Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 65式艦船用レーダOPS-4Dは、沖電気工業製の2次元レーダー。海上自衛隊の自衛艦において、対水上捜索レーダーとして搭載された。海上自衛隊では、黎明期に運用していた旧海軍哨戒特務艇ではSバンドのSO-8が運用されていたが、昭和28年度計画でアメリカより供与されたブルーバード級掃海艇(やしま型掃海艇)ではXバンドのAN/SPS-5Bを搭載していた。続いて整備されることになった初の量産型中型掃海艇においては、引き続き、短波長で解像度が高いXバンドで動作する国産レーダーの搭載が求められた。これによって開発されたのが本機種である。当時、日本無線(JRC)を中心として、AN/SPS-5Bの国産化版であるOPS-3シリーズの開発が進められていた。これは護衛艦等への搭載を目的としたSバンドのレーダーであったが、本機種の開発にあたっては、部品点数軽減のためOPS-6のアンテナ架台が流用され、JRCの刻印が入ったままの架台を沖電気が使用していたとされている。システムは下記のような部分から構成される。 艦船用レーダ空中線N-AS-36 艦船用レーダ送受信機N-RT-22 艦船用レーダ指示機N-IP-26 艦船用レーダ真方位指示機N-C-89OPS-4は1959年(昭和34年)より導入された。その後、昭和30年代後半にはより高解像度のXバンド・レーダーが求められるようになった。これに応じて開発されたOPS-9は1966年(昭和41年)に実用化され、本機種の後継となった。搭載艦艇1号型魚雷艇(28PT)かさど型掃海艇(30MSC)補給艦「はまな」(35AO)潜水艦救難艦「ちはや」(34ASR)砕氷艦「ふじ」(39AGB)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2900950 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2388 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56110758 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:antenna
prop-ja:azimuth
  • 全周無制限
prop-ja:beamwidth
  • 水平1.2度×垂直15度
prop-ja:frequency
prop-ja:introdate
  • 1959 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 65 (xsd:integer)
prop-ja:power
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:powerSource
  • 115 (xsd:integer)
prop-ja:precision
  • 方位: 1度以下
  • 距離: 以下
prop-ja:prf
  • 819.600000 (xsd:double)
prop-ja:pulsewidth
  • 0.100000 (xsd:double)
prop-ja:resolution
  • 方位: 1.5度以下
  • 距離: 以下
prop-ja:role
  • 近距離水上測的用および航海用
prop-ja:rpm
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:transmitter
prop-ja:type
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:weight
  • アンテナ: 75 kg
  • 合計: 355 kg以下
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 65式艦船用レーダOPS-4Dは、沖電気工業製の2次元レーダー。海上自衛隊の自衛艦において、対水上捜索レーダーとして搭載された。海上自衛隊では、黎明期に運用していた旧海軍哨戒特務艇ではSバンドのSO-8が運用されていたが、昭和28年度計画でアメリカより供与されたブルーバード級掃海艇(やしま型掃海艇)ではXバンドのAN/SPS-5Bを搭載していた。続いて整備されることになった初の量産型中型掃海艇においては、引き続き、短波長で解像度が高いXバンドで動作する国産レーダーの搭載が求められた。これによって開発されたのが本機種である。当時、日本無線(JRC)を中心として、AN/SPS-5Bの国産化版であるOPS-3シリーズの開発が進められていた。これは護衛艦等への搭載を目的としたSバンドのレーダーであったが、本機種の開発にあたっては、部品点数軽減のためOPS-6のアンテナ架台が流用され、JRCの刻印が入ったままの架台を沖電気が使用していたとされている。システムは下記のような部分から構成される。 艦船用レーダ空中線N-AS-36 艦船用レーダ送受信機N-RT-22 艦船用レーダ指示機N-IP-26 艦船用レーダ真方位指示機N-C-89OPS-4は1959年(昭和34年)より導入された。その後、昭和30年代後半にはより高解像度のXバンド・レーダーが求められるようになった。これに応じて開発されたOPS-9は1966年(昭和41年)に実用化され、本機種の後継となった。搭載艦艇1号型魚雷艇(28PT)かさど型掃海艇(30MSC)補給艦「はまな」(35AO)潜水艦救難艦「ちはや」(34ASR)砕氷艦「ふじ」(39AGB)
rdfs:label
  • OPS-4
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:レーダー of
is foaf:primaryTopic of