般にOpenOfficeと知られていた、かつて存在していたオープンソースオフィススイートである。商用ソフトであったStarOffice(日本では商標の関係でStarSuite)のオープンソース版であり、サン・マイクロシステムズ社が内部で利用するために1999年、StarOfficeを制作していたStar Division社を買収をした。 OpenOffice.orgは、ワープロ(Writer)、表計算(Calc)、プレゼンテーション(Impress)、ベクタードローツール(Impress)、数式エディタ(Math)、データベース(Base)で構成されていた。標準ファイル形式には、ISO/IECの国際標準規格であるオープンドキュメント形式(ODF)が利用されていた。また、様々なファイル形式を読み込むことができたが、Microsoft Officeで作成したファイルの利用には注意が必要であった。 サン・マイクロシステムズ社は、Microsoft Officeに対抗するために2000年7月にOpenOfficeとしてオープンソース化。2002年5月1日にバージョン1.0をリリース。 その後、2010年にサン社を買収し知的財産権を所有していたオラクル社は、2011年、OpenOffice.orgの商用バージョン提供を中止。のちにOpenOffice.orgプロジェクトの終了とプロジェクトをApacheソフトウェア財団に寄贈することを発表した。 寄贈を受けたApacheソフトウェア財団は、ソフトウェアの名前をApache OpenOfficeに変更。また、OpenOffice.org後継プロジェクトとしては、分派し最も活発に開発をされているLibreOfficeやmacOS専用の商用ソフトのNeoOfficeがある。 OpenOffice.orgは、主にLinuxとMicrosoft Windows、Solaris向けに開発されていたがのちにmacOS向けも開発されるようになり、他のオペレーティングシステム向けにも移植されるようになった。ライセンスは、LGPLの元で配布されていたが、初期にはSun業界基準使用許諾(SISSL)でも配布されていた。 (ja)
dbo:computingPlatform
dbo:creator
dbo:latestReleaseVersion
  • 3.3 (最終版)
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 9824 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 36306 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81340000 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:alexa
  • 13704 (xsd:integer)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 3.300000 (xsd:double)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アレクサ
  • 1976 (xsd:integer)
prop-ja:サイト名
  • OpenOffice.org repository for Extensions (ja)
  • OpenOffice.org repository for Extensions (ja)
prop-ja:サポート状況
  • OpenOffice.org制作プロジェクトは解散 (ja)
  • 後継はApache OpenOfficeもしくはLibreOffice (ja)
  • OpenOffice.org制作プロジェクトは解散 (ja)
  • 後継はApache OpenOfficeもしくはLibreOffice (ja)
prop-ja:スクリーンショット
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
prop-ja:使用言語
  • 多言語 (ja)
  • 多言語 (ja)
prop-ja:名称
  • OpenOffice.org (ja)
  • OpenOffice.org (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:対応プラットフォーム
prop-ja:対応言語
  • 110 (xsd:integer)
prop-ja:現状
  • --07-25
prop-ja:種別
prop-ja:説明文
  • OpenOffice.org 3.0の新機能 スタートセンター (ja)
  • OpenOffice.org 3.0の新機能 スタートセンター (ja)
prop-ja:運営者
  • OpenOffice.org (ja)
  • OpenOffice.org (ja)
prop-ja:開発元
  • OpenOffice.org Project (ja)
  • OpenOffice.org Project (ja)
prop-ja:開発者
  • 2002 (xsd:integer)
  • 2010 (xsd:integer)
dc:description
  • OpenOffice.org 3.0の新機能 スタートセンター
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • OpenOffice.org(OOo)(オープンオフィス・オルグ)は、一般にOpenOfficeと知られていた、かつて存在していたオープンソースオフィススイートである。商用ソフトであったStarOffice(日本では商標の関係でStarSuite)のオープンソース版であり、サン・マイクロシステムズ社が内部で利用するために1999年、StarOfficeを制作していたStar Division社を買収をした。 OpenOffice.orgは、ワープロ(Writer)、表計算(Calc)、プレゼンテーション(Impress)、ベクタードローツール(Impress)、数式エディタ(Math)、データベース(Base)で構成されていた。標準ファイル形式には、ISO/IECの国際標準規格であるオープンドキュメント形式(ODF)が利用されていた。また、様々なファイル形式を読み込むことができたが、Microsoft Officeで作成したファイルの利用には注意が必要であった。 サン・マイクロシステムズ社は、Microsoft Officeに対抗するために2000年7月にOpenOfficeとしてオープンソース化。2002年5月1日にバージョン1.0をリリース。 (ja)
  • OpenOffice.org(OOo)(オープンオフィス・オルグ)は、一般にOpenOfficeと知られていた、かつて存在していたオープンソースオフィススイートである。商用ソフトであったStarOffice(日本では商標の関係でStarSuite)のオープンソース版であり、サン・マイクロシステムズ社が内部で利用するために1999年、StarOfficeを制作していたStar Division社を買収をした。 OpenOffice.orgは、ワープロ(Writer)、表計算(Calc)、プレゼンテーション(Impress)、ベクタードローツール(Impress)、数式エディタ(Math)、データベース(Base)で構成されていた。標準ファイル形式には、ISO/IECの国際標準規格であるオープンドキュメント形式(ODF)が利用されていた。また、様々なファイル形式を読み込むことができたが、Microsoft Officeで作成したファイルの利用には注意が必要であった。 サン・マイクロシステムズ社は、Microsoft Officeに対抗するために2000年7月にOpenOfficeとしてオープンソース化。2002年5月1日にバージョン1.0をリリース。 (ja)
rdfs:label
  • OpenOffice.org (ja)
  • OpenOffice.org (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • OpenOffice.org (ja)
  • OpenOffice.org (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of