Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • NGC 4013は、おおぐま座の方角に約5500万光年離れた位置にある真横を向いた棒渦巻銀河である。長時間露光写真によると、NGC 4013の銀河円盤は特徴的なピーナッツ形をしており、N体問題のコンピュータシミュレーションによると、視線に垂直な恒星の集まりから構成されていることが示唆される。近年撮影されたNGC 4013の深色画像によって、銀河核から8万光年以上の長さのループ状の潮汐流が存在することが明らかとなった。この構造は、NGC 4013と衝突した際に潮汐力で引き裂かれた小さな銀河の残骸であると考えられている。12等級の超新星SN 1989Zが1989年12月30日に発見された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2834521 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3220 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56351942 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:元期
prop-ja:分類
  • SBa
prop-ja:別名称
  • UGC 6963, PGC 37691, LEDA 37691 2MFGC 9412, 2MFGC 9412, IRAS 11559+4413, 2MASX J11583141+4356492, MCG+07-25-009, UZC J115831.5+435651
prop-ja:星座
  • おおぐま座
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • NGC 4013HSTPart.jpg
prop-ja:画像説明
  • ハッブル宇宙望遠鏡で撮影したNGC 4013
prop-ja:
  • galaxy
prop-ja:視直径
  • 60.0
prop-ja:視等級
  • 12.1
prop-ja:赤方偏移
  • 831 (xsd:integer)
prop-ja:距離
  • 60.600000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • NGC 4013は、おおぐま座の方角に約5500万光年離れた位置にある真横を向いた棒渦巻銀河である。長時間露光写真によると、NGC 4013の銀河円盤は特徴的なピーナッツ形をしており、N体問題のコンピュータシミュレーションによると、視線に垂直な恒星の集まりから構成されていることが示唆される。近年撮影されたNGC 4013の深色画像によって、銀河核から8万光年以上の長さのループ状の潮汐流が存在することが明らかとなった。この構造は、NGC 4013と衝突した際に潮汐力で引き裂かれた小さな銀河の残骸であると考えられている。12等級の超新星SN 1989Zが1989年12月30日に発見された。
rdfs:label
  • NGC 4013
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of