Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Oリング (O-ring、オーリング)とは、断面がO形(円形)の環型をした密封用(シール用)機械部品のこと。材質にはゴムが使われることがほとんどである。ゴムの他、断面が中空O型をした金属中空Oリング(メタル中空Oリング)や、テフロン等のプラスチックを使ったOリングも存在する。機材への流体の進入を防止したり、内部の流体が外に漏れないように密封するために用いる。2つの部品を接触させる箇所において、固定もしくは往復させたい時に、部品同士の隙間からの流体の流出、もしくは流入を防ぐ場合に用いる。2つの部品のどちらかに溝部を設け、その溝にOリングを装着し適度に圧縮することによって、油、水、空気、ガスなど多様な流体の漏れを防ぐことができる。ただし、回転運動する軸のシール用にはあまり向いておらず、やむを得ず用いる場合は摩擦の低減や摩擦熱の放熱などに配慮する必要がある。金属中空Oリングは、高温部などに使うことが可能であるが、中空の金属を潰して使うという性質上、使い捨てである場合が多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 121384 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13397 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57725558 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Oリング (O-ring、オーリング)とは、断面がO形(円形)の環型をした密封用(シール用)機械部品のこと。材質にはゴムが使われることがほとんどである。ゴムの他、断面が中空O型をした金属中空Oリング(メタル中空Oリング)や、テフロン等のプラスチックを使ったOリングも存在する。機材への流体の進入を防止したり、内部の流体が外に漏れないように密封するために用いる。2つの部品を接触させる箇所において、固定もしくは往復させたい時に、部品同士の隙間からの流体の流出、もしくは流入を防ぐ場合に用いる。2つの部品のどちらかに溝部を設け、その溝にOリングを装着し適度に圧縮することによって、油、水、空気、ガスなど多様な流体の漏れを防ぐことができる。ただし、回転運動する軸のシール用にはあまり向いておらず、やむを得ず用いる場合は摩擦の低減や摩擦熱の放熱などに配慮する必要がある。金属中空Oリングは、高温部などに使うことが可能であるが、中空の金属を潰して使うという性質上、使い捨てである場合が多い。
rdfs:label
  • Oリング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of